1. TOP
  2. お金全般
  3. 三井住友銀行カードローンの借り方(金利・月々の返済額)

三井住友銀行カードローンの借り方(金利・月々の返済額)

 2017/12/24 お金全般   304 Views

メガバンクのひとつ、三井住友銀行のカードローンはインターネットで申し込みができるのはもちろんのこと、銀行の中でもっとも自動契約機の数が多い特徴があります。
その理由は三井住友銀行に設置されているローン契約機だけではなくプロミスの自動契約機も使えるということ。

三井住友銀行ATMだけではなく提携コンビニATMも利用手数料無料!
金利は4.0%~14.5%と上限金利でも低く、大口だけではなくさまざまな使い道が広がるメガバンクのカードローンです。

申し込みするためにチェック!

三井住友銀行カードローンに申し込みをするために条件をクリアしているのかをまずはチェックしましょう。

申し込み条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

※申し込みは本人に限られています。

三井住友銀行カードローンでは本人に安定した収入がある方に限られているため専業主婦は申し込みができません。ただし、パートをしている主婦や、アルバイトをしている20歳以上の学生は申し込みが可能です。

保証会社は貸金業者のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。審査では3つある個人信用情報機関すべてに現在や過去の債務情報が照会されます。

申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等)
  • 50万円を超える申し込みは本人の年収が確認できる書類

※健康保険証など上記以外の本人確認書類の場合にはカードローンプラザのフリーコールに問い合わせが必要です。

申し込みは便利なインターネット、だけではない!

銀行カードローンでもインターネット申し込みが主流になりました。来店不要は珍しくはありません。三井住友銀行カードローンでもインターネットも申し込みがメインではありますが、もう一つ、三井住友銀行カードローンの大きなポイントがあります。それが自動契約機です。

銀行カードローンで消費者金融のように自動契約機を持っている銀行は少なく、三菱東京UFJ銀行と新生銀行カードローンのレイク、そして三井住友銀行しかありません。

三井住友銀行本支店にある自動契約機のほか、プロミスの自動契約機も同じように利用できるのが三井住友銀行カードローンの大きな特徴です。

三井住友銀行口座を持っていなくても申し込みができる!

カードローン申し込み
申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。その際にローン専用カードの受け取り方法を「郵送」にするか「ローン契約機」にするか選択をします。
※急ぎの場合にはカードはローン契約機で受け取ると即日融資も可能です。

審査結果連絡
申し込みフォームに入力した電話番号かメールアドレス宛に審査結果の連絡が届きます。

審査結果連絡時間は9時〜21時までとなっており、それ以外は翌日以降になります。

契約手続きとローン専用カードの受け取り

  • 郵送受け取り

簡易郵便で契約書類とローン専用カードが届きます。同封されている契約書類に必要事項を記入して本人確認書類と一緒に返送します。

これらの書類が三井住友銀行に届き登録手続きが完了すると利用開始です。

  • ローン契約機受け取り

本人確認書類を持ってローン契約機で手続きをして、ローン専用カードの受け取りをします。カードを受け取ればすぐにATMからの借り入れができます。

三井住友銀行口座を持っているならWEB完結も!

カードローン申し込み
三井住友銀行にログイン後、必要事項を入力して送信をします。
カードローン口座に返済用預金口座が自動的に登録されます。

審査結果連絡
電話番号もしくはメールアドレスに審査結果の連絡があります。

カードの選択
お手元にあるキャッシュカードをカードローン兼用カードにするのか、それともローン専用カードを新たに発行するのかを選択します。

キャッシュカードで利用をする
審査が完了すると手持ちのキャッシュカードですぐに利用が開始できます。
ATMからの借り入れができます。

ローン専用カードで利用する
本人確認書類を持参してローン契約機から受け取る方法と、郵送があります。
カードが到着すると利用開始です。

銀行カードローンを使うメリットは金利にアリ!

消費者金融が少額キャッシングに特化しているとされているのは「高金利でもすぐに返済ができる少額なら負担が少ない」ことが理由であり、そのために「使い勝手の良い便利なサービスが充実」しているためです。

それはこれまでの常識ではありました。しかし、現在の銀行カードローンは少額キャッシングにも強くなってきました。

その代表格ともなるのが三井住友銀行カードローンです。

すでに他社からの借り入れがあるおまとめなどではなく「はじめてお金を借りる」ときにはチェックしておきたいポイントがあります。

①安心できる

大手消費者金融であれば安心できるキャッシング先ではありますが、そうではない場合、つまり中小消費者金融などの場合には「そもそもそこが正規の消費者金融であるのか」という不安から解消していかなくてはなりません。

そう考えてみると消費者金融を選ぶのであれば大手からというのは鉄則です。一方で、なぜ消費者金融を選ぶのでしょうか?

