お金のトラブル

お金のトラブル記事一覧

個人融資掲示板

今、個人間融資がSNS等を通じて拡散されています。個人間融資掲示板まで定着しつつあり、未だにそれらを安全なところと考えている方がいることに恐怖を感じます。金融機関、正規の貸金業者以外に個人情報を伝えることは危険極まりないことです。なぜ個人間融資を利用するという選択肢が出てくるのでしょうか。そこには大きな理由が一つ、考えられます。「ブラックになっているから正規の金融業者からは借りられない」債務整理、...

詐欺や闇金融の悪質な手口は一つ二つではありません。さまざまな手口があり、それもまた定番化していてもなお騙されやすいもの、新たな手口もあり警察の取り締まりを待っているよりも私たち自身が、闇金や詐欺集団はどのような手段をもっているのかを知っておくことが先決でしょう。押し貸しとは闇金業者の手口の一つであり、無断で振り込みによって貸し付けを行います。もちろんそこには闇金特有の法外な金利をによる利息を付けて...

どうしてもお金を借りなければやり過ごせない状況にあって、キャッシングに申し込みをしても審査に通らない。ハッキリ断言できます。これ以上、申し込みを繰り返したところで意味はありません。審査に通ることはないでしょう。すでにカードローンの申し込みと審査落ちを繰り返しているのであればブラックになっている可能性は非常に高いと考えられます。もしくは現時点で自分がブラックになっていると認識できている方もいるでしょ...

中小消費者金融の最大の欠点は知名度の低さから闇金との区別がつきにくいことにあります。現在の闇金は公式ホームページを持っているなど、あたかも善良な消費者金融を装っています。正規の中小消費者金融をこちらのページで詳しく紹介しております!貸金業者としての登録番号を持つ正規の中小消費者金融です。残念ながら中消費者金融でも「返済にトラブルがあっても貸付をしています」と公言しているところはありません。しかし独...

大手消費者金融では残念ですが債務整理中の方は借りることができません。債務整理は確かに法律に基づいて行われる救済措置です。しかし、貸した側(消費者金融・銀行など)にとっては貸したお金を契約どおりに返さなかったという事実が「ブラック」として扱われます。個人信用情報機関に債務整理の情報が載り、どこの金融機関でも審査時には信用情報を照会するため審査に通ることはありません。一方で債務整理中でも可能性があるの...

大手消費者金融はもちろんのこと、債務整理中でも申し込みは相談に応じると回答があった中小消費者金融に期待をこめて「自己破産者も申し込みができるのか?」を実際に問い合わせました。結果は「NO」正規の貸金業者である大手消費者金融、そして知名度の高い中小消費者金融に問い合わせをしましたがすべて「自己破産者は申し込みを受け付けない」というもの。その理由はなんでしょうか?某中小消費者金融が語ってくれた「自己破...

他人名義でお金を借りる方法は面倒なものではありません。非常に簡単です。現在の消費者金融、さらに銀行カードローンでも「来店不要」は当たり前のサービスです。インターネットから申し込みを行い、来店することなく、つまり顔を見せることなく契約ができます。借りることも返すこともカードがあれば全国どこのATMからでも行えるものであり、はっきりといえば「金融機関側は誰が使っているのかわからない」ものです。超えなけ...

申し込みブラックというのをご存知でしょうか。わかりやすくいうと「多重申し込み」のため危険視されるということ。それによって審査からはじかれている状態を申し込みブラックと呼んでいます。短期間のうちに消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンに申し込みをすると多重申し込みとして判断されます。大手消費者金融や銀行カードローンでは、申し込みブラック=審査落ちです。例えば就職を希望するとき、内定をもらうた...

カードローンに申し込みをする際、身分証明書不要ということはありません。例外的に銀行カードローンでは、すでに銀行口座を持っている場合に開設時に身分証を提出しているため不要としているところはあります。しかし、身分証明書を提出しないまま契約をすることはできません。そこには「犯罪収益移転防止法」があります。犯罪によって収益を得ることを助長しないように制定されたのが犯罪収益移転防止法です。マネーローンダリン...

