1. お金借りるトリセツ
  2. 学生ローン
  3. 学生ローン「学協」の評判を13項目で徹底分析

学生ローン「学協」の評判を13項目で徹底分析

 2017/12/24 学生ローン   415 Views
学協

東京に3店舗、神奈川に1店舗ある学生ローンの学協は、「関東在住の学生の方を対象」に貸付を行っています。10,000円から必要な額を利用でき、学生の間に一度でも使ったことがあれば卒業後も継続利用が可能です。新規申し込みは、来店が前提です。

また初回融資は来店のみとなっているので、お近くの店舗にまず行くことになります。

の公式サイトはこちら

学協はどこにある?

学協は初回申し込み時には、「来店契約が必須」です。店舗に行く必要があるため場所を確認しておきましょう。学協は、

三軒茶屋本店 田園都市線・東急世田谷線 三軒茶屋駅
向ヶ丘遊園店 小田急小田原線・南武線 向ヶ丘遊園駅
高幡不動店 京王線・多摩都市モノレール 高幡不動駅
鶴川店 小田急小田原線 鶴川駅

以上4店舗です。

借入目的は自由

学生ローンでは学費だけを借入目的とする必要もありません。旅行、サークル活動、資格取得、帰省費用など自由に決めてよいのです。

金利と限度額は?

学協のローンは1種類のみです。金利は17.52%ですから、大手消費者金融よりも少し低めの設定ですね。借入可能額は1万円から40万円まで、希望額に応じて審査を行い決定します。
学協は、カードローンのように限度額を決めて何度でも借りられるというローンではありません。
再度お金が必要になれば、また申し込むことになります。ただ、再申し込みの際は来店不要で振込融資が受けられます。
一度申し込んでおくと、以降は手間は省けますね。

学協で申し込めるのはどんな人?

学協で申し込みできるのは、「関東圏在住、学生、収入があるという条件を満たしている方」です。大学、短大、専門学校、予備校などに通っている方が対象者になります。
また、1度学生の間に利用していれば、卒業後社会人になってからも学協でお金を借りられます。

審査の流れ〜必ず来店!

初回の申し込みは来店必須です。問い合わせや仮審査はネットから行えます。ただ実際の申し込み、契約、初回融資はいずれも店舗で行う必要があります。
店舗数は4つあるので、学生ローンとしては多めです。
直接行くことで時間はかかるものの、その場で融資まで進めますから即日借りたい方にとってはメリットもありますね。

学協の営業日と営業時間

いずれの店舗も月曜日から金曜日の9:30〜18:00が営業時間です。
土曜日、日曜日は申し込みや契約はできませんので注意しておきましょう。

提出書類は?

申し込みに必要な書類は、顔写真が付いた学生証に加えて身分証明書です。

身分証明書は、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本カードなどになります。

持っている身分証明書でよいかどうか確認したい場合は、必ず事前に電話などで問い合わせておきましょう。また、銀行のキャッシュカードやクレジットカードを持っていれば、併せて持って行くとよいでしょう。

いつ在籍確認が行われる?

ローン申し込みで気になる在籍確認ですが、学協では基本的に本人以外に連絡を入れることはありません。

自宅固定電話、アルバイト先、学校などいずれも連絡が入ることはないので、安心して申し込みましょう。

連帯保証人や担保は必要?

連帯保証人や担保なしで申し込めます。申し込み条件を満たしている方ならどなたでも、学生ローンを利用できますよ。

学協で即日キャッシングするには?

初回融資では必ず来店で行います。即日キャッシングを希望しているなら、営業時間内に店舗に行くようにしましょう。

2回目以降は振込融資が受けられます。

この場合は振込対応時間に気を付けて依頼する必要があります。もちろん2回目以降も来店借入も可能です。

返済方式は?

学協では自分の都合に応じて4つの返済方式から選べます。

元金自由返済

1か月に1回必ず「利息以上の返済」を行います。元金はいつでも自分の都合の良いときに返済すればOKです。アルバイトのお給料が多いときに多めに返済するなど、収入が少ない学生の方も安心して返済できる方法です。店頭返済と銀行振込による返済方法いずれかから選べます。

元利均等式返済

返済回数を決め、そこから返済額を割り出し「毎回同じ額返済していく方法」です。いわゆるリボルビング式と同じになります。毎月の出費が同じなので、返済計画を立てやすいのが特徴です。こちらも店頭返済と銀行振込返済から選べます。

元金均等返済方式

利用した額の元金を均等に割り、それに基づいて利息を計算して返済していきます。元金が確実に減っていくので、返済期間は短くなります。ただし、「返済当初は利息額が大きくなる」ので、返済する額自体も大きくなります。

一括返済方式

元金と利用した日数分の利息を「一度に返済」してしまう方法です。利息は日割りで計算されるので、たとえば返済予定日が変わった場合には、利息額も変わり総返済額も変わります。事前に問い合わせておくなどして、正確な一括返済額を把握しておくようにしましょう。

増額借入はできる?

お金が必要になる都度依頼する必要はありますが、審査に通ればさらに借りる必要があります。学協は貸金業者なので、利用する額は年収の3分の1以内でないといけません。

申し込み前に収入から借入額を決定し、返済計画もきちんと立てておきましょう。

学協の口コミ

22歳大学生「とにかく親、友達、バイト先、学校などどこにもばれないように借りたかったです。学協は4店舗あるので少し遠方まで行けば安心と思いました。在籍確認などもなしで借りられるので、希望通りに誰にも知られず借りられました。」

20歳短大生「一人で借りるのは心細かったです。でも電話で色々質問に答えてくれた女性が丁寧で、店舗も同じ方が対応してくれました。お金を借りるというと、怖いイメージが強かったのですが学協で払拭できました。」

21歳専門学校生「まず1万円借りました。店舗に行くのはちょっと気になりましたが、特に問題なくスムーズに済みました。そのあと親に言われて緊急に帰省しないといけなくなり、追加で借りました。2度目の時は来店不要で振り込んでもらえ簡単でしたね。返済も都合に応じて4種類から選べるので、無理なく返しています。」

の公式サイトはこちら

関連記事

  • 学生ローン「カレッヂ」の評判を11項目で徹底分析

  • 【学生ローン10社一覧】おすすめの学生ローンはどこ?

  • 学生ローン「学灯社」の評判を9項目で徹底分析

  • 学生ローン「友林堂」の評判を11項目で徹底分析

  • 学生ローンのイー・キャンパスを13項目で徹底分析

  • 学生ローン「ニチデン」の評判を8項目で徹底分析