1. お金借りるトリセツ
  2. 中小消費者金融
  3. キャッシング「フタバ」は審査に通りやすいのか

キャッシング「フタバ」は審査に通りやすいのか

 2017/12/24 中小消費者金融   579 Views
フタバ

ネット申し込みで最短即日融資ができる中小消費者金融のフタバ。全国対応です。

もちろん闇金などではなく正規の消費者金融。(貸金業登録番号東京都知事(2)第31502号)

実は金利も大手よりも低いという特徴がありますが、お勧めしたいのは他社からの借り入れ件数が多く新規借入先に困っている方。その理由は、対象となるのは他社からの借り入れ4社以内の方となっているからです。

金利や限度額も安心できて、条件が揃えば即日融資も可能です。中小消費者金融を利用したことがない方も、フタバなら申し込みやすいと感じるでしょう。

フタバのお申込みはこちら

気になる審査、どういう人が落ちる?

まず、落ちる可能性が高いなら申し込みは避けなくてはなりません。その理由は「申し込みブラック」です。

短期間のうちに繰り返し消費者金融に申し込みをするだけで半年程度のブラック状態になります。理由は

  • すべての審査に通ったときに借入額が大きくなるため
  • お金に困窮して返済できない可能性

さまざまなリスクがあるため短期間に集中的に申し込みを繰り返している方は審査には通りません。

そのほか、無職(無職、専業主婦)は審査に通らないので申し込みは避けましょう。

どのような状態であれば審査に通らないのか、はっきりとしている条件を確認して審査落ち確実の状態で申し込みをするのを避けましょう!

他社の借り入れ状況による対応をフタバに確認しました!

通常消費者金融は他社からの借り入れが2社ある状態で申し込みをすると3社目となり審査に通ることは難しくなります。

またブラックの状態であれば審査に通らないのは当然のこと。

ブラックとは

・3ヶ月以上の返済の遅延

・債務整理

・強制解約

・代位弁済

これらの履歴が個人信用情報機関に記録されていることです。

5年から10年という長い期間記録されており、この間は消費者金融だけではなく、銀行カードローン、銀行融資、携帯電話の契約等審査に通ることはありません。

通常ブラックとして扱われる事例はフタバではどうなるのか、実際に問い合わせてみました。

他社からの借り入れ2社以上→他社借り入れ4社までなら相談に応じます。
債務整理をした→債務整理をして生活が再建でき返済能力があるとすれば自己破産であっても問題ありません。

かなり寛大な対応だとわかりますが、これが中小消費者金融の独自審査です。

大手消費者金融ではコンピューターによる自動審査が行われており、非常にシビアにブラックは切り捨てられます。しかし、中小消費者金融は独自審査を採用しており、コンピューター審査は行っていません。

申込者に返済能力があるかが大きな焦点であり、過去の債務トラブルは審査時の質疑応答も含めて確認するとのことでした。

現在、返済遅延中なら審査に通らない

債務整理後でも申し込みに応じるなど柔軟な対応をしているフタバですが、現在他社からの借り入れが滞納しているのであれば審査は厳しくなると回答がありました。

あくまでも「返済ができること」が審査に受かる最大の条件です。

債務整理を行っていても生活の建て直しができており、収入もあって返済能力があると判断されれば審査に通ることができますが、たとえ債務整理を行っていなかったとしても現在の他社からの借り入れの返済ができていないようであれば審査に通ることはないでしょう。

その理由は当然、「他者に返済ができない」なら「フタバにも返済ができない」ことになりえるからです。

在籍確認ができなければ借りられない?

中小消費者金融は在籍確認を行わないという口コミも見かけます。しかし、フタバは在籍確認があります。

申込書に記載した勤務先に、フタバの担当者が個人名で連絡をします。

在籍確認の目的は「勤務先が本当か確認する」こと。そのため、

  • 席をはずしております。
  • 折り返しお電話をさせていただきます。

本人が電話口に出なくてもこのような回答があれば「在籍している」と判断されます。

フタバに確認したところ、「在籍していない」か「在籍しているか」の確認だけのため複数回電話をかけるいことはないとのことでした。

ただし、勤務先によってはフタバ営業時間内に在籍が取れない場合もあります。例えば、水商売などの夜の商売。また漁師などの在籍確認が難しい職業です。例えばみずほ銀行カードローンに確認したときには時間帯的にでも在籍確認ができないときには契約まで進むことはできないという回答をもらっています。

こちらもフタバに確認しました。

在籍確認ができない時間帯で勤務している場合には、直近の給与明細書等で対応も可能だとのことです。

フタバはアルバイトや専業主婦でも借りれるの?