  • 気軽、
  • 使いやすそう、
  • 銀行は審査が厳しそう。

さまざまなイメージを持って消費者金融を選ぶのかもしれません。

しかし実際には三井住友銀行カードローンは敷居の高いカードローンではないため、使い勝手もよく、なおかつ誰しもが知っている全国展開のメガバンクであることもまた安心できる理由です。

②少額キャッシングでも金利が低い

銀行カードローンの特徴として「融資限度額に応じて適用金利が決まる」ことが挙げられます。三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%となっており消費者金融の一般的な上限金利18.0%~20.0%と比べても低く設定されています。

契約極度額 融資利率(変動金利型)
100万円以下 年 12.0%~年 14.5%
100万円超200万円以下 年 10.0%~年 12.0%
200万円超300万円以下 年 8.0%~年 10.0%
300万円超400万円以下 年 7.0%~年 8.0%
400万円超500万円以下 年 6.0%~年 7.0%
500万円超600万円以下 年 5.0%~年 6.0%
600万円超700万円以下 年 4.5%~年 5.0%
700万円超800万円以下 年 4.0%~年 4.5%

少額の借り入れをする際でも金利が低く、負担になる利息が小さいことが分かります。ただし、「金利が低く利息の負担が小さい」ことを活用するためには金利が低いだけが条件ではありません。3つめのポイントとなる「返済のしやすさ」が欠かすことができません。

③返済がしやすい

返済額の内訳は「元金充当額+利息支払い額」です。先に、元金充当額が決まるのではありません。

「借入残高と金利と、利用日数」に応じた利息が先に計算され、残りが元金充当額になります。ここで覚えておきたいのは利息計算額です。

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

10万円の借り入れを金利14.5%で1か月(30日間)利用した場合。利息は、借入残高10万円×金利14.5%÷年間日数365日×利用日数30日で計算をし、1191円です。

返済額が2,000円であれば、そのうちの利息が1191円となり、元金充当額つまり実際に返済ができた額は809円しかありません。

ここで三井住友銀行カードローンの「返済のしやすさ」が「利息を抑える」ことに活躍します。

三井住友銀行カードローンが返済しやすいポイントが3つあります。

  • 返済額が低い
  • ATM利用手数料が無料
  • 追加返済自由

2016年10月に、三井住友銀行カードローンの返済額が改定されました。これまでは少額キャッシングでも返済額が高く返済の負担が大きかったものが、現在では10万円の借り入れは2000円が最低返済額になっているため返済の負担が軽減されています。

約定返済時における当座貸し越し元金額 約定返済金額
1円~1,999円 約定返済時における借入残高全額ただし2千円が上限
2,000円~100,000円 2,000円
100,001円~200,000円 4,000円
200,001円~300,000円 6,000円
300,001円~400,000円 8,000円
400,001円~500,000円 10,000円
500,001円~600,000円 11,000円
600,001円~700,000円 12,000円
700,001円~800,000円 13,000円
800,001円~900,000円 14,000円
900,001円~1,000,000円 15,000円
1,000,001円~1,100,000円 16,000円
1,100,001円~1,200,000円 17,000円
1,200,001円~1,300,000円 18,000円
1,300,001円~1,400,000円 19,000円
1,400,001円~1,500,000円 20,000円
1,500,001円~1,600,000円 21,000円
1,600,001円~1,700,000円 22,000円
1,700,001円~1,800,000円 23,000円
1,800,001円~1,900,000円 24,000円
1,900,001円~2,000,000円 25,000円
2,000,001円~2,100,000円 26,000円
2,100,001円~2,200,000円 27,000円
2,200,001円~2,300,000円 28,000円
2,300,001円~2,400,000円 29,000円
2,400,001円~2,500,000円 30,000円
2,500,001円~2,600,000円 31,000円
2,600,001円~2,700,000円 32,000円
2,700,001円~2,800,000円 33,000円
2,800,001円~2,900,000円 34,000円
2,900,001円~3,000,000円 35,000円
3,000,001円~3,500,000円 40,000円
3,500,001円~4,000,000円 45,000円
4,000,001円~4,500,000円 50,000円
4,500,001円~5,000,000円 55,000円
5,000,001円~6,000,000円 60,000円
6,000,001円~7,000,000円 65,000円
7,000,001円~8,000,000円 70,000円

ただし、返済額が低ければよいというものではなくこれではせっかくの低金利も活用しきれません。手数料無料で自由に追加返済ができるからこそ、返済額をコントロールできます。

最低返済額に甘える危険!

