1. お金借りるトリセツ
  2. 中小消費者金融
  3. 契約時には保証料があるアルコシステム

契約時には保証料があるアルコシステム

 2017/12/24 中小消費者金融   669 Views
アルコシステム

兵庫県姫路市で1983年から営業している振込キャッシング専門の業者です。老舗の業者ということは(登録更新回数はなんと12回にも上ります。)ヤミ金ではありません。

兵庫県中播磨県民センター長(12)第50158号

これがアルコシステムの貸金業登録番号。(12)というのは3年ごとに更新が必要になる登録を12回行っているということ。

つまり創業から36~39年経っていることになります。

また、貸金業法改正後にたくさんの消費者金融の経営が立ち行かなくなりました。
改正貸金業法が完全に施行となった2010年以降も営業が続いている 点は、申込者にとって安心材料になります。

カードローンではなく証書貸付、つまり一度借りて増額を希望するときには再度申し込みが必要になります。

闇金ではなく正規の消費者金融ではありますが、気になる特徴があります。

  • ネット申し込みのみ
  • 専業主婦、自営業者は利用不可
  • 債務整理中は可能性が低い
  • 保証料が必要
  • 申し込みフォームに配偶者情報も詳しく入力
  • 増額は再度申し込みが必要
  • ダイレクトメールなどのハガキが届く
アルコシステムのお申込みはこちら

審査落ちは避けたいけど誰でも融資を受けられる?

中小消費者金融は、柔軟な審査対応をしているところが多くあり、誰でも借入ができるのでは?と安易に考えてしまいがちです。しかし、どんな大手でも小さなところでも順守しているのは同じ貸金業法です。

アルコシステムは他社からの借り入れが多い方にも対応できるという幅広いもの。しかし実際にアルコシステムに問い合わせてみると、審査に通る可能性の低い方がみえてきました。

パートアルバイト
他社からの借り入れ4社まで
無職 ×
専業主婦 ×
自営業者 ×
債務整理中
他社返済遅延中 ×

○・・・審査に受かる可能性が高い

△・・・申し込み時に相談をしてどのようにして返済をするのかを明確にすれば可能性がある

×・・・審査落ち

債務整理を行った方や、他社からの借り入れ件数が多い方には相談に応じているものの、無職と自営業者は審査に通らないことがわかりました。

20歳以上でアルバイトなどによる収入を得ていれば学生でも申し込みができます。

2chなどでアルコシステムは審査が甘いなどと言われていたのは過去の話です。現在のアルコシステムは甘い審査ではなく、債務整理をした方にはかなり審査は厳しいといえるようです。

融資限度額は低い!少額キャッシング向け

アルコシステムの極度額は50万円まで。少額キャッシングであることがわかります。

申し込み後の審査によって融資額が決まりますが、実際の利用者の声を確認してみるとみえてくるものがあります。

アルコシステムでは他社からの借り入れ件数が4社までには申し込みを受け付けています。つまり、アルコシステムをあわせて5社まで対応しているということ。

借り入れ件数が多い方は99000円が融資額として決められる傾向があるようです。

この理由として考えられるのは「10万円未満の借り入れには金利20.0%が適用できる」という利息制限法があるからでしょう。

一方で、他社からの借り入れがない方、もしくは正社員として月収が高い方は20万円~30万円の融資額が決められていることも特徴的です。

限度額50万円までとなっていますが、

  • 他社からの借り入れ件数が多い方は10万円未満
  • 他社からの借り入れがない方は10万円以上

このように分けられている傾向がみえてきます。

また、アルコシステムは消費者金融のため総量規制の対象です。

総量規制とは

貸金業法では総量規制という法律が定められています。

個人が貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠)で借りられる合計は年収の3分の1まで

とするもの。ここに銀行カードローンや自動車ローンなどは含まれていません。

つまり、年収300万円の方なら消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借りられる額は100万円が限度になります。

この総量規制があるため個人は年収の3分の1が借り入れの限度。他社からの借り入れがなくても、ブラックになっていなかったとしても、収入に応じた融資額が決まります。

担保や保証人は不要

担保、保証人ともに原則として不要です。

この「原則」という言葉が気になり、これもまたアルコシステムに問い合わせました。

原則として担保、保証人は不要ですが審査によって融資が難しいと判断された場合、保証人や担保をつけることで融資ができる場合もあります。

担保となるのは主に不動産です。また保証人の審査もあるため、「担保、保証人の用意ができますか」となった場合にはかなり厳しい状況だと判断したほうがよいでしょう。

保証料がかかるという不安要素

ただし気をつけなければならないのは保証料がかかること。これがアルコシステムが闇金と混同される原因でもあります。

一般的に消費者金融では保証料を徴収するところはほぼありません。

アルコシステムでは保証料として、融資額の10%を支払うことになります。

審査に通って融資を受けたときに10%が引かれることになるため希望の融資額は10%が引かれた金額を考える必要があります。実際にアルコシステムでは「希望額」という言葉は使わず「お手元に必要な額」という言葉を使っています。

