1. お金借りるトリセツ
  2. アコム
  3. アコムのカードを使って利用できるATMと手数料

アコムのカードを使って利用できるATMと手数料

 2017/12/24 アコム   309 Views

大手消費者金融のアコムは、使い勝手のよさも魅力のひとつです。

借りる、返すがしやすいのはカードローンならではの「ATMが使える」というのが大きいでしょう。私たちの身近にはさまざまな場所にATMがあります。デパート、ショッピングモール、駅、スーパー、そして便利なコンビニ。

早く完済をするためにもATMを活用していきましょう!

アコムで使えるATMと手数料

実に豊富に用意されているアコムのカードが使えるATM。アコムの専用ATMだけではなく提携ATMも豊富に用意されています。

24時間利用ができる手数料無料のアコムATM

全国のアコム店舗に設置されているATMでは借り入れや返済ができます。
24時間営業で、手数料も無料。年中無休

となっているためいつでも利用ができます。

2015年時点で
アコムATM設置数は1112台

大手のプロミスが1157台、アイフルが483台となっているため非常に多い台数が設置されていることがわかります。

ただし多いとはいっても近くにあるとは限りません。またアコムATMであるために「アコムを利用している」ことが一目瞭然です。その不安があるために使わないという方も多くいます。

手数料はかかるけれども提携ATMは豊富

提携ATMは利用手数料が掛かります。そのため返済時には利用を避けたいものですが、どうしてもという急な借り入れの時には頼もしい味方になるはずです。

利用手数料は、借り入れ、返済ともに取引金額に応じて決まっています。

取引額1万円以下・・・手数料108円

取引額1万円超・・・・手数料216円

大手銀行やコンビニATMも利用ができます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • コンビニATM E-net
  • ローソンATM
  • イオン銀行ATM

そのほか地方銀行のATMも利用ができます。

  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 第三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン

コンビニであわてないために!ATMの手順をチェック!

提携ATMの利用方法をご説明します。ここではセブン銀行を例にしており、他のATMの場合には多少の違いがある場合もありますが基本的には同じ流れです。

借り入れ方法
  1. ATMにカードを入れる
  2. 「ご希望の取引を押してください」と表示されるので「ご出金(借入)」を選択する
  3. 4桁の暗証番号を入力する
  4. 借入金額を入力する
  5. 取引内容に問題がなければ「確認」を押す
  6. 明細票とカードを受け取る
  7. 紙幣の受け取り
返済方法
  1. ATMにカードを入れる
  2. 「ご希望の取引を押してください」と表示されるので「ご入金(返済)」を選択する
  3. 4桁の暗証番号を入力する
  4. 入金する口座を選択(カードローン)
  5. 紙幣を入れる
  6. 取引内容に問題がなければ「確認」を押す
  7. 明細票とカードを受け取る

ATMを活用すると完済が早まる

早く返済をすることで利息の負担を大きく軽減することができます。もちろん早く借金がなくなるという精神的な負担の軽減にもつながります。

アコムは返済に口座引き落としが利用でき、毎月の返済を確実に行うためには欠かせない返済方法ですが、これだけでは毎月最低返済額が引かれるだけでなかなか返済は進みません。

基本の返済方法を口座引き落としにしながら、余裕があるときにはATMを使った追加返済をするなど積極的に返済をしていくことをお勧めします。


アコム

関連記事

  • 楽天銀行口座があればアコムはもっと便利に!

  • アコムの借り方(即日融資はネット申し込みを併用する)

  • アコムの35日ごとの返済って便利なの?

  • アコムで30日間無利息を活用して利息を抑える方法

  • アコムの会員サービスにログインできない時の対処法

  • アコムの金利でも利息を抑える簡単な方法