少額キャッシングでの最低返済額が低いことは三井住友銀行カードローンのメリットでもあります。しかし、最低返済額というのはあくまでも「最低限返済しなければならない金額」であり、それ以上返済をすることを心がけなくてはなりません。

10万円借り入れ時には金利が14.5%となります。最低返済額で返済の2,0000円で返済を続けた場合には返済回数は78回、つまり6年以上返済をしなくてはなりません。

たった10万円の借り入れを6年もかけて返済をする、利息を考えなければ10万円の借り入れを2,000円ずつ行えば50回で完済するはずです。それでは28回も余計にあるのはなぜでしょうか。

それが利息によるものです。返済シミュレーションをみてみましょう。

10万円の借り入れに2,000円を返済しても、元金充当額はわずか792円です。これは「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」によって決められた利息が1,208円かかるためです。

返済額のほかに利息を支払うのではなく、返済額の中で利息が先に差し引かれ、残りが元金に充当されるためです。10万円の借り入れに2,000円を返済しても、利息として1,208円が充当され、返済ができたのは792円。

借入残高は10万円-元金充当額792円で99,208円です。

いかがでしょうか。返済が進まない理由がおわかりになったでしょう。

せっかく低金利の三井住友銀行カードローンですが、咲いて返済額に甘えていたのでは返済が進まないのは当然だということがわかります。それでは毎月の返済を2万円にするとどうでしょうか。

回数

返済額

元金

利息

残高

1

20,000

18,792

1,208

81,208

2

20,000

19,019

981

62,189

3

20,000

19,249

751

42,940

4

20,000

19,482

518

23,458

5

20,000

19,717

283

3,741

6

3,786

3,741

45

0

累計

103,786

100,000

3,786

0

10万円の借り入れに対して2万円を返済すると、利息として差し引かれるのは1,208円のため残りの18,792円が元金に充当、つまり返済ができたことになります。

10万円に18,792円を返済できているため、次回返済日には借入残高81,208円に対して金利が掛かるため、2回目の返済ですでに利息は981円にまで減っています。

最低返済額が低いのは、どうしても返済が用意できないときの緊急手段です。通常の返済は、三井住友銀行カードローンの公式ホームページにある返済シミュレーションを活用しながら計画を立てていきましょう。

手数料がかからない借り入れと返済

借りるために手数料がかかる、返すために手数料がかかる。これはキャッシングのあるあるでもあります。ATMを利用すればATM利用手数料がかかり、振り込みで返済をすれば振込手数料がかかります。

しかし余計な費用をかけずに済む、それが三井住友銀行カードローンでもあります。

提携ATMも含め借り入れ、返済には手数料がかかりません。唯一インターネットバンキングからの振り込みによる返済にのみ振込手数料が発生します。

借り入れ方法

対応ATM 借り入れ方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

インターネットバンキングから申し込みを行うと、利用中の三井住友銀行キャッシュカードがそのままローンカードとしても利用ができます。三井住友銀行口座がなくても申し込みから利用までできますが、用意しておくとより一層便利に活用ができます。

インターネットバンキングを利用していると「振込・振替」時の出金口座としてカードローンが使えます。

返済方法

対応ATM 返済方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

インターネットバンキングを利用していると、カードローン口座への振り込みで返済ができます。三井住友銀行口座があると、口座振替が利用できます。

返済をメインに考える

借りた分だけ返済をしなくてはなりません。また返済を早く進めることで支払う利息を節約することができます。早い完済は精神的な負担の軽減にも繋がります。だからこそ返済を中心に計画を立てていかなくては生りません。

三井住友銀行カードローンはATM利用手数料が三井住友銀行ATM以外にも提携ATMでも無料です。余裕があるとき、もしくはコンビニに寄ったついでに1,000円でも2,000円でも返済を進めていきましょう。

関連記事

  • オリックス銀行カードローンの借り方(申込書類〜借入・返済まで)

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの借り方(テレビ窓口〜借入・返済方法まで)

  • アイフルの借り方(申込〜借入・返済方法まで)

  • セゾンファンデックスの借り方(申込〜借入・返済方法まで)

  • みずほ銀行カードローンの借り方(申込方法〜金利・返済方法まで)

  • 新生銀行カードローン レイクの借り方(2種類の無利息期間〜毎月の返済額まで)