無店舗型のアルコシステムの申し込みはWEBのみ

アルコシステムでは申し込みはWEBのみ受け付けています。創業は1983年の老舗です。一昔前には店舗での融資を行っていましたが、ネット申し込みに絞り全国対応に変わっています。

電話での申し込みはできませんので、WEBの申し込みフォームを利用して手続きをスタートしましょう。

以下の方は申し込みができません。

  • 健康保険未加入
  • 他社からの借り入れの返済が滞っている方
  • 未成年者
  • 紹介屋に仲介されている方

必要書類の準備

本人確認書類と収入証明書類が必要です。どちらもいずれか一点用意しましょう。

本人確認書類 健康保険証
運転免許証
収入証明書類 給与明細書
源泉徴収表

申し込みに記入する内容が多い

申し込みフォームに記載する内容をみてみましょう。アルコシステムに申し込みをした方、申し込みを検討した方が最も不安に感じるのが実はこの申し込みフォーム。

入力内容が多いだけではなく、なぜそこまで?という項目があります。

  • 借り入れ希望金額
  • 使い道
  • 配偶者の承諾
  • 他社からのキャッシング利用状況
  • 債務整理等の経歴
  • 免責決定事項(自己破産の場合)
  • 国籍
  • 婚姻歴
  • 氏名
  • 生年月日
  • 勤務先名称
  • 業種
  • 仕事内容
  • 会社の規模
  • 入社年月
  • 月収
  • 年収
  • 雇用形態
  • 保険証種別
  • 勤務先電話番号
  • 自宅住所
  • 自宅電話番号
  • 自宅の形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 住宅ローンや家賃の支払額
  • 自宅の権利者
  • 世帯主
  • 子供の人数と年齢
  • 配偶者情報の詳細

入力する項目は一般的な消費者金融と大差ありませんが気になる項目があります。

配偶者の承諾の項目には

  • 内緒
  • 知っています
  • 必要なら話せます
  • 保証人になります

この4つの選択項目があります。配偶者に借り入れの事実を伝えていない場合には配慮してもらうことができます。

また、配偶者情報の詳細を勤務先電話番号も含めて記入する必要があるため、事前に配偶者に相談が必要です。

実はこの申し込みフォームが利用者の評判の中でも不安の種として目立ちました。なぜ配偶者の情報をここまで申告しなければならないのか不安に感じるのは当然のこと。

アルコシステムに確認したところ、収入が少ない主婦や他社からの借り入れが多い場合などは配偶者が保証人として必要になることがあります。

最短即日利用、でも可能性は低い

アルコシステムでは最短で申し込んだ日のうちに、銀行口座への振込融資を実行できることもありますが審査に時間がかかる、もしくは銀行休業では即日の借り入れはできません。

土・日・祝日・年末年始・夏期など休業日には即日審査回答はできません。また金融機関の振込対応時間に応じますので、審査結果が出た時間帯によっては即日振込を受けられません。

アルコシステムの年末年始や夏期休暇に関しては、事前にウェブサイトで案内されますので確認しましょう。

土日祝日と年末年始は休業しています。平日の営業時間も明確になっていませんが、確認してみたところ10時~17時までなら電話対応ができるとのことです。

勤務先への在籍確認が必須

勤務先に直接電話をして在籍していることを調査する審査です。アルコシステムという名前ではなく、審査担当者が個人名で電話をするので消費者金融となのることはありません。

ただし在籍確認は必須項目となっており、この手続きが完了しなければ審査は先に進みません。

申し込みの流れを最終チェック

  1. アルコシステム公式ホームページから申し込みフォームに入力
  2. 必要書類の提出
  3. 審査開始
  4. 在籍確認
  5. 審査可決、否決の連絡
  6. 郵送による契約
  7. 融資

アルコシステムの金利は中小消費者金融の平均

金利は15.0%~20.0%です。

大手消費者金融の上限金利は18.0%、中小消費者金融でも上限金利が18.0%を下回る金利が増えている中、アルコシステムの上限金利は20.0%、高いと感じることでしょう。

金利の仕組みを知るためには利息制限法を理解している必要があります。

利息制限法とは

元金(借りた額)に対して消費者金融側が設定してもよい金利の上限を定めている法律です。

元金 上限金利
10万円未満 20.0%まで
10万円以上100万円未満 18.0%まで
100万円以上 15.0%まで

これ以上の金利を設定した場合、消費者金融は行政処分の対象となり、さらに出資法上限金利(20.0%)を超えた場合には刑事罰の対象となります。

かつて問題になったグレーゾーン金利には今も過払い金請求という消費者金融にとって大きな代償が伴っています。現在、利息制限法以上の金利を設定する正規の消費者金融はありません。

アルコシステムの金利は15.0%~20.0%です。利息制限法に当てはめてみてみると

  • 10万円未満の借り入れは20.0%以下
  • 10万円以上の借り入れは18.0%以下

この金利が適用されることがわかります。

 

