1. お金借りるトリセツ
  2. お金のトラブル
  3. 押し貸しの対処法

押し貸しの対処法

 2017/12/24 お金のトラブル   419 Views

詐欺や闇金融の悪質な手口は一つ二つではありません。さまざまな手口があり、それもまた定番化していてもなお騙されやすいもの、新たな手口もあり警察の取り締まりを待っているよりも私たち自身が、闇金や詐欺集団はどのような手段をもっているのかを知っておくことが先決でしょう。

押し貸しとは

闇金業者の手口の一つであり、無断で振り込みによって貸し付けを行います。もちろんそこには闇金特有の法外な金利をによる利息を付けて返済を迫ります。押し売りと同等の手口です。

大きな金額を貸し付けるのではなく数千円から数万円程度が一般的で、それに対して大きな利息が付くために膨大な金額になります。

貸し付ける側にとって最小限の金額で、莫大な利息を取り上げる非常に悪質な方法です。押し貸しの被害にもさまざまな種類があります。ただし一つ業通することは押し菓子の被害にあう方のほとんどが「闇金業者との取引経験がある」方です。

押し貸しを行うのは闇金業者であり、押し貸しを行うためには2つのポイントが必要になります。

①口座番号を知っている
そもそも口座番号と振り込み名義人がわからなければ振り込みのしようがありません。一度取引がある方であれば闇金業者からの借り入れもしくは返済に自分の銀行口座を利用したことがあるのであれば、すでにその口座番号は闇金業者の手の内にあります。

②連絡先を知っている
押し貸しで口座に振り込みをしても、連絡が取れなければ返済の回収ができません。やはり闇金業者との取引があり連絡先、住所、勤務先等なんらかの連絡手段が闇金業者のデータに入っている必要があります。

闇金業者は名簿を売買する。例えばAという闇金業者しか利用したことがないのに、新たにB社から押し貸しがあるといえば合点がいかないかもしれません。

闇金業者はお金に困窮している、ブラックや多重債務に陥っているなど正規の貸金業者からの借り入れが困難な顧客の情報を闇金業者どうして共有もしくは売買をしています。

闇金利用者だけではない!他人に個人情報を教える恐怖

闇金業者からの借り入れ実績だけが押し貸しの被害になる理由ではありません。実は最近多く被害が報告されているのが「ネットオークション」や「ネットフリマアプリ」から個人情報が洩れるケースです。

ヤフオクで実際に被害にあった方もいます。取引を行った相手が闇金業者だったのか、それとも闇金業者に情報を売っているのか。そこは定かにはなっていません。しかし、ネットという匿名性の高い世界の中で、赤の他人に自分の個人情報を教える恐怖を考えなくてはなりません。

押し貸しの対策、それは正解?

押し貸しは今に始まったことではありません。すでに10年前には押し貸しの被害を訴える相談がネット上にも上がっていました。

早稲田大学の消費者金融サービス研究所の調査によると、2008年には振り込め詐欺と同程度の被害件数がありました。長い年月の押し貸しによって、対処法とされる情報が錯綜しています。

共通するのは「無視をすること」です。
それは本当に適切な対処法なのでしょうか。

警察に連絡!

警察に押し貸しの被害にあっていることを連絡します。そのほかにも相談先がありますが、必ず警察にも連絡をしましょう。

  • 日本貸金業協会貸金業相談紛争解決センター
  • 各自治体の消費生活センター
  • 弁護士会

新たな情報を与えない!

押し貸しをしたあと、必ず闇金業者からアクションがあります。すぐにではありません。一定期間過ぎてから「融資をしたお金の返済を開始するように」と連絡があります。

そのアクションにこたえる必要はありません。

新たに情報を与えるのではなく怒鳴られても脅されても「その会話を録音」しておきましょう。録音の用意がなければ電話を切って構いません。

次にアクションが来る時までに録音の用意をしておきます。

2回目の電話では専門家に相談したことを伝える

日に何度も電話をかけてくるのも悪質な闇金の特徴です。2回目の電話があった場合にはすでに「弁護士や司法書士などの専門家に相談をしていると伝えましょう。」

  • 利息も元金も支払う必要がないといわれた
  • 振り込まれた元金だけは返す
  • 了承できないなら専門家に依頼する

この3点を伝えます。

この段階で法律知識を持つ専門家に相談をしていない場合には「自治体が行う無料法律相談」で相談をしたといってよいでしょう。

実際には相談をしていない実在する弁護士事務所、司法書士事務所の名前を出すことは後々のトラブルにつながる可能性があるため避けます。

押し貸しの被害にあわないために

闇金業者を利用しないこと、これが最たるものですがすでに利用をしてしまった場合には闇金との取引に使った、もしくは闇金に伝えてしまった携帯電話、銀行口座は解約をしましょう。

現在闇金業者の数は減るのではなく増えています。

いつどのようにして押し貸しの被害にあっているのか実際に振り込まれてしまえばそこからの対処には相当な労力と時間がかかります。

闇金と接点のあった口座は解約、これだけで被害にあう確率をグンと下げることができます。

関連記事

  • 債務整理中でも借りれるのは6か月以上経過しているのが条件

  • 友達にお金を借りるのは信用を失うこと

  • 駅でお金借りれるの?電車賃の後日払いは可能?

  • お金を借りる人に「言いたいこと!」から心理をみる

  • CIC窓口で信用情報開示請求をしてみた体験談

  • お金を貸してという男友達。男女の友情は成立しないの?