フタバは東京都知事登録業者なので、もちろん安全に借りられます。また日本貸金業協会の会員にもなっているます。東京商工会議所の会員でもあります。

大手消費者金融とは違って知名度は低いですが、正規の消費者金融です。

申し込み条件は「20歳以上70歳以下の安定した収入と返済能力を有する方」のためこれもまた大手消費者金融と同じ条件です。

安定した収入があることが申し込みの条件なので、勤務形態は問われません。派遣社員の方なども申し込めます。

勤務形態 申し込みができる
パート
アルバイト
派遣社員
専業主婦 ×
学生 アルバイトをしていれば○
年金収入のみ

非常に幅広く対応をしています。通常消費者金融では年金収入だけでは収入として認められないため年金収入以外が必要になりますがフタバでは年金収入のみであっても収入として認めています。

唯一フタバに申し込みができないのは「無職」です。収入がなければ返済能力なしとみなされるため専業主婦も申し込みができません。中小消費者金融では「エース」だと専業主婦でも借入OKとのことでした。

学生は「20歳以上」「アルバイトなどによる収入があること」を条件として申し込みができます。

つまり、収入がある成人ならフタバに申し込みができます。

みんなの融資限度額は?

融資額は10万円~50万円となっています。少額キャッシングに特化しています。

フタバホームページには「よくある質問」のページに200万円まで融資と記載されていますが問い合わせたところ現在は50万円までの融資ということでした。

大口融資には向いていませんが、利用者の声を見てみると10万円~30万円程度が融資額として決まる傾向があるようです。

なかでも他社からの借り入れが2件以上ある方は限度額が10万円になることが多いことがわかりました。

通常大手消費者金融でも極度額(融資限度額の上限)は500万円ほどに設定されているものの、実際に審査で融資限度額として決まるのは高くても30万円です。他社からの借り入れがあるとやはり10万円程度になるもの。

フタバは少ない!のではなく、消費者金融の平均的な融資限度額です。

貸金業法にある総量規制では、「個人が貸金業者全体から借り入れることができる上限を年収の3分の1までとしています。

そのため大手消費者金融の極度額一杯(500万円)まで借り入れるとしたらその3倍の年収、1500万円が必要です。

ネットでのフタバの評判は?

  • 他社全部審査落ち、最後にフタバで10万円借りられました!
  • こわいと思い込んでいたので、電話対応が丁寧で驚きました。
  • すばやい対応で、こんなに早く借りられるのかと思いました。
  • 即日振込をしてもらえて、申し込みをしてよかったです。
  • 申し込みフォームで事前審査をしているはずなのに、連絡が入った時の質問項目が多かった
  • 希望額は納得できましたが、返済が不便です。銀行振り込みだけでは手数料が高くつきます。
  • 即日振込にも対応していると書いているのに、結局審査の結果をもらったのは3日後、借りられたのは1週間後でした。

フタバの口コミをご紹介!

申し込みもできないような状態でした。でもフタバならとりあえず受け付けてくれたので、ホッとしました。ほんの少額でも借りられればいいという状態だったのに、希望額より大きな20万円まで借りられました。
金利は高いですが、どこでも借りられないと思っていた自分にとって、フタバを見つけられてよかったというのが実感です。大手じゃないですが、ネット申し込みなどができるので、特に不便だとは感じませんでした。
借りられないかもしれないと思っていたので、ひとまず総合デスクに電話してみました。丁寧な応対をしてもらえ、ここならきっと申し込んでも大丈夫と安心できました。希望額より低かったのですが、それは自分がクレジットカードのキャッシングを総量規制額に含めていなかったからでした。現状の借入額とフタバでの借入を合計して総量規制枠いっぱいまで借りられよかったです。
フタバのお申込みはこちら

さて、さまざまな口コミや評判を見てみると、さらに気になることが見つかってきます。審査に通る、融資を受けられる、それだけではなく実際に利用をするときには何に気をつけなければならないのかをみていきましょう。

意外と低金利!だからこそ気をつけたい返済額

口コミの中に「金利は高い」という言葉がありました。それでは金利が高いのか、みてみましょう。

貸付利率は年率で14.959%〜17.950% です。

大手消費者金融も上限金利は18.0%となっているので金利面は問題ないと考えてよいでしょう。

融資限度額に応じて適用金利が決まる銀行とは違い、審査で適用金利がわかる消費者金融では上限金利が適用になると考えて借り入れの計画を立てなくてはなりません。

利息は日割りで計算、返済額が重要になる

利用した日数分だけの利息がかかります。また利用当日は日数には含まれません。

利息の計算方法を覚えておきましょう。

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

覚えておきたいのは最少返済額での返済ではなかなか返済が進まないということ。

こちらが借入残高に応じて変わるフタバの最少返済額です。

利用金額 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円迄
最少返済額 2,300円 4,600円 6,900円 9,200円 11,500円

