借金癖は病気なの?借金癖の特徴とカウンセリングの治療法

借金癖の特徴とは

なぜ借金を繰り返してしまうのか。
借りたら返さなければならず、返すことができないまままた借りてしまう。返せなくなることがわかっていながら借金を繰り返してしまう。
なぜそんなことになるのでしょうか。

 

自分が借金癖に悩んでいるのか。それとも家族や親しい人が借金癖があるためにあなたが悩んでいるのか。

 

借金癖がある方にはどんな特徴があるでしょうか?

 

時間も労力もかけて働いてようやく手に入れた給料、それに比べて簡単な手続きで借りられるお金。
お金を借りることが簡単だったと思ったとき、借金癖が始まってしまいます。

 

自分に甘い

繰り返し借金をしても、苦しい思いをしても、最終的には何とかして返すことができている。
返すためにお金を用意する方法がたとえ借金によるものだったとしても、何とかして返せているのであれば働かずして用意できるお金は「楽」と感じてしまうでしょう。

 

つまり自分に甘さがあるのは最大の特長といえます。

 

見栄っ張り

自分にお金がないこと、財布の中が寂しいことを親しい人や恋人に隠しておきたい見栄が借金で財布を膨らませようという考えに直結してしまう方は少なくありません。
お金にだらしがないのとは若干違い、不相応な見栄が借金による解決の道をみつけてしまいます。

 

借金が減らない

通常であれば借りたら返すのがキャッシングです。
返してもいないまま、もしくは借金が残っている状態で新たな借金をしてしまう。
いつまでも借金が減らないどころかじわじわと増えていく傾向があります。

 

言い訳が多い

今回だけ!絶対に返すから!
こんな言葉で何度も借金を繰り返し、返すときには決まったように「もう少しすれば返せる!」
言い訳ばかり。返そうとする努力ではなく、口だけでなんとか難を逃れるための策を練ります。

 

借りる先を見定める

消費者金融から借りるのか、闇金に手を出してしまうのか、そんな借金癖ばかりではなく友人知人に借金の申し入れをする人も少なくありません。
強くいってこないだろうという間を見つける能力には長けています。

 

借金癖は病気なの?

大人の発達障害

今、社会的にも大きな問題として取り上げられるようになったのは大人の発達障害です。
100人に数人程度の割合で生じるもので、知的障害を伴わないことが多く根本的な治療は未だにありません。

 

そしてさまざまな症状がありますがその中の一つに、見えないものへの理解度の低さという特徴も言われています。
現金であれば管理ができるものの、カードローンやクレジットカード、お財布ケータイなどの実際に現金を扱わずにお金の利用ができるものに関しては計画的な利用が難しく、借金地獄に落ち入りやすい傾向もあるとされています。

 

借金依存症

買い物をせずにはいられない買い物依存症、ダメだとわかっていながらやめられないギャンブル依存症があるように、借金することがやめられない借金依存症もあります。

 

依存をしている場合には精神科に相談する必要があります。
また、JCCO公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会などでもカウンセリングを行っています。

 

国民生活センターでも無料相談を受け付けています。

 

借金をやめなければならないことがわかっていながらどうしてもその理解ができない場合には、個人的な性格の問題ではないことも考えられます。

借金癖は治るの?

借金癖を治すことは簡単なことではありません。
例えば、一度借金を清算し二度と借金はしないと誓っていながら、数年たって借金に今一度手を出してしまえばそこから「確かにあの時返済はできた」という思いから同じ過ちを繰り返してしまうことは少なくありません。

 

人から借りるのではなく消費者金融などからの借金がメインであれば、日本か資金行協会に連絡をして新たな借入ができないように登録をすることもできます。

 

貸付自粛制度で借金ができないようにする方法

 

やめることができないなら、借りられない状況を作る。
それもまた一つの有効な道でしょう。