市から・国からお金を借りる制度記事一覧

母子家庭、父子家庭、というくくりが少なくなり、現在は「ひとり親家庭」と呼ばれることが多くなりました。一昔前であれば、母子家庭への手当てが充実している中、父子家庭には目立った公的救済もなく、生活がままならないという現状があったものです。ひとり親家庭への児童扶養手当、受給者の所得から計算された支給額があります。毎月の支給ではないものの、大きな金額になるため家計に助かる手当てになっていることでしょう。児...

低所得者、高齢者、障害者の生活を経済的に支えることを目的とした貸付制度があります。生活福祉資金貸付制度は、実施主体が都道府県社会福祉協議会で、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口になっています。カードローンのように決めれた融資限度額の範囲を自由に使えるローンとは違い、目的に合わせた資金の融資です。また返済計画を含めた十分な相談と今後の相談支援を含めた貸付制度になっています。貸付対象となる条件低所得者...

年金担保融資制度とは「年金担保としての融資を唯一法律で認められた制度」です。保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合に利用できます。平成22年12月、閣議決定によって年金担保融資事業は廃止されることとなりました。そのため平成26年12月から年金担保融資の取り扱い内容が変わっています。融資限度額の変更年間の年金支給額の1倍以内から...

日本政策金融公庫の教育一般貸し付けは「国の教育ローン」です。一度に大きな金額を受け取れるほか、低金利ではありますが、やはり国のローンというだけあって審査が厳しいというのは傾向としてあるようです。世帯年収200万円以下なら優遇制度も中学校卒業以上のお子様のさまざまな学校、用途に対応しています。対応学校大学・大学院、短大、高校、高専専門学校、各種学校、予備校、デザイン学校など対応教育資金入学金、授業料...