1. TOP
  2. 闇金相談
  3. 中小消費者金融と闇金は見分けられるのか!?

中小消費者金融と闇金は見分けられるのか!?

 2017/12/24 闇金相談   51 Views

消費者金融はどれだけあるの?

消費者金融として分類されるのではなく、貸金業者としての分類であればはっきりとした統計があります。日本貸金業協会では月次データを公開しています。

2017年6月現在で貸金業者は1845件、そのうち287件が2つ移動の都道府県にまたがる営業をしており店舗を展開しています。

逆に1558件は都道府県をまたぐことなく地域での営業をしており中小貸金業者として数えることができます。

財務局認可

店舗展開をしており複数の都道府県にまたがって営業をしている場合には財務局の許可が必要になります。

都道府県知事認可

都道府県内だけで営業をしており他の県にまたがっていない場合には本店のある都道府県の知事からの認可が必要になります。

中でも日本貸金業協会に登録をしている消費者向け無担保化資金業者、いわゆる一般的な消費者金融になりますがその数は2017年6月現在で401件です。

財務局認可を受けている貸金業者が日本貸金業協会に登録をしている割合は93.7%、一方都道府県認可を受けている中小貸金業者では登録の割合が55.6%です。

そのため、現在日本か資金行協会に登録している
401件よりは多い消費者金融がある

と推定されます。

中小消費者金融が実は多い

大手消費者金融に数えられる消費者金融は数が限られます。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

三大大手消費者金融と呼ばれるいわば3トップの消費者金融のほか、最近インターネット専業消費者金融としてその知名度を明確にしたモビットもまた大手としてカウントできるでしょう。

しかし中小消費者金融となればどうでしょう。明確に消費者金融であることがわかっている401社だけでも、その中の大手4社以外は知名度が高いかといえばほとんどが知らないはずです。

そこが正規の消費者金融であるかどうかが定かではないところから借りること、これに恐怖を感じなくてはなりません。

つまり、正規の消費者金融か止み金貨の判断がつかないところは危険だということ。

あえて判断がつかないところから借りる理由はありません。

確かに中消費者金融には大手消費者金融と違った独自審査があるため多少不安がある信用状態だったとしても審査に通る可能性はあります。問題は「間違いない消費者金融かどうかが問題だ

」ということ。

合わせて読みたい記事

審査が甘いとされる中小消費者金融一覧を人気順にランキング

はっきりと見分けられないときには選ばないこと!

正規の消費者金融かどうか判断がつかない場合には選択肢から除外するに限ります。

万が一間違って闇金から借りるようなことになってしまえば信じがたい暴利に苦しむ毎日です。


関連記事

  • 闇金の金利は利息制限法を無視している

  • 勝手に貸す?闇金の押し貸し

  • 大きな恐怖、闇金が提示する利息だけの自由返済

  • 闇金とグルの提携弁護士・提携司法書士とは?

  • 債務整理中に闇金から借りられるワケ

  • 闇金の電話がしつこい!会社にも!?そんなときの対策は?