カードローンやキャッシングについて調べていくと必ず目にする言葉。それが「総量規制」です。皆さんは「総量規制」がどのような制度なのか正確に理解されているでしょうか。漠然とは知っていても、その中身はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。「総量規制」という言葉を、まずは分解してみましょう。「総額」の「量」を「規制」するというように分解すると、「総量規制」の意味も分かります。具体的には、総量規...

消費者金融からの借り入れ、1社からだけであれば管理しやすかったものを2社目、3社目と増やしてしまうと突然に危険度が増します。借入先を増やすこと、それは多重債務の入り口。なぜ借入先を増やしたいのか、それは少額なのか、大きな額なのか。状況によって今からの選択肢が変わります。借入先を増やしたい理由を考えましょう!限度額がいっぱいになって少しだけ借りたい今後借り入れが増える可能性があるから大きな枠にしたい...

騙されたのではなく、罠にはまったわけでもなく、闇金だということを知っていて利用する、そのメリットは一体どこにあるのでしょうか?ブラックでも借りられる、それが闇金です。メリットがあるならば唯一がその理由。しかし、その唯一のメリットと引き換えの大きな転落人生、恐怖でしかありません。。消費者金融は貸金業者です。貸金業を営むためには登録をしなくてはなりません。貸金業としての登録です。本店がある所在地を管轄...

ちょっとしたお金の不足、急な出費に役立つのがカードローンによる借入です。銀行だけでなく、コンビニなどのATMからお金を借入することができます。あらかじめ設定された借入限度額の範囲内であれば、基本的に自由に借入と返済を繰り返す行うことが可能ですので、1枚保有しておけば非常に心強い存在となります。しかしカードローンを利用するには、必ず審査に合格しなければいけません。各社独自の厳しい審査基準に合格できて...

信用情報に影響するデメリットはありません。しいて言えば、手間と時間とお金がかかるということ。カードローンの審査に通るために、個人信用情報機関に情報開示請求をするのであれば、3つの信用情報機関から集めなければ意味がありません。また、開示請求手数料がかかるために定額小為替を使うと手数料100円がプラスされ、3社合計ともなれば3,000円を超します。手間がかかり、費用もかかる。それは情報開示のデメリット...

CIC(株式会社シー・アイ・シー)とは貸金業法に基づく指定信用情報機関です。信用情報を確認するためには5つの方法があります。・パソコン・スマートフォン・携帯電話・郵送・窓口今回は実際にCIC窓口で信用情報を照会してみました。入り口はこのようになっています。重い扉に感じられますが実際に中に入ってみるとわずかに8畳ほどのスペースです。中には受付があり簡素なイメージがありますが、この窓口の場合には女性の...

JICC(株式会社日本信用情報機構)とは貸金業法に基づく内閣総理大臣指定信用情報機関です。開示方法は3つあります。・スマートフォン・郵送・窓口実際にJICCで郵送による情報開示を行いました。申込書を郵送してからJICCから簡易書留での開示情報が届いたのは5日後です。JICCの「ご本人の郵送による開示手続き」から信用情報開示申込書作成フォームを作り印刷をします。(※記入はキーボードを使って直接入力が...

全国銀行個人信用情報センター(一般財団法人全国銀行協会)は消費者金融等貸金業は加盟することができず、銀行もしくは法令によって銀行と同視される金融機関など資格が決められています。そのため銀行が加盟するものとして認識してよいでしょう。開示方法は以前には窓口もありましたが、平成23年に終了したため現在は郵送のみの対応となっています。全国銀行個人信用情報センターのホームページで申込書がダウンロードできます...

銀行カードローンでは申し込み条件の一つとして必ず加えられているのが「保証会社の保証を受けられること」となっています。審査は銀行が行うものよりも、保証会社が保証をするかどうかを判断する審査のほうが厳しいもの。銀行カードローンに一定期間返済が遅れると保証会社が代わりに返済を行います。その後、債権が保証会社に移動をして代位弁済が行われたこととなり、債務者は保証会社に返済を請求されることとなります。ただし...

どうしてもお金が必要だというとき、闇雲にキャッシングの申し込みをしたところで審査に通ることはありません。理由を明確にすること、それにあわせた対処法を考えることからはじめましょう。短期間のうちに申し込みを繰り返すと多重申し込みの危険から審査からはじかれる申し込みブラックになります。お金を借りられない理由は何?なぜお金を借りられない状況になっているのか、その理由を明確にしましょう。それは審査に落ちたの...

