1. お金借りるトリセツ
  2. お金のトラブル
  3. 簡単に人からお金を借りる人、貸す人。その心の中は?

簡単に人からお金を借りる人、貸す人。その心の中は?

お金のトラブル   2,018 Views

お金のトラブル、しかも友人だったり、同僚だったり、自分とつながりのある個人とのトラブルだったら・・・

貸した方がやきもきする不条理は避けたいものです。抵抗なく簡単にお金の貸し借りができる人はいったいどういう心理なのでしょうか。

平気でお金を借りる人

彼女、彼氏、友達、知人、親兄弟、誰にでも平気で「お金を貸して」と言える人は多重債務に陥るのも時間の問題といえるでしょう。

周りの人たちがいつまでお金を貸してくれるでしょうか。
今後も周りの人が貸してくれるかといえば早いうちに「お断り」が出てくるでしょう。

彼女も彼氏も、そして友達も、湧き出るようにお金が出てくるわけではありません。決められた時間の中で仕事をして収入を得ているものであり、最優先すべきは自分の生活です。

お金を貸してくれなくなるのは、見捨てられるのではなく自分の生活を優先させなければならないほどの状況になっていることも考えましょう。

お金を貸してと言う人の心理

簡単に人にお金を貸してといえる人、その理由はなんでしょうか。
そういった人には共通する特徴があります。

第一に「嘘つき」です。

お金を借りるための理由を模索します。果たして正直に打ち明けるかといえばそこには「お金を借りる」という負い目があって大なり小なり嘘が混じるでしょう。

ちょっと今手持ちがなくて。
家に帰ればあるんだけど。
給料日には返すから。

そんな理由が人にお金を借りる言い訳になると思いますか?家に帰ればあるなら帰ればいい、そう思うのは私だけではないはずです。

彼女にお金を借りる心理

他人に対しては見栄を張り、その見栄を張り続けるために彼女の財布を使う非道なタイプです。
男同士の付き合いで、同じ年齢の仲間たちが出世をしたり給料に余裕があったり自由な遊びをしているのに自分にはお金がない。それを見せることを恥ずかしいと感じて、自分のお金と彼女のお金を混同させてしまいます。

必要以上に自分をよく見せようとするために彼女のお金を使ってまで成り立たせようとします。

彼氏にお金を借りる心理

こちらもまた虚栄心の塊。生活もままならなくなってどうしようもなく水光熱費を借りるのではなく、ブランドなどを購入するためのお金を借りるパターンです。

自分を高い女に見せるためにつりあわないブランド品で着飾るためのお金を彼氏に借ります。ただし、この場合には彼女側からすると借りるよりももらう感覚です。

友達にお金を借りる心理

浪費癖が激しく金銭管理がなっていない、ほしいものでもないのに、食べたいものでもないのになんとなくお金を使ってしまう。
気がつけばお金を無駄に使ってしまい、財布にお金が入っていないと不安になるタイプです。

軽く考えています。お金を使うことも借りることも軽く考え、同時に返すことに対しても軽い考えです。

お金を貸す人の心理

お金を貸してと言われたときに、嫌だと思うか、もちろん!と思うかはさておいて、嫌われることに恐怖を感じるタイプが多くいます。
お金を貸してほしいといわれ断って嫌われたところでどうだというのでしょう。彼女、彼氏、友達の懸命に稼いだお金をあてにする人にまで好かれていなければならないのでしょうか。

人の目を気にするのであれば貸さないという方法を選択したいものです。お金の無心をされて貸してしまうあなたのことを、他の人は呆れた目で見ている可能性は十分にあります。

彼女にお金を貸す心理

自分にお金があると余裕を見せるためではなく、かわいい彼女を手放したくない一身で言われたままにお金を払ってしまうケースは少なくありません。
自分にとって不釣合いと思ってしまうために貸していながら上下関係で言えば自分を下に感じています。

彼氏にお金を貸す心理

お金を貸さないこと=愛情がないと判断されるのを恐れるあまりに貸してしまうケースが多くあります。
お金と愛は別物であり、本来お金の無心をするほうに愛情があるのかどうかを問いたいものです。

友達にお金を貸す心理

断りづらいケースが多くあります。ただし友達関係の場合には貸したとしても一度限りで、その後は連絡を絶つケースが多くあります。

なぜ人にお金を借りなきゃならないの?

よくよく考えてみましょう。なぜ人にお金を借りなければならないのか。
今の時代には銀行カードローンも消費者金融もあり、人に借りずとも自己責任で融資を申し込める先はいくらでもあります。

人にお金の無心をするくらいですから銀行カードローンの審査に通るほどの信用情報はないでしょう。
大手消費者金融でも厳しいかもしれません。そんな方には中小消費者金融という手段もあります。

そもそもお金を借りられない状況にあるならば生活福祉資金貸付制度もあります。

また消費者金融などからの借入がかさんで返済が困難になっている場合には借金の一本化債務整理もあるでしょう。

人に借りるのではなく、自分の力でなんとかする。
人からの信用はお金だけであっという間に崩れていきます。

関連記事

  • 銀行カードローンは同じ保証会社だと審査に通らない?

  • 債務整理中でも借りれるのは6か月以上経過しているのが条件

  • 親にお金を借りると贈与税がかかる?税金回避する借用書の作り方

  • 駅でお金借りれるの?電車賃の後日払いは可能?

  • 申し込みブラックでも借りれる消費者金融ってあるの?

  • 全銀協で信用情報開示請求をしてみた体験談