自己破産でも生活の再建ができていれば融資可能なところがある

自己破産でも融資可能?

自己破産をすると銀行カードローンでも大手消費者金融でも借りることができません。その理由は、事故情報、つまり「ブラック」になっているから。

 

自己破産でも借りれる銀行は・・・ない!

銀行カードローンや大手消費者金融ではコンピュータによる自動審査を採用しています。自動審査とは、申込書に入力された内容をコンピュータが属性ごとにスコアリングをしています。スコアリングとは採点のこと。

 

自動審査のため、審査が早いという特徴がありますが一方でシビアであることも事実。個人信用情報機関に過去の債務情報を照会したときに、自己破産が明らかになれば審査に通ることはありません。

 

結論は、「銀行カードローンや大手消費者金融からは借りられない」けれども、「中小消費者金融なら可能性がある!」です。

 

合わせて読みたい記事

審査が甘いとされる中小消費者金融一覧を人気順にランキング

 

自己破産後でも融資ができるのは中小消費者金融

中小消費者金融では独自審査を採用しています。もちろん銀行カードローンや大手消費者金融のように、申込書を確認してスコアリングをします。
個人信用情報機関に照会をして過去や現在の債務情報を確認します。勤務先に電話をして在籍を確認します。

 

しかし、中小消費者金融では「話を聞く」時間も審査の一つ。
自己破産をしていれば融資を受けられないという法律はありません。金融機関共通の判断で「自己破産をしているということは返済能力がない」としているだけです。

 

自己破産をしていても少額のキャッシングで返済するあてがあるのであれば実は融資が可能。
まずはどのようにして返済をするつもりなのかを明確に説明できる準備をして申し込みに望みましょう。

 

 

自己破産をしていても審査の対象となるのか中小消費者金融に確認をしてみると、今回確認したすべてで相談可能となりました。


 

中小消費者金融 実質年率 自己破産でも審査対象になるか
ライフティ 8.0%〜20.0% 相談できます
フクホー 7.3%〜20.0% 相談できます
中央リテール 10.95%〜13.0% 相談できます
アロー 15.00%〜19.94% 相談できます
スカイオフィス 15.0%〜20.0% 相談できます
ニチデン 7.3%〜17.52% 相談できます
アスカキャッシング 18.0%〜20.0% 相談できます
ハローハッピー 10.0%〜18.0% 相談できます
アルコシステム 10.950%〜20.000% 相談できます
エフォートコーポレーション 15.0%〜20.0% 相談できます
ユニーファイナンス 12.00%〜17.95% 相談できます
セントラル 4.8%〜18.0% 相談できます
いつも 7.0%〜18.0% 相談できます
フタバ 14.959%〜17.950% 相談できます
アルク 10.0%〜18.0% 相談できます
プラン 15.0%〜20.0% 相談できます
キャレント 7.8%〜18.0% 相談できます
エス・ジー・ファイナンス 9.85%〜18.0% 相談できます
エース 7.0%〜20.0% 相談できます
ユーファイナンス 7.3%〜15.0% 相談できます

 

労金で自己破産者に融資しているという噂が・・・

実は本当です。
全国労働金庫協会は自己破産者に生活資金を融資する制度を導入しました。
貸金業法が改正され、消費者金融から借りたくても借りられない層が増えることを懸念して進められた制度です、

 

ただし個人への融資ではありません。
企業倒産やリストラなどによる減収によるものと限定しています。

 

自己破産後の即日融資は難しい現状

自己破産という「生活の再建ができないためすべての債務を免責する」という最終手段を使った以上、中小消費者金融でも審査は慎重に行います。

 

@返済方法を明確にする

どのように返済をしようと考えているのか、明確にしましょう。一度自己破産をしていても、仕事をして生活の再建に成功している方は少なくありません。

 

A必要最低限の希望額にする

大きな金額では審査に通るのは難しいでしょう。必要最低限の金額を希望額にして申し込みをしましょう。
基本的には5万円から10万円程度が限度になる傾向があります。

 

審査を慎重に行うため時間がかかる可能性があります。即日ではないと考えて申し込みには余裕を持ちましょう。

 

まだ自己破産の履歴が残っているのか確認しよう!

個人信用情報機関に自己破産の履歴が残っているとすれば5年から10年。自己破産後、1年から5年程度であればまだ自己破産の履歴は掲載されているでしょう。

 

しかし、5年を過ぎていればすでに記録が消滅している可能性もあります。個人信用情報機関に情報開示請求を行うとよいでしょう。

 

合わせて読みたい記事

信用情報の開示請求で照会するデメリットは?