1. お金借りるトリセツ
  2. お金のトラブル
  3. 携帯電話をどうやって現金に換えるの?

携帯電話をどうやって現金に換えるの?

 2018/01/26 お金のトラブル   322 Views

このページにたどり着いた方は、「携帯を担保にお金を借りる」「携帯電話現金化」の意図があったでしょう。

ハッキリと結論から言えば、携帯電話の現金化はあまりにも危険な行為です。

携帯電話をどうやって現金に換えるの?

携帯電話には利用サービスの一つにキャリア決済があります。つまり決済代行サービス。
ネットなどで商品を購入する際の代金を携帯電話の利用料金とまとめて支払うサービスです。

IDとパスワードと暗証番号を入力するだけの簡単な支払いサービスです。

このキャリア決済が一体どのように使われて現金に変わるのでしょうか?

キャリア決済がクレジットカード代わりになる

先に商品を購入してその代金はキャリア決済で支払う。後から携帯電話料金とあわせての支払いです。

この先払いのシステム、何かに似ていませんか?

クレジットカードの支払いシステムと同じものです。

現金化は「ある商品」を購入すると8掛けほどでのキャッシュバック。つまり代金の8割を振込みによる返金するというもの。

クレジットカードの現金化で一時社会問題にもなっていたのが新幹線のチケット購入での現金化。新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、そのまま金券ショップに持ち込んで売ると8割くらいですが現金になるというものです。

しかし携帯電話の現金化の場合には

①購入するものを指示される
指定のものを購入するように指示されます。その商品は数珠であったり怪しいもの。しかし怪しいだけではなく100円ショップで販売されていそうなクオリティのものです。これを5万円や10万円と高い金額で買います。

②支払いを行う
物がどんな品物になるのかはそのときによって違いますが、100円程度のものを5万、10万という金額で購入しその支払いをキャリア決済で行います。

③キャッシュバックが支払われる
購入した代金の8割ほどがキャッシュバックとして振込みされます。
例えば5万円の品物であれば4万円、10万円の品物であれば8万円です。
実質商品は1万円や2万円で購入したことになります。

④キャリア決済の支払い
キャリア決済で翌月支払いを行います。

ほしいものかどうか、購入する品物は関係ありません。現金化するために購入する品物です。
それが100円のものを5万円でキャリア決済による支払いを行い、キャッシュバックで4万円返金をしてもらったら、キャリア決済で5万円引き落としになる。

つまり1万円で購入=1万円の利息になります。

対応している携帯電話の現金化は?

携帯電話の現金化には主にこのようなものがあります。

  • ドコモケータイ(docomo 携帯決済)
  • ドコモ口座のポイント買取(ドコモ送金)
  • ドコモ かざしてクレジット「iD」
  • AU かんたん決済(まとめてAU支払)
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルのソフトバンクまとめて支払い

利用枠を確認するには各携帯電話会社の利用残高確認でわかります。

まとめ

携帯電話の現金化による大きなデメリットは換金率が低いこと。
8割以下であればクレジットカードで新幹線の回数券や商品券を購入して換金したときよりも低くなります。

また、現金化を目的としたキャリア決済やクレジットカードの利用は違法ではないものの契約違反です。

銀行カードローンでも借りることができない、大手消費者金融も無理だった方でも返済計画がしっかりとしていれば中小消費者金融で可能性があります。

危険な方法に出るのではなく安全な選択肢を探しましょう。

関連記事

  • JICCで信用情報開示請求をしてみた体験談

  • 他人名義(旦那・会社・子供)でお金を借りる方法とその危険性

  • 簡単に人からお金を借りる人、貸す人。その心の中は?

  • 債務整理中でも借りれるのは6か月以上経過しているのが条件

  • 金がない時にお金を作る最終手段!お金の工面の仕方

  • 友達や彼氏に「お金を貸して」と言われた時の断り方