消費者金融や銀行からお金を借りることはあっても、友達や彼氏からお金を借りることには大きな抵抗があります。きっとそれは誰しもが同じこと・・・ではないようです!お金を貸して!言われた時の上手な断り方にはどんなものがあるでしょうか?「もうちょっと考えさせて」では話を先延ばしにするだけ、問題解決にならないどころか何度も借金の無心が答えを出すまで続くことでしょう。お金を貸せないと判断したときには最初にハッキ...

他社からの借り入れがあってもお金が借りられるケースと、難しいケースがあります。まず、重要に考えなければならないのは「総量規制」と「他社からの借り入れ件数」です。そして「どこから借り入れるのか」もよく考える必要があります。総量規制オーバーでも借りられる?まずは総量規制について考えましょう。総量規制とは貸金業法の中の法律です。貸金業とは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など。他にもリースなど...

なぜ借金を繰り返してしまうのか。借りたら返さなければならず、返すことができないまままた借りてしまう。返せなくなることがわかっていながら借金を繰り返してしまう。なぜそんなことになるのでしょうか。自分が借金癖に悩んでいるのか。それとも家族や親しい人が借金癖があるためにあなたが悩んでいるのか。借金癖がある方にはどんな特徴があるでしょうか?時間も労力もかけて働いてようやく手に入れた給料、それに比べて簡単な...

正社員で働いて1年未満の方パートで働いて5年の方この2つの例を比較すると、高い評価を得るのは「パートで働いて5年の方」です。5年も働けばこの先簡単に辞める機会があるかといえばその傾向は低いでしょう。一方で正社員で働いていたとしても勤続年数が1年未満であれば今後を推し量るには年数が不足しているともいえます。そのため勤続年数は長いほうがやはり審査には有利です。勤続年数が1年未満の方は審査に通るのことが...

親にお金を借りるといえばどのくらいの金額を想像するでしょう。数万円?それとも数十万円?もしくは住宅購入費などの多額のお金?どのくらいの金額を親から借りたいのかによって、しっかりと考えておかなければならないことがでてきます。車を購入するため、家やマンションを購入するためなどの大きな費用。銀行などで融資を受けるにしても、頭金のあるなしでは大きな違いがあります。そのため、「頭金だけでもお願い!」というケ...

ソフト闇金で借りてしまった、その体験談を取材してきました。以下、体験者の話です。40歳主婦、ソフト闇金単純な勘違いです。闇金という言葉は知っていましたが、ホームページに「当社はソフト闇金です」と大きく書かれており、いわゆる悪質な闇金はそのようなことはしないだろうと勘違いをしてしまったのがはじまりです。電話番号は固定電話ではなく090から始まる携帯電話。今でこそその時点でなぜ怪しいと思わなかったのか...

実際にブラックリストなるものはありません。しかしそれに相当するものが個人信用情報機関で記録されている事故情報です。3ヶ月以上の返済の遅延強制解約代位弁済債務整理これらの情報は個人信用情報機関に記録されています。日本には現在、3つの個人信用情報機関がありますがそれぞれが独立しており、そこに加盟している金融機関しか情報を照会することも登録することもできません。しかし事故情報は3つの個人信用情報機関で共...

大学進学をお金がないことで諦めなければならない。親も、お金がないことで諦めなければならない状況にさせてしまうのは心苦しいもの。学びたい意欲と、子供の将来を思えば大学にいきたいというその言葉を応援したいと思っているはずです。大学の入学金を自己資金ではなく借りることでまかなう家庭は非常に多いものです。奨学金も問題にはなっているもののまだまだ利用者は多いでしょう。借りるといっても奨学金がすべてではありま...

駅でお財布を忘れたとき、お金を貸してといえば貸してくれるのかといえばそれは無理です。ネットで検索してみると「駅員さんが貸してくれた」「感謝してもしきれない!」などの口コミや投稿が目に付きます。ただしそれらのほとんどは「駅員さん個人の対応」です。おそらく哀れに思った駅員さんがポケットマネーで助けてくれたのでしょう。駅でお金を借りることを当てにすることはできません。電車代がないために行くことも帰ること...