1. お金借りるトリセツ
  2. お金に関する豆知識
  3. 他社からの借り入れがあるけどお金を借りたい!何社…かチェック!

他社からの借り入れがあるけどお金を借りたい!何社…かチェック!

お金に関する豆知識   284 Views

何社からの借り入れがあれば他から借りることができないという明確な線引きがあれば心配は少ないのですが、やはり審査内容はどこも公開していないのは当然のこと。

いくらならだめなのか、何件なら審査に通らないのか、これまでの利用者の口コミや傾向から推測することができるんです!

借金があるけどお金を借りたい!

すでに他社から借り入れをしていてもどうしても必要にかられてまとまったお金を用意しなければならないことはあります。珍しいことではありません。

例えば・・・
子供の部活の遠征費用が足りなくてカードローンでキャッシングをしたけれども遠征が続いて満額まで達してしまった。もうあと半年で部活が終わるからもう少しかかる遠征費用を何とか用立てたい!

子供のことに限ったわけではありませんがいくら計画をしていても「突発的なお金」は一度だけ起こるというものでもありません。重なるときは重なるもの。大型の電化製品も相次いで壊れ始めるのも珍しくないものです。

それではすでにカードローンを利用して借金があるけれども新たに借り入れをしたいというとき、審査には通るのでしょうか。

借り入れが多くても借りられるの?

他社からの借り入れ件数が何社ならアウト!と決められた件数はありません。どこのカードローンでも独自のラインを考えており、それは一律3社までなどと決められているのでもなく、個別に収入や支出、他社からの借り入れ状況など総合的に判断しているのは間違いありません。

しかし、他社からの借り入れがある状態で果たして審査に通るのか、その傾向をみてみましょう。

他社借り入れ件数1社

”審査に通る可能性が高い!”
もう1社の借り入れ状況、つまり確実に返済を行っているのかが重要になってきます。毎月返済を行っていれば新たな借り入れの審査は難しいものではないでしょう。

ただし、希望する借入額が10万円以内の場合には新たな借入先を作るのではなく現在利用しているカードローンで増額という手段もあります。

他社借り入れ件数2社

”審査に通る可能性はやや高い”
3社目になると審査は厳しくなってきます。2社の返済が確実に行われていなければ審査に通ることは難しいでしょう。
一方で返済がしっかりと行われていれば申し込みをしてもチャンスはあります。

他社借り入れ件数3社

”審査に通る可能性は低い”
この申し込みを合わせると4社目になります。審査が厳しくなり気にしなければならないのは「総量規制」です。
個人は貸金業者全体から借り入れができる上限は年収の3分の1までと決められており、そのギリギリなら借りられるというものでもありません。

他社借り入れ件数4社

”審査に通る可能性はかなり低い!”
総量規制だけではなく、年収の3分の1に達していなくても返済が混乱することから「借り入れ件数5社」は多重債務として判断されます。現在の状況を整理するためにまずは借金の一本化が必要になるでしょう。

他社借り入れ件数5社

”審査に通る可能性はほぼない!”
借り入れ件数が5社、さらに新たな申し込みとなれば立派な多重債務です。返済をする状況が混乱します。
おまとめローンはもちろん検討しても、今後の生活が成り立たないほどにお金が必要なのであれば債務整理の検討が必要です。

総量規制をすぎていても借りられるところはなくなった

正規の貸金業者、つまり消費者金融であれば総量規制の範囲内でしか融資ができません。それ以上の貸し付けを行うとその消費者金融が罰せられ営業停止になります。
例えば大手の消費者金融であれば5日でも営業停止となればどれだけの損害を被るでしょうか。
情に訴えれば総量規制以上でも借り入れができるかといえば無理な話でしょう。

それでは銀行カードローンはどうでしょうか。
少し前までは銀行カードローンは「総量規制対象外!」と大きく打ち出していたものです。
ところが銀行カードローンの過剰貸し付けが社会問題になり国会でも取り上げられるほどの事態となりました。

消費者金融の過剰貸し付けが社会問題となり、貸金業法が改正され総量規制が施行された。これと同じ事態が起きています。

~銀行カードローンの審査が厳しくなります!~
銀行カードローンではこれまでの「銀行の審査」と「保証会社による審査」に加えて「警察庁のデータベースへの照会」が2018年1月から始まります。

総量規制の範囲以上を借りることはできません!

番外編!借金があっても借りられるカードローンは?

他社からの借り入れがあっても、返済計画をしっかりと行っていれば中小消費者金融なら可能性があります。

中小消費者金融はコンピューターの自動審査を採用しない独自審査。確実に返済ができる計画を伝えられれば可能性はあります。

中小消費者金融は知名度が低いため闇金との区別が難しいというデメリットがあります。正規でなおかつ安心できる中小消費者金融を選びましょう。

もし、カードローンの審査が難しいと判断したら公的な貸し付けを考えましょう。
ひとり親家庭への融資制度

低所得者世帯の融資制度
求職中なら

関連記事

  • アイフル返済を損しない方法から返済額までわかりやすく解説

  • お金(硬貨・お札・札束)のかわいいイラストがフリー素材(無料)で使える!

  • 【図解】スマートコントラクトとブロックチェーンをわかりやすく解説!

  • 子供へのお金教育は?お金の勉強になるボードゲーム

  • お金を新札に替えるには銀行が一番確実!5つの噂も検証

  • 産休、育児休暇中は「無職」になる理由