申し込みブラックでも借りれる消費者金融ってあるの?

多重申し込みは危険視される

申し込みブラックというのをご存知でしょうか。わかりやすくいうと「多重申し込み」のため危険視されるということ。それによって審査からはじかれている状態を申し込みブラックと呼んでいます。
短期間のうちに消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンに申し込みをすると多重申し込みとして判断されます。

 

大手消費者金融や銀行カードローンでは、申し込みブラック=審査落ちです。

 

例えば就職を希望するとき、内定をもらうために複数の企業や会社にエントリーをするでしょう。第一希望が通らなかったときの保険です。もちろん「御社しか受けていません」というでしょう。それは誰にもわからないことです。そして受かった中で自分にとって優先順位が高かったところに就職をするはずです。

 

カードローンで同じコトをすると「御社しか受けていません」は通りません。なぜなら審査では個人信用情報機関に「いつ、どこのカードローンに申し込みをしたのか」が記されているからです。多重申し込みの状態になっていることは一目瞭然です。

 

 

中小消費者金融なら申し込みブラックの状態でも状況に応じて可能性が十分にあります!


 

なぜ中小消費者金融は申し込みブラックを受け入れる可能性があるのか?

複数に申し込みをすることに意図が無いケースは非常に多くあります。カードローンに申し込みをするには共通する理由があります。それが「お金を借りる」というもの。

 

お金を借りるための手段として複数のカードローンに申し込みをして審査に通ったところから借りるというのはごく自然な流れのように感じるでしょう。

 

それが申し込みブラックになるとは知らなかった。

 

多く申し込みブラック経験者が感じていることです。大手消費者金融や銀行カードローンではコンピューターによる自動審査が行われるため、申し込みブラックは否応なしに審査落ちです。

 

しかし、中小消費者金融では基本的に人による審査が行われており、これが独自審査と呼ばれています。最大のメリットは「相談可能な状況が作れる」こと。申し込みブラックになることを知らなかったと、相談することができます。

 

 

中小消費者金融に問い合わせました。こちらが質問をしたのは、「他の消費者金融にも申し込みをしてしまったのですが申し込みの相談には乗っていただけますか?」です。


 

中小消費者金融 実質年率 申し込みブラックの受け入れ
ライフティ 8.0%〜20.0% 状況を聞きます
フクホー 7.3%〜20.0% 相談できます
中央リテール 10.95%〜13.0% 相談できます
アロー 15.00%〜19.94% いつ、何社に申し込みましたか?
スカイオフィス 15.0%〜20.0% 相談できます
ニチデン 7.3%〜17.52% 状況を聞きます
アスカキャッシング 18.0%〜20.0% 相談できます
ハローハッピー 10.0%〜18.0% 相談できます
アルコシステム 10.950%〜20.000% 相談できます
エフォートコーポレーション 15.0%〜20.0% 相談できます
ユニーファイナンス 12.00%〜17.95% 相談できます
セントラル 4.8%〜18.0% 信用情報を確認しなければ回答できません
いつも 7.0%〜18.0% 相談できます
フタバ 14.959%〜17.950% 相談できます
アルク 10.0%〜18.0% 相談できます
プラン 15.0%〜20.0% 相談できます
キャレント 7.8%〜18.0% 相談できます
エス・ジー・ファイナンス 9.85%〜18.0% 相談できます
エース 7.0%〜20.0% 相談できます
ユーファイナンス 7.3%〜15.0% 相談できます

 

今回問い合わせをしたすべての中小消費者金融に可能性があることがわかりました。門前払いではありません。

 

なぜ多重申し込みは嫌われるのか?

この問題を金融会社ではなく個人として考えてみるとわかりやすくなります。自分が貸し手だとするとどうでしょうか?

 

複数の友人に借金の申し込みをしているAさん。自分にもお金を貸してくれと言ってきました。
そこであなたは何を思いますか?

 

  • あっちこっちに借金を申し込んでよほどお金に困っているんだろう
  • ほかの人から借りられるんじゃないか?
  • 貸したところでほかの人に優先して返せば自分には帰ってこないんじゃないか

 

結論を出しましょう。Aさんにはきっと貸さないはずです。

 

これと同じことがカードローンでもあります。お金に困っているのだろう、他から借りられるのだろう、貸しても返せないだろう。複数に同時に申し込みをすると申し込みブラックになるのはこの理由がすべてです。

 

何社に申し込むと申し込みブラック?

実際にカードローン会社に何件からが申し込みブラックとして扱われるのかを確認しても答えは「お答えできません」というもの。それはそうです。申し込みブラックが何件からになるのかが明確になると、その対策を採られるのは当然のこと。そのため何社からの申し込みがブラックになるのかは回答はありません。

 

ただし一般的には1ヶ月以内に3社以上に申し込みをした場合、申し込みブラックと判断しているカードローンが多くあります。銀行カードローンでは「銀行」と「保証会社」の2つの審査があるためそれぞれの判断基準が異なり1ヶ月に2社以上を申し込みブラックとしているケースもあるようです。

申し込みをした情報は消える?

カードローンなどの金融機関に「申し込みをした」という情報は個人信用情報機関に掲載されます。審査に通って契約をしても、審査落ちをしても、申し込みをした事実から記録されています。

 

ただし情報を保有する期間は決められており、申し込みをしたという情報の保有期間は6ヶ月です。審査に落ちて別のカードローンに申し込みをする場合の参考になる期間です。

ブラック状態とホワイト状態

ブラック企業という言葉が浸透しているのと同時に、ホワイト企業という言葉も使われるようになりました。カードローンの審査においてもブラックがあればホワイトもあります。

 

ホワイトは個人信用情報がきれいな状態。遅延も無く他社からの借り入れ状況もきれいで、非常に審査に有利な情報です。むやみに申し込みをするのではなくタイミングを見計らうことは重要なポイントになるでしょう。