フタバの上限金利17.950%で借り入れをした時の返済事例を見てみましょう。

10万円を金利17.95%、最少返済額2300円で返済をした時

返済回数 71回
利息総額 62723円
返済総額 162723円

月に一度の返済となるため、返済回数=返済期間です。71か月(5年11か月)も返済を続けていかなくてはなりません。

10万円を金利17.95%、最少返済額5000円で返済をした時

返済回数 24回
利息総額 19700円
返済総額 119700円

10万円の借り入れで返済額5000円は大手消費者金融で設定している返済額です。24回で関西ができるので2年かけて返済をすることになります。

10万円を金利17.95%、最少返済額10000円で返済をした時

返済回数 11回
利息総額 9128円
返済総額 19128円

返済回数はかなり少なくなり1年かからずに完済、利息もかなり抑えられています。

最少返済額が低いことはフタバのメリットではありますが、実際に返済の計画を立ててみると少ない返済額では長期に及ぶこと、そして利息が膨大になることがわかります。

フタバでは最少返済額を設定していますがそれ以上の返済は自由にできます。

例えば先月は2万円を返したけれども、今月は5000円、来月は出費の予定があるから最少返済額の2300円にしよう、というのも問題ありません。自分の都合と返済の計画にあわせて最少返済額という最低限のライン以上の返済ができます。

30日間無利息がある!

初めてフタバを利用する方に、契約日翌日から適用の30日間無利息サービスがあります。

無利息期間中は金利0%。この期間内であれば利息は0円になります。

例えば、

5万円を借り入れて30日以内で完済した→利息0円で、元金の5万円返済のみ

5万円を借り入れて30日以内に2万円を返済した→31日目からは通常金利が加算されるため借入残高3万円に対して金利がかかる

5万円を30日間上限金利の17.95%で利用しても利息はわずかに737円です。必ずしも節約しなければならない額ではありません。

無利息期間の使い方は、利息0円の期間をきっかけにして返済計画を立てるためにあるサービスと考えましょう。

フタバの申し込み方法

申し込み方法は2種類あります。

  • インターネット申し込み
  • 電話申し込み

営業は平日の9:30〜18:00です。土・日・祝は総合デスクでの申し込みは受け付けていません。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力する
  2. 審査開始
  3. 銀行口座に振込みによる入金
  4. 契約書類等郵送で受け取り
  5. 契約書類と必要書類の返送

申し込みフォームに電話連絡指定時間の記入場所があります。希望の時間に「フタバの担当者個人名」での連絡となりますのでフタバを名乗ることはありません。

フタバからの電話は

  • 本人確認のために携帯電話に
  • 勤務先確認のために勤務先に

この2回の電話があります。電話がかかってこなかったという声も多くありますが「電話がある」と考えていたほうがよいでしょう。

審査完了後、平日の15時前であれば即日銀行口座に振込みとなります。ただし、銀行営業時間外、もしくは土日祝日であれば銀行翌営業日に振込みとなります。

フタバから契約書類等が郵送されてきますが、差出人名はフタバではなく「FTサービスセンター」となっています。

必要書類を用意する

申し込み時ではなく、フタバから契約書類が郵送で自宅に届きますが、この契約書類に記入し返送する際に必要書類を同封します。

以下のいずれか1点が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証

本人確認書類に記載されている住所が現住所とは異なる場合には以下のいずれか1点の領収書が必要です。

※領収書に記載されている日付から6ヶ月以内のもの

  • 公共料金の領収証書(電気、都市ガス、水道、電話、NHKのいずれか1つ)
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税、地方税の領収証書・納税証明書

借入方法

審査で決まった融資限度額が借り入れ可能な額です。

振込みで融資限度額がそのまま入金されます。例えば10万円の融資限度額が決まれば10万円が振り込まれるということです。

大手消費者金融ではか「カードローン」になるため、カードが発行されてATMから融資限度額の範囲を自由に借り入れができますがフタバはカードが発行されません。借りたいときに借りたい額を、という使い方ではないため気をつけなくてはなりません。

新たに追加融資が必要になった場合には「追加融資の申し込み」が必要になります。

返済方法

改めてフタバの最少返済額を確認しましょう。

利用金額 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円迄
最少返済額 2,300円 4,600円 6,900円 9,200円 11,500円

返済方法は銀行振り込みのみ。カードローンではない(カードが発行されない)ためATMからの返済はできません。

銀行振り込み手数料は利用者が負担します。

毎月の返済日は契約時に決めますが、その期日までに最低返済額以上を返済します。

ここがフタバのデメリット。

返済方法に口座引き落としもATM返済もないことで面倒に感じます。

インターネットバンキングからも振込みによる返済ができます。ネットバンキングであれば通常の銀行振り込み手数料よりも低くなっているので負担が少なくなるでしょう。

関連記事

  • ユニーファイナンス

  • フクホー

  • エフォートコーポレーション

  • マンモスローン

  • 消費者金融プランは店舗もある正規の消費者金融

  • キャレント