1. TOP
  2. お金を借りる方法
  3. 深夜のピンチ!お金を借りたい!可能性があります!

深夜のピンチ!お金を借りたい!可能性があります!

お金を借りる方法   64 Views

明日の朝一でお金が必要だった!と気がついたのが深夜。慌ててしまいますね。しかも大きな金額で、銀行口座にも残高が少ないとなれば・・・。

借りるという選択肢は急場をしのぐには非常に便利です。それでは遅い時間にお金を借りたいとき、どういう方法があるでしょうか。

深夜お金を借りたい!新規申し込みは21時以上は無理

まずい!お金が足りない!借りなきゃどうしようもない!と気がついたのが夜中。
残念ながらカードローンを持っていないときには相当厳しい。

唯一の可能性!
唯一可能性があるとすれば「ゆうちょ銀行に担保定額貯金か担保定期貯金」はしていませんか?

貯金担保自動貸付として、総合口座で管理している担保定額貯金か担保定期貯金の残高を超える引き出しをするとそれが自動貸付となります。

残高がなくても普通に引き出すだけで貸付の形がとれます。

ゆうちょ銀行が利用できる提携ATMは豊富にあり24時間営業のコンビニでも使え、手続きも必要ないため

「カードローンを持っておらず、深夜に急に必要になったお金」に唯一対応できる方法です。

もしカードローンも持っていない、ゆうちょ銀行の定期預金もない、となれば21時以降は新たに借入先を作るのは困難です。
なぜなら、消費者金融も銀行カードローンも「24時間申し込みは受け付けている」けれども「審査対応時間は21時まで」であり、それ以降の申し込みは審査結果が翌日以降になります。

夜遅くまで営業している消費者金融の契約機

もし今の時間が20時前であれば曜日に関わらず即日融資の可能性は十分にあります。
審査対応時間は21時。これは大手消費者金融のプロミスでもアイフル、アコム、SMBCモビットでも同じ条件です。

審査は最短30分となっていますが、申し込み手続きをする、契約をするなどのさまざまな予備時間を考えると20時までには「自動契約機に来店する」ことが必要でしょう。

営業時間チェック

大手消費者金融の自動契約機営業時間を確認しましょう。
すべて土日祝日も営業しています。

プロミス→9:00~22:00
アコム→ 8:00~22:00
SMBCモビット→8:00~21:00
アイフル→8:00~22:00

一部店舗は営業時間が異なることもあるため、これから向かう自動契約機の営業時間を確認しましょう。

より急いでいるときには考えたいのが「無駄な時間を使わない」こと。
そのためのポイントを抑えましょう。

無駄な時間を最小限に!

  • インターネットから申し込みをしておく
    審査時間は最短30分ですが、その前には申し込みの手続きをしなくてはなりません。電車での移動中や、もしくは自動契約機についてから先客がいた場合の待ち時間に、インターネットから申し込みをしておきましょう。
  • 必要書類を忘れない
    基本的なことですが申し込みをするには必ず必要になるのが本人確認書類。運転免許証があれば十分ですがお持ちではない場合その消費者金融によって必要となる書類が異なるためチェックしましょう。

カードローンを持っているなら深夜でもok!24時間ok!

すでにカードローンの契約をしておりカードが手元にあるならば心配ありません。
利用ができる提携ATMが豊富に用意されているためコンビニATMを利用して深夜でも問題なく24時間利用ができます。

24時間キャッシングができるとても便利なカードローンです。持っていれば緊急時にピンチを乗り切ることができますが、24時間いつでも契約ができるものとは違います。

また、各消費者金融によって「特定の銀行の口座なら24時間即日振り込み融資が可能」なサービスもあります。

プロミス→三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座

アコム→ 楽天銀行口座

関連記事

  • ローンには種類がある!適切なローンを選択しよう

  • マイナンバーによって消費者金融の借入は把握されるのか?

  • 低金利のろうきんカードローン、実は誰でも借りられる!

  • 自衛官・自衛隊員がお金を借りるには?借金の身辺調査でバレるのが心配

  • カードローンの限度額は年収の何パーセントまで?

  • 未成年やバイトしてない学生でもお金を借りれますか?