ブラックの人がお金を借りる方法はある?

ブラックリストとは?

実際にブラックリストなるものはありません。しかしそれに相当するものが個人信用情報機関で記録されている事故情報です。

 

 

これらの情報は個人信用情報機関に記録されています。

 

日本には現在、3つの個人信用情報機関がありますがそれぞれが独立しており、そこに加盟している金融機関しか情報を照会することも登録することもできません。

 

しかし事故情報は3つの個人信用情報機関で共有されます。それほど重大なことであり、返済能力の低さを明確にしています。だからこそ審査に通らないとされるものです。

 

そのため個人信用情報機関に事故情報が記録されている状態をブラック、もしくは「ブラックリスト」と呼んでいます。

 

ブラックの人がお金を借りる方法はある?

まず、絶対に借りられないカードローンがあります。

 

 

これらのカードローンは、申し込みをすればコンピュータによる自動審査が行われてます。だからこそ早い審査が行われていますがそこには相手がコンピューターのため情に訴えるという方法が通じません。

 

一方、中小消費者金融なら可能性が十分にあります。コンピューターによる自動審査がなく、中小消費者金融それぞれの独自審査が行われています。

 

「どのようにして返済するのか」を伝えましょう。返済計画がしっかりとしていれば中小消費者金融なら十分に可能性があります。

 

ブラックでも融資可能!?そんな広告は危険
ただし気をつけなければならないのは中小消費者金融は闇金と区別がつきづらいこと。正規の消費者金融だと明確になっている中小消費者金融を調べてありますので参考にご覧ください。

 

合わせて読みたい記事

審査が甘いとされる中小消費者金融一覧を人気順にランキング

 

そもそも本当にブラックになっているの?

個人信用情報機関に事故情報があればブラックです。しかし、永久に掲載されているのではなく5年もしくは自己破産であれば10年という期間と決められています。もしかするとすでにブラックは解除されているかもしれません。

 

個人信用情報機関に照会して確認することができます。実際に、個人信用情報機関に情報開示請求を行っていますのでご参考にご覧ください。

 

合わせて読みたい記事

信用情報の開示請求で照会するデメリットは?

 

申し込みブラックでも借りられる消費者金融は?

短期間のうちにカードローンにいくつも申し込みをすると審査に通らなくなります。それは現在の借入件数が少なくても、総量規制に抵触していなくても、属性が高くても関係ありません。
申し込みブラックになります。

 

なぜ申し込みブラックになるのでしょうか?

 

実際に申し込みを繰り返すとブラックリストに記載されるというものではありません。あくまでも各カードローン会社、金融機関の判断です。申し込みブラックになる理由は2つ考えられます。

 

@契約に進んでいない理由を「審査に落ちた」と判断される

複数のカードローンへの申し込みに数日程度でも空きがある場合。例えば、よりよい条件(金利)で借りられるところを選ぼうと契約に進まずに他のカードローンに申し込みをしている場合です。

 

他社に申し込みをしているが契約に進んでいない、ということは個人信用情報機関で明らかになります。それをどう判断するでしょうか?

 

一般的に申し込みをしながら契約に進んでいないのであれば審査に落ちたということを推測するものです。

 

Aすべてのカードローンと契約ができたときの借入総額を懸念される

申し込みをしたすべてのカードローンの契約ができた場合、それぞれの融資限度額満額まで借入をしてしまった場合。審査は推測の繰り返しです。総量規制に抵触する可能性も、仮に融資したとしても返済ができなくなる可能性が考えられます。

 

「申し込みをした」という情報は個人信用情報機関に記録されます。ただし、申し込みをしただけであれば6ヶ月でその情報は消滅します。

 

中小消費者金融に直接問い合わせをして、「申し込みブラックでも借りれる消費者金融ってあるの?」を確認しましたので参考にご覧ください。