借金があってもお金は借りられる?

借金があってもお金は借りられる?

他社からの借り入れがあってもお金が借りられるケースと、難しいケースがあります。まず、重要に考えなければならないのは「総量規制」と「他社からの借り入れ件数」です。

 

そして「どこから借り入れるのか」もよく考える必要があります。

 

総量規制オーバーでも借りられる?

まずは総量規制について考えましょう。

 

総量規制とは貸金業法の中の法律です。
貸金業とは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など。他にもリースなどはありますが一般的に私たちのキャッシングに関係するものでは消費者金融からのキャッシングとクレジットカードのキャッシング枠だけを考えていていいでしょう。

 

私たち個人は、貸金業者から借入ができる金額の上限が総量規制によって決められています。
それは「年収の3分の1まで」です。

 

年収が300万円の方であれば貸金業者から借入ができる上限が100万円までとなります。

 

つまり、総量規制の上限に達していると消費者金融からの借入はできません。

 

実際の借入額が総量規制の上限に達していなくても、融資限度額の合計が年収の3分の1に達していれば借りることはできません。

 

総量規制とは?

 

借入が多くても借りられる?

他社からの借入で審査に不利になるのは「借入額」ではなく「借入件数」です。
実際に何社からの借入があれば審査に通らないという明確な数字があるわけではありませんが、「3社以上」は厳しいと考えたほうがよいでしょう。

 

申し込みをする前に、借入件数を減らせる場合もあります。
例えば借入可能額に余裕があるケースです。

 

A社の融資限度額30万円、実際の借入額10万円
B社の融資限度額30万円、実際の借入額20万円

 

このような場合、どちらか金利が低い方に借入額をまとめることもできます。

 

A社の融資限度額30万円にB社の借入額をまとめて、借入額30万円
B社の借入残高0円

 

 

このときに注意しなければならないのは、B社との契約を解約することです。解約しない限りは借入残高が0円だとしても借入件数にカウントされています。


 

お金を借りたいけど借りられない

他社からの借り入れがあり、借りたくても借りられない状況にある方もいるでしょう。

 

「借りられない」と判断したのはどうしてでしょう。
それは「どこかに申し込みをしてみた」からではないでしょうか。

 

チャレンジしてみた借入先はどこだったでしょうか。
・他社からの借り入れ件数が多い
・総量規制に抵触している
自分の状況をしっかりと理解しなければ申し込みをするだけ無駄になるのは間違いありません。

 

@銀行カードローン
A消費者金融

 

残念ながらこれらへの申し込みは向いていません。審査に落ちても当然といえるでしょう。

 

銀行カードローンは他者からの借り入れ件数が多ければ審査に通りにくい傾向があります。3社以上の借入があるときには銀行カードローンを諦めたほうがよいでしょう。

 

消費者金融は総量規制(年収の3分の1)以上の貸付はできません。借入ができないのではなく、貸付ができないのです。
銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、そもそも消費者金融で貸付ができない額を銀行が融資できるかといえば難しいでしょう。

それでも借りたいなら国や自治体の貸付も

現在の状況によって国からの貸付制度が利用できる場合もあります。

 

・ひとり親家庭の場合
母子父子寡婦福祉資金貸付金

 

・低所得者世帯、障碍者世帯、高齢者世帯の場合
生活福祉資金貸付制度

 

・年金受給者の場合
年金担保融資制度

 

借入をしたい!でも、激甘審査ファイナンスは危険!!

どうしても借りたい、でも借りられないときこそ、闇金には細心の注意をしなくてはなりません。
今まで目に付かなかった闇金の広告がどんどんと目に入ってくるようになるのがこの時期です。

 

借金に困窮している状態でないときには「審査なし」も「ブラックOK」もこれほど怪しいものはないと思っていたことでしょう。
苦しい今なら、もしかすればという甘い考えが浮かんでは消え、浮かんでは消えとなっているのではないでしょうか。

 

冷静な判断を忘れないように、闇金に騙されることがないようにしなければならないのは今だからこそです。