1. お金借りるトリセツ
  2. お金を借りる方法
  3. コンビニでお金を借りる方法はやっぱり便利

コンビニでお金を借りる方法はやっぱり便利

 2018/01/24 お金を借りる方法   381 Views

スーパーほど充実したものはないけれども、ちょっとほしいもの、急ぎでほしいものなら大体がそろっているコンビニ。24時間営業で、何も買うものがなかったとしても気軽に立ち寄れる便利な店です。

最近ではさまざまなサービスも充実し、意外な使い方が紹介されたコンビニのコピー機も注目を集めています。もちろんATMはほとんどの方が使用したことがあるでしょう。24時間いつでも稼動するATMです。

このATMでお金を借りることができます。

大前提としてすでにカードローンのキャッシング専用カードを持っていること。

コンビニATMでカードを契約することはできません。

便利なコンビニキャッシングはATMで

多くの方にとって身近な存在コンビニ。
セブンイレブン・・・19166店舗
ファミリーマート・・・18185店舗
ローソン・・・12839店舗
主要コンビニも全国にこれだけの店舗数を展開しています。

コンビニに設置されているATMはさまざまな提携銀行やキャッシングカードが利用できます。

使い方はいたって簡単。持っているカードを挿入するだけ。通常のATMとなんら変わりはありません。

コンビニに設置されているATMの利用方法はいたって簡単です。通常のATMと同じように利用をします。使い方がわからない場合には「まずはカードを挿入」してみましょう。
次の使い方が画面に表示されます。

コンビニキャッシングのメリット

  • 24時間営業
  • 近所にある
  • ATMもそれほど並んでいない

一番のポイントは24時間営業であること。例えば深夜、もしくは日曜日、お金がない!借りに行かないと!と思ったときでも近所にあるコンビニで借り入れができます。

たくさんの方が経験あるかと思いますが、銀行ATMは長蛇の列で並ぶもの。しかし思い出してみるとコンビニATMに人が列を作っているところはみかけないものです。先客がいたとしても店内をみて回ることで時間をつぶしているでしょう。

コンビニという普段立ち寄る場所にATMがあることが便利に活用できるポイントです。

やはり最大のポイントは24時間営業であること。それによって24時間いつでも借入も返済もできます。
買い物のついでに、コンビニに寄ったついでに。
いつでも近くにあるからこそ、そしていつでも営業しているからこそコンビニATMは使い勝手のよいものです。

コンビニキャッシングのデメリット

  • 手数料がかかる

1万円以下で108円

1万円超で216円

小さな金額ではありますが利用手数料がかかります。借り入れの時には少々の手数料は気にならないものですが、返済の時にはちょっとの手数料をもったいなく感じるものです。

現在、主要な消費者金融、銀行カードローンの中でコンビニATMの利用手数料がかからないのは三井住友銀行カードローンだけです。

先日、ローソンに立ち寄ったとき停電がありました。
近隣は停電していなかったのでそこのローソンだけが停電となっていたのでしょう。店内は真っ暗。30分ほどで復旧しましたがその間は冷蔵庫も自動ドアも一切動かず。そしてATMも使用ができなくなっていました。
さらに復旧してからもATMだけはなにやら準備があるらしくしばらくは作動することができず・・・。
めったなことではありませんが、こんなこともありえるのだという体験でした。

コンビニATMに対応しているカードローン

それでは各カードローンがどこのコンビニATMに対応しているのかをチェックしてみましょう。

  • カードローン対応提携コンビニATM
セブン銀行 ローソンATM E-net
バンクイック
三井住友銀行
みずほ銀行
プロミス
アイフル
アコム
SMBCモビット

利用できるコンビニATMはいずれも主要なところは抑えています。違いがあるとすれば手数料。
特に三菱東京UFJ銀行バンクイックは、これまで提携ATMも利用手数料無料でしたが、現在は利用料金がかかります。

  • カードローンコンビニATM利用手数料
手数料
バンクイック 平日8:45~18:00 108円
それ以外216円
三井住友銀行 無料
みずほ銀行 平日8:45~18:00 108円
それ以外216円
プロミス 1万円以下 108円
1万円超 216円
アイフル 1万円以下 108円
1万円超 216円
アコム 1万円以下 108円
1万円超 216円
SMBCモビット 1万円以下 108円
1万円超 216円

コンビニキャッシングは24時間365日利用ができる

コンビニのATMで契約をすることはできませんが、カードローンのカードさえ持っていればいつでも利用ができます。
例えば出張や旅行でお金が不足してしまったとき。よくあることですね。

銀行ATMを探すことは難しくてもコンビニなら簡単です。

緊急時でも借りられる、それはコンビニATMの大きなメリットです。

コンビニキャッシングは返済にこそ使いたい

手数料がかかる使い方をしていたのでは返済にとってプラスにはなりません。
カードローンを利用しているときには口座引き落としのほかにもう一つ返済方法を用意しておくことをオススメします。

毎月口座から自動引き落としだけでは返済は思うように進むことができません。

返済しても返済しても元金が減らない気がする。その原因は最低返済額だけに頼っているから。追加返済をしながら利息を考えた返済をしましょう。

追加返済として選ぶ返済方法のポイントです。

  • 手数料が無料
  • いつでも返済ができる
  • 手間がかからない

例えばコンビニATMは非常に便利です。三井住友銀行カードローンのように手数料が無料であればコンビニATMを使って積極的に返済をするのもよいでしょう。
しかし手数料がかかるのであれば、便利であっても躊躇してしまうもの。

インターネット返済なら手数料無料で24時間追加返済が自由となっているカードローンは少なくありません。
自分にとって便利でいつでも無料で返済ができるからこそ積極的に返済を進めていくことができるはずです。

関連記事

  • 個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

  • 専業主婦がお金を借りるのは消費者金融ではない!

  • 自衛官・自衛隊員がお金を借りるには?借金の身辺調査でバレるのが心配

  • 自営業者や個人事業主がお金を借りる方法

  • 会社に在籍確認や電話連絡なしで借りれるカードローンは?

  • 即日融資も可能なキャッシングなら今日中にお金を借りれる