駅でお金借りれるの?電車賃の後日払いは可能?

駅でお金は貸してくれない!

駅でお財布を忘れたとき、お金を貸してといえば貸してくれるのかといえばそれは無理です。

 

ネットで検索してみると「駅員さんが貸してくれた」「感謝してもしきれない!」などの口コミや投稿が目に付きます。ただしそれらのほとんどは「駅員さん個人の対応」です。おそらく哀れに思った駅員さんがポケットマネーで助けてくれたのでしょう。

 

駅でお金を借りることを当てにすることはできません。電車代がないために行くことも帰ることもできなくなった、そんなときの対処法をさがしましょう!

 

suicaの残高不足!お金も持ち合わせがない!

suicaの残高が不足していたことに気がついたけれど手持ちのお金がない!経験がある方も多いでしょう。電車賃として大きな金額には対応できませんが、suicaは実は購入時に預かり金(デポジット)を支払っています。払った覚えがないという方でも心配ありません。すべての方が支払っています。

 

suicaのデポジットを払い戻し

入金残高から手数料の220円を差し引いた額にデポジット500円を加えて返金となります。

 

例えば、カード内に1000円が残っているときには、手数料220円が差し引かれ、デポジット500円とあわせて1280円の返金になります。

 

suicaはあっても現金がない、電車を通勤通学に使っている方にはあるあるです。
まず500円は確保できるということを覚えておきましょう。

 

 

入金残高が220円以下の場合にはデポジット500円のみの返金となるためできるだけ使い切った方がお得です。


 

suicaのデポジットを払い戻す注意点

払い戻しには免許証等の公的証明書が必要になります。
JR東日本以外の駅では払い戻しができません。

 

電車に乗ってて気がついた!現金がない!交番なら!?

suicaを持っているわけでもなくどうしても交通費がない、あらかじめ用意していた切符だけでは足りないというとき、駅には交番が近くにあるためそこに駆け込むという方法もあります。

 

1000円を限度とした交通の必要費を貸してくれる制度です。ただしこの制度は公衆接遇弁償費といって実施していない自治体もありますのですべての地域に対応しているものではありません。

 

交番で警察からお金を借りる

 

電車賃の後日払いってできるの?

一駅分の切符を買うことができるなら、後日精算となる着駅精算も可能です。なぜ一駅分が必要になるのかというと、「電車に乗るためには乗車券が必要になる」からです。鉄道営業法で乗車券を持たない人を電車に乗せてはならないと決められています。

 

 

JR東日本に聞きました!
窓口で「支払猶予願い書」を記入して後日精算ができます。ちなみに、現金がなくてもクレジットカードでの支払いにも緑の窓口で対応しています。


 

駅で気がついた!お金がない、ならタクシーは?

電車に乗る前に気がついたならタクシーという手もあります。自宅に到着してから、お金を持ってくることを伝えて待機していてもらう方法です。

 

ただしこの場合には、必ず支払える状況でなければなりません。払えないとなれば無賃乗車になります。乗車前に目的地でお金を用意してから支払うことで了承してもらえるか確認すると安心でしょう。

 

 

いくつかのタクシー会社に電話で確認したところ、目的地での待機ではなく玄関まで同伴するケースが多いそうです。


 

番外編!今日返せるならキャッシングも利息0円

大手消費者金融なら申し込みから融資まで最短1時間とすばやいもの。金利が気になる、借金は恐いという方も多いでしょう。しかし、金利による利息は借り入れた翌日からカウントが始まります。そのため今日返すなら利息は0円、明日返したとしても金利が18%で1万円を借りたなら利息は5円です。

 

ただし気をつけたいのは大手消費者金融に限った話だということ。プロミスやアコムは、申し込みから融資までの時間が早いだけではなく全国に自動契約機も多く設置されているため非常に多くの方にとって「今すぐなんとかなる」方法です。

 

即日融資も可能なキャッシングなら今日中にお金を借りれる

 

まとめ

  • suicaがあるなら、預かり金のデポジット500円は必ず返金される。ただし、公的身分証明書が必要。
  • 公衆接遇弁償費の制度がある地域の交番なら1000円を限度に交通費を借りることができる。
  • 目的地で支払えるならタクシーの利用も検討。