1. お金借りるトリセツ
  2. カードローン
  3. 専業主婦でも借りられるカードローンはある?

専業主婦でも借りられるカードローンはある?

 2017/12/24 カードローン   405 Views

結論から言うと消費者金融では無理です。銀行カードローンの中にいくつか専業主婦でも借りられるカードローンがあります。

1年、2年前まではまだまだあった専業主婦を対象とした配偶者貸付。しかし現在はメガバンクのカードローン公式ホームページをみても、配偶者貸付の言葉が消えました。
実際に問い合わせてみても配偶者貸付は行っていないとのこと。ネット上の古い情報に惑わされないように注意が必要です。

専業主婦でも借りられるカードローン

メガバンク(2018年1月調査)

専業主婦の配偶者貸付
三菱東京UFJ銀行カードローン ×
三井住友銀行カードローン ×
みずほ銀行カードローン ×
オリックス銀行 ×
新生銀行カードローンレイク ×

地方銀行(2018年1月調査)

地方銀行も同じく古い情報が氾濫している状態です。
例えばスルガ銀行カードローン、千葉銀行カードローン、北洋銀行カードローンなどは少し前までは配偶者貸付を行っていましたが現在は取り扱っていません。

横浜銀行カードローン

  • 契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

唯一横浜銀行で専業主婦が配偶者貸付で利用できることがわかりました。ただし全国どこからでも申し込みができるというものではありません。申し込み条件の中に以下の地域に住まいか勤務先があることが条件として挙げられていました。

神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市

ネット銀行(2018年1月調査)

楽天銀行スーパーローン

  • 満年齢20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
  • お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
    ※但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

イオン銀行カードローン

  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • 本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。
    ※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。

消費者金融で専業主婦が借りられない理由

消費者金融で専業主婦が借りられない理由は、消費者金融には総量規制があり、本人の年収の3分の1までが貸金業者から借入ができる上限となっています。

そのため専業主婦は収入がない、つまり3分の1が上限の総量規制に当てはめても、借入ができる上限は0円だ、というのが理由とされていますが、実際には違います!

貸金業法の中では配偶者貸付(専業主婦は配偶者の収入を審査の対象として借入をすること)を認めています。
配偶者貸付をよしとするかどうかは消費者金融各社にゆだねていますので「消費者金融各社の判断で配偶者貸付を行っていない」ということです。

銀行カードローンは専業主婦が借入できるところもありますが、すべてではありません。むしろ専業主婦が配偶者貸付で借入ができる銀行カードローンは限られています。

専業主婦はバレないキャッシングはできる?

残念ながら旦那さんにバレないキャッシングはできません。

なぜなら、申し込みをすると審査が始まりますが、その対象となるのは配偶者です。

在籍確認は夫の会社へ?

間違いなく働いているのかを確認するための在籍確認がありますが、基本的に専業主婦の場合には自宅への電話となります。

配偶者の勤務先に連絡をすることはありませんが、ケース倍ケースも考えられるため事前に確認したほうがよいでしょう。

また配偶者の同意書や所得証明書類の提出が求められる場合もあるためバレないというのは難しいでしょう。

専業主婦のカードローン申し込み、いくらまで借りられる?

配偶者がいくら収入が高くても専業主婦は基本的に30万円が限度額です。

イオン銀行、楽天銀行は例外で50万円まで可能とはなっているものの、なぜ専業主婦は限度額が低く設定されるのでしょうか。

配偶者と離婚をすると、現状専業主婦の方は仕事を探し始めることからはじめたとしてもすぐに収入を得られるものではありません。またそれが「安定した収入」となるまでには少なくとも半年以上の勤続が必要です。

確実な返済がカードローン審査の基本です。

そのため専業主婦の限度額は30万円という返済できうる金額が設定されています。

夫の収入の3分の1までは借りられるという勘違いが増えています。消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などに適用される総量規制は本人の収入に対してのものです。

生活費を補填するためのキャッシングは危険

専業主婦がキャッシングをする理由で最も多いのは「生活費の補填」です。

キャッシングの申し込み理由に「生活費の補填」と書けば審査に通ることはありません。また実際に生活費を補うために借入をすることも危険です。

その理由はなんでしょうか。

突発的な出費のためのキャッシングであれば、その「お金が足りない」という状況も突発的なもの。

しかし生活費が不足しているためならばそれは来月も再来月も続く慢性的なものです。

いずれ返済ができない状況がくることが推測できる、そのため生活費の補填に使うのは危険です。

関連記事

  • カードローンに保証人は不要でも銀行カードローンには保証会社が必要

  • カードローンの審査、転職したばかりなら通らない?

  • カードローンの申し込みに実印はいりません!

  • 知っておきたいカードローンで出てくる用語集

  • 銀行カードローンの保証会社はどんな役割を持つ?

  • 何歳からお金は借りられるの?20歳ならカードローン、18歳なら?