1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. マイナンバーによって消費者金融の借入は把握されるのか?

マイナンバーによって消費者金融の借入は把握されるのか?

 2017/12/24 お金を借りる方法   617 Views

マイナンバーは「社会保障、税、災害対策」だけに利用される

2015年10月からマイナンバーが始まります。それによって私たちの生活はどのようにかわるのでしょうか?消費者金融からの借入状況まで管理されるのではないのかという不安も広がっています。

最大の不安、マイナンバーによって債務が共有される情報になるのか?

個人情報が共有されてしまうのか?消費者金融からの借入まで管理されてしまうのか?そう考えている方も多いでしょう。しかし3つの基本である
「社会保障、税、災害対策」

これ以外に利用することは禁じられています。

民間企業から提出を求められることもありますが、それは社会保障や税に関する事柄の場合にのみ許可されていることです。そのため個人信用情報機関、もしくは各消費者金融でマイナンバーを使って情報を管理することはありません。

マイナンバーについて

政府広報ホームページ

と政府広報室のマイナンバー専用問い合わせ番号に電話をして確認しました。

提供した情報に間違いはないと思います。(2015年9月7日現在)


そもそもマイナンバーとは

国民には一人ひとりに12桁の個人番号が与えられます。マイナンバー制度は社会保障、税番号制度となりますが、それによってこれまで複数の機関にあった個人情報を同一人の情報として管理することとなります。そして与えられたマイナンバーは生涯使うものです。3つのメリットがあります。

行政の効率化 これまで行政や地方の公共団体では、情報の照合、転記、入力などに膨大な時間と労力、さらにはそれにかかわる人員の費用など多くの問題がありました。行政が行う作業の効率化を図ります。
国民の利便性の向上 添付書類はもちろんのこと、役所でのたらいまわしもなくなり簡素化されます。また行政機関に出向かなくても自分の個人情報を確認できます。
公平・公正な社会の実現 給付金の不正受給を防止し、本当に困っている方への支援が公平に行われます。

マイナンバーはどんなときに使う?

社会保障 ・年金の資格取得や確認、給付

・雇用保険の資格取得や確認、給付

・医療保険の給付請求

・福祉分野の給付

・生活保護申請

・児童手当の現状届け

・確定申告書

・税務当局の内部事務

災害対策 ・被災者生活再建支援金の支給

・被災者台帳の作成事務

また申請すると発行される個人番号カードは身分証明書として使うことができます。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 顔写真

以上の5点が表面に記載されています。裏面にマイナンバーが記載されていますが、身分証明書類の一部として提示することはありません。

また勤務先や保険会社、金融機関や証券会社から、マイナンバーの提出を求められることがあります。

3つの基本
「社会保障、税、災害対策」 これらのときにしかマイナンバーを提出することはありません。

定められた手続き以外で利用することはできない、ということです。


しかし税や社会保険の手続きには事業主や金融機関が代行していることは多く、その際にマイナンバーが必要になることがあります。

マイナンバー制度開始の時期

平成27年10月から マイナンバー通知(住民票の住所宛に郵送)
平成28年1月から

社会保障、税、災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になる

申請をすると個人番号カードが交付される

平成29年1月から

マイナポータル開始予定

※インターネットから個人情報のやり取りの記録が確認できるシステム

マイナンバー制度は一度に行われるものではありません。段階的に使い方が増えて最終的にはマイナポータルによってインターネットでの個人専用サイトが作られ、私たちは自分の個人情報についてインターネットから確認ができるようになります。

消費者金融の申し込みでマイナンバーはどうなる?

ついに始まったマイナンバー制度、そこにはさまざまな不安があります。誰にも知らせてはいけないマイナンバーとされていますが、
消費者金融に提出する必要書類

に記載されている場合にはどのようにすればよいのでしょうか?

例えばマイナンバーが記載される書類として、個人番号カードのほか、源泉徴収票や確定申告書などがあります。そこにマイナンバー(個人番号)が記載されていた場合は見えないように加工することが必要です。

プロミスでのマイナンバーについて

プロミスの個人番号(マイナンバー)記載書類ご提出の際のお願い

マイナンバーの加工は黒で塗りつぶすだけで十分です。マイナンバーを使って社会保障や税などの手続きを行うことになりますが「個人番号カード」と「複数の本人確認書類」が必要になります。そのため、番号だけがわかっても手続きを行うことはできません。

プロミスの借り方(即日融資の申込方法〜借入・返済まで)

マイナンバーを伝えてしまい不安になった場合、本人の申告でマイナンバーを変更することもできます。


関連記事

  • キャッシングカードに関する不安点への解決回答

  • 18歳・19歳の高校生や未成年者でもカードローンでお金を借りれる?

  • たった3社の大手消費者金融がキャッシング初心者に良い理由

  • 年金受給者がお金借りるには?

  • 専業主婦がお金を借りるのは消費者金融ではない!

  • フリーターもアルバイトがお金を借りる条件は毎月収入があること