消費者金融から2社目・3社目と複数借り入れする注意点

身分証明書の提出を法律で義務付けている理由

消費者金融からの借り入れ、1社からだけであれば管理しやすかったものを2社目、3社目と増やしてしまうと突然に危険度が増します。借入先を増やすこと、それは多重債務の入り口。なぜ借入先を増やしたいのか、それは少額なのか、大きな額なのか。状況によって今からの選択肢が変わります。

 

借入先を増やしたい理由を考えましょう!

  1. 限度額がいっぱいになって少しだけ借りたい
  2. 今後借り入れが増える可能性があるから大きな枠にしたい
  3. 大きな買い物を考えている

 

今、新しい借入先を考えているなら限度額いっぱいにまで借り入れをしているのではないでしょうか。借りて返しての繰り返しはカードローン会社からの信用にかかわります。闇雲に借入先を増やすのではなく「理由」から適切な方法を考えていきましょう。

 

カードローンの限度額は年収の何パーセントまで?

 

限度額がいっぱいになって少しだけ借りたいなら「増額で解決」

借りたい額が10万円以内の少額であれば、現在利用しているカードローンで増額という方法があります。借入先を増やさなくても現状の1本で解決する方法です。

 

「増額をします」といえば枠が増額されるわけではありません。新たに借り入れ可能額が増えることになるため審査が必要です。大手消費者金融であれば増額はインターネットの会員ページから申請をすることができ、審査が始まります。傾向として増額は10万円までとなると考えてよいでしょう。

 

増額の審査は新規申し込み時の審査と違う!

今利用している消費者金融の利用状況が審査の鍵になります。新規申し込み時には利用している実績が無いために「過去や現在の債務状況」「申込書に記入した属性」が審査で重要なポイントとなっていました。

 

増額審査で重要になるのは3つ!

  1. 借り入れと返済を「頻繁に」繰り返していないか?
  2. 返済の滞納がないか?
  3. 申し込み状況から年収や他社からの借り入れ等大きな変化がないか?

 

つまり「申し込みをしたときと同じ勤務先、債務状況」で「確実に返済を続けている」ことを増額の審査では重要視します。

 

返済を確実に行っていても、返済日直前に借り入れをしていればそれが返済のために借り入れをしたのだと推測されるのは当然のこと。借りて返すの繰り返しであればいずれ限度額がいっぱいになり返せない状況がくるのは明確です。他社からの借り入れ状況にも勤務先にも変化が無く、なおかつ確実に返済を続けてきたのであれば増額の審査は難しいものではないでしょう。

 

大手消費者金融の増額方法をチェック

プロミス プロミスインターネット会員サービスにログインをして、「限度額変更のお手続き」から申込み
アコム アコム総合カードローンデスクまで電話で問い合わせ
モビット モビットコールセンターまで電話で問い合わせ

 

今後借り入れが増える可能性があるから大きな枠にしたいなら「銀行カードローンに借り換えで解決」

消費者金融には総量規制があり、個人が貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠)から借り入れができる額は法律によって「年収の3分の1まで」と定められています。年収300万円であれば100万円が消費者金融から借り入れができる最上限になるということです。

 

大きな枠を希望するのであれば消費者金融では厳しいのが現状です。銀行カードローンの検討をしましょう。ただし、銀行カードローンで借り入れをするときには消費者金融からの借り換えが基本です。借入先を増やすことは債務に混乱をきたします。

 

 

 

希望する額は最小限にしましょう。金額が大きいと審査が難しくなります。


 

合わせて読みたい記事

個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

 

借り入れ件数を増やすのは危険なこと

実は2社目に手をかけたときから多重債務の危険が迫り始めます。1社の借り入れであれば返済日も返済額もいつまでには完済ができるのかもはっきりとわかっているでしょう。さらに計画性のある方であれば、1回の返済に対して元金に充当されるのがいくらで利息がいくら取られているのかもチェックしているはずです。

 

ところが2社目になると返済日も返済額も混乱し始めます。計画性のあるキャッシングをするためにも借り入れ件数は最小限にとどめるように気をつけていきましょう!