市から・国からお金を借りる制度

市から・国からお金を借りる

市から・国からお金を借りる制度記事一覧

母子家庭、父子家庭、というくくりが少なくなり、現在は「ひとり親家庭」と呼ばれることが多くなりました。一昔前であれば、母子家庭への手当てが充実している中、父子家庭には目立った公的救済もなく、生活がままならないという現状があったものです。ひとり親家庭への児童扶養手当、受給者の所得から計算された支給額があります。毎月の支給ではないものの、大きな金額になるため家計に助かる手当てになっていることでしょう。児...

低所得者、高齢者、障害者の生活を経済的に支えることを目的とした貸付制度があります。生活福祉資金貸付制度は、実施主体が都道府県社会福祉協議会で、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口になっています。カードローンのように決めれた融資限度額の範囲を自由に使えるローンとは違い、目的に合わせた資金の融資です。また返済計画を含めた十分な相談と今後の相談支援を含めた貸付制度になっています。貸付対象となる条件低所得者...

年金担保融資制度とは「年金担保としての融資を唯一法律で認められた制度」です。保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合に利用できます。年金担保融資の審査対象者次の証書を持っていること(現在年金の支払いを受けていること)厚生年金保険年金証書 (厚生年金基金および企業年金連合会から支払われるものは対象害外)国民年金・厚生年金保険年金証...

国の教育ローンでお金を借りる

我が子が希望の学校に入学が決まった、これほどうれしいことはありません。しかし心配になるのはその学費。入学金以外にも毎月学校に納めなければならないお金があります。本来であれば勉学に専念させなければならない我が子、しかし学費の不安はつきることはありません。東京都専修学校各種学校協会加盟校の平均額があります。初年度納入金平均額は122万9千円。卒業までの年数分支払うこととなり入学前に一度払うものではあり...

定期預金通帳、定期預金証書を利用中の場合申し込み方法ゆうちょ銀行窓口に申し込みをします。書類記入と届出印が必要です。返済方法決められた返済日に指定口座に返済額を入金、自動引き落としで返済となります。返済回数が決められていますが、定期預金の満期日までに完済をします。総合口座通帳を利用中の場合申し込みの必要なし総合口座通帳を作ると自動的に付加サービスとなるのが貸越機能です。普通預金残高を超えた引き出し...

現在決まった仕事がなく、失業保険もなく(もしくは終わった)、アルバイトなどのわずかな収入しかない状況であれば、ハローワークで職業訓練を受けながら月10万円の給付金(職業訓練受講給付金)をもらい、さらに給付金とは別に生活費として月10万円を貸してもらえるかもしれません。これは国からお金を借りられる制度の一つで、「求職者支援資金融資」と呼ばれています。求職者支援資金融資を受けられる前提として「職業訓練...

ハローワークの職業訓練を受ける人で、失業保険を現在もらっていない人は生活支援として給付を受けられます。職業訓練受講給付金の審査対象となる方求職中で、かつ失業保険をもらえない(終了もOK)本人収入が月8万円以下(給与・年金・仕送り・養育費などの計)世帯収入が月25万円以下世帯全体の金融資産(現金・預金・株・投資信託など)が300万円以下自宅以外の不動産を所有していない職業訓練日に休まず出席できる世帯...

終身雇用が危うくなり、変化の早い現代社会において、自分で起業してみたい!という方は少なくないでしょう。業種にもよりますが、新たに事業を始める時には一定の開業創業資金が必要になります。事務所や店舗の賃料賃借等にかかる不動産取得費、設備費などの初期コストとあわせて、仕入れや人件費などの備品の購入・当面の運転資金などの準備が必要です。莫大な開業資金が必要になりますが、自己資金で足りなければ当然借入という...