 

 

返済は銀行振り込みのみ

返済回数は1〜60回、返済期間は最長で5年間になります。

大手消費者金融であればカードローンとなりカードが発行されるためATMからの返済が行えます。また銀行引き落とし、インターネット返済も当然の返済方法として用意されていますが、アルコシステムの返済方法はひとつ、「銀行振り込み」のみです。

気をつけなければならないポイントは

  • 振り込み手数料は自己負担
  • 銀行休業日と返済日が重なっている場合
  • 返済し忘れ

返済日が銀行休業日(土日祝日)と重なっていた場合にはその前日には返済を済ませておきましょう。

返済額を早見表でチェック

最低返済額は公式ホームページ上に表記されていないものの返済早見表があります。

例えば5万円を借りた場合に、元利均等方式を選ぶなら何回に分割して返済するかによって、1回分の金額と総支払額と利息額がわかるようになっています。

もっとも多くの方が融資額に設定される金額、99000円をみてみましょう。

返済回数 毎月の返済額 利息総額 返済総額
6回 17475円 5911円 104911円
12回 9170円 11102円 110102円
18回 6411円 16481円 115481円
24回 5038円 21995円 120995円
36回 3679円 33542円 132542円

返済額の違いが返済総額、利息の支払い総額に大きく影響していることがわかります。

ただし、利息を抑えたいという利用の仕方と、毎月の返済に負担が少ないようにという利用の仕方があります。

例えば36回払いをみてみましょう。毎月の返済額は3679円と低くなっており毎月の負担は抑えられますが支払う利息は33542円と高くなっています。

利息を多く支払うことがわかっていても、毎月の返済の負担を抑えたい方もいるでしょう。

アルコシステムのホームページには融資額ごとの返済早見表があります。返済額を重点にするのか、利息の支払いを抑えるのか、自分にとって最重要となるポイントをしっかりと確認しましょう。

返済計画はローン利用前にはとても重要なので、きちんとシミュレーションしてから借入額を決定しましょう。

増額・再融資はもう一度申し込み

WEBで増額・再度の申し込みができます。初回の申し込みと同様に、確認事項に同意して増額、再申し込みの手続きを始めます。アルコシステムは証書貸付ですから、借りる都度申し込みが必要になります。

限度額を決めておき、その範囲で借りられる大手消費者金融のカードローンとは借入方式が違っているので注意しましょう。

紹介キャンペーンの条件は厳しい

アルコシステムでは現在(2018年3月11日)友達紹介キャンペーンを行っています。紹介した友達や知人がアルコシステムに新規申し込みをし、利用額が15万円以上の場合最高で1万円プレゼントとなります。

ただし利用額が5万円未満なら謝礼はなし、5万円以上15万円未満なら謝礼は5,000円です。

紹介された方が利用した月の翌月末日までに、契約者の銀行口座に振込みで入金があります。

20歳以上の安定した収入がある方がアルコシステムの申し込み条件です。そのため次の方は紹介できません。

  • 無職
  • 自営業
  • 専業主婦
  • 年金受給
  • 生活保護
  • 20歳未満

中小消費者金融では友達紹介は一般的に使われているサービスの一つです。しかし、アルコシステムはその利用条件となる金額が高くされています。それでいながら融資額は10万円未満が多いことを考えると実際に紹介をしても適用されることは少ないと考えられます。

アルコシステムの評判

  • 2度目の利用です!前回利用後何年か経っていましたが、今回もスムーズでした。
  • 小さな消費者金融のようですが、営業年数が長かったので安心でした。
  • 証書貸付しかないので、「もうちょっと借りたい。」と思ったときに不便です。
  • 消費者金融の最高金利は18.0%のところが多いので、ちょっと高いかなとは思います。
  • 審査時間が短くて即日融資できました。
  • 保証料が納得できません。

アルコシステムの口コミは?

急いでいましたので、即日振込融資にも対応していて助かりました。ハガキがきていたので申し込みをしましたが今考えればいまどきDMがある消費者金融も珍しいと思います。闇金じゃなかったからよかったもののもう少し慎重に考えてもよかったかなと思います。
大手以外で初めて選んだのがアルコシステムでした。WEBしか申し込みができなかったのですが、特に不便はありません。ネット申し込みをしてから、実際に自分の銀行口座にお金が振り込まれるまでは瞬く間でした。審査が以前より厳しくなっている、借りられる額が低くなっているという噂も見かけていましたが、すんなり希望額通りに可決になりました。
自己破産をして8年。ブラックでも相談に応じるという話を聞いていましたがまったくだめでした。とにかく申し込みフォームに記入する内容が多かったことと配偶者に連絡するのではないかと考えられる内容があったので不安でしたが結局審査に通らなくってよかったように思います。
アルコシステムのお申込みはこちら

関連記事

  • 消費者金融エース株式会社に問い合わせてみた

  • キャレント

  • 消費者金融プランは店舗もある正規の消費者金融

  • ユニーファイナンス

  • アロー

  • いつも