1. お金借りるトリセツ
  2. お金に関する豆知識
  3. 極度額と限度額の違い

極度額と限度額の違い

 2018/02/19 お金に関する豆知識   1,139 Views

カードローンを利用するときには「限度額表記」、「限度額」と「極度額」の表記を目にすることになります。ここでは「限度額」と「極度額」の違いや、知っておきたい限度額の上限についてご紹介します。

極度額と限度額の違い

「限度額」は審査によって決められる個人の融資限度額を指しています。

「限度額」は契約者個人ごとに決められた借りることのできる上限金額、「極度額」はそのサービスが貸すことのできる最大上限として表記しています。消費者金融によってこの表記の仕方が変わってしまうことがありますが

  • 商品限度額(そのサービスが貸すことができる最大額)
  • 個人限度額(契約者が借りることができる最大額)

この2つの上限金額が表示されていることを確認しておくとよいでしょう。

プロミスを例にしてみます・。

プロミスのご融資額は500万円ですが、審査によって30万円の融資限度額が決まった。

ここでいう商品限度額は500万円であり、個人限度額が30万円です。

また個人別の限度額にもさまざまな表記があり、融資額とする場合もあれば融資限度額、契約額、借り入れ極度額、利用限度額とする場合もあります。

限度額とは

現時点で借りることのできる金額のことです。「枠」や「利用可能額」と表記されている場合もあります。この限度額の範囲内であれば繰り返し利用可能となります。

極度額とは

その時点で、契約上借りられる最大限度の金額です。現時点では限度額までしか借りられないけど、信頼することができれば、将来的に貸してもらうことができる最大の金額、と考えてください。

最大限度額を各社はどう表記している?

それではいくらまで貸付を行っているのか、その表記はどのようになっているのかを代表的なカードローン各社で見てみましょう。

 

プロミス ご融資額 500万円まで
アコム 契約極度額 1万円~800万円
アイフル 契約限度額 または貸付金額 500万円以内
SMBCモビット 商品限度額 1万円~800万円
三菱東京UFJ銀行 利用限度額 10万円以上500万円以内
三井住友銀行 ご契約極度額 800万円
新生銀行カードローンレイク ご契約限度額 500万円
みずほ銀行 ご利用限度額 10 万円、20 万円、30 万円、50 万円、100 万円~800 万円

ご覧の通りバラバラです。
しかしいずれも意味は同じ。「そのカードローンでは最大いくらの融資までを行っているのか」ということです。

 

 

まとめ:極度額は気にしない!利用限度額が重要

最高500万円まで!となれば大きな融資が期待できそうな気がしてしまいますが、実際にカードローンを利用するときに自分の借り入れができる額に直結するのは利用限度額です。

借り入れの際に確認する必要があるのは「限度額」のほうで、「極度額」は見ていなくてもあまり問題ありません。将来的に大きな金額の融資をしてほしいと思っている人は「極度額」についても把握しておくとよいでしょう。

関連記事

  • サラ金とは消費者金融を指す言葉だったのは昔のこと

  • 日本貸金業協会って何をするところ?

  • アイフル返済を損しない方法から返済額までわかりやすく解説

  • 学資保険の契約者貸付制度、かんぽ生命は?アフラックは?

  • 派遣登録だけでお金を借りる裏技!?

  • 縁起の良いお金の語呂合わせで幸福を呼び込もう!