債務整理とは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

債務整理とは

>

 

借金の支払いが苦しいときにも、解決する方法はあります!
合法的に借金を減額したり、免除してもらう手続きを「債務整理」と言います。債務整理には以下のような種類があります。

  1. 任意整理
  2. 自己破産
  3. 個人再生
  4. 過払い金請求

 

それぞれ順を追って説明していきますね!

 

債務整理でおすすめの弁護士事務所
東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の公式サイトはコチラ

 

任意整理とは?

裁判所を通さずに、貸金業者と、借主から依頼を受けた弁護士が話し合って、借金の減額などの交渉を行うことです。継続的に一定の収入のある方が対象となります。

 

任意整理のメリット
  • 弁護士に依頼すると取り立てがストップします。
  • 将来利息や遅延損害金などをカットしてもらえます。
  • 「職場から借りたお金は減額の対象としない」など、整理の相手を選べます。
  • 裁判所を通す場合に比べて手続きが簡単です。
  • 職場や家族に内緒で借金の整理ができます。
  • 無理のない返済計画を専門家と一緒に考えることができます。
任意整理のデメリット
  • 原則として、借金の元本は減額されません。
  • 原則として、3〜5年間の分割払いで返済しきれる程度の借金額の場合に可能です。
  • 5年間、信用情報機関に記録が残り、新たな借り入れが難しくなります。
  • 給与差し押さえなどの強制執行手続は停止できません。

 

自己破産とは?

裁判所に申し立てて破産宣告を受け、免責が認められれば借金が帳消しになるという手続きです。支払い不能の方が対象です。

 

自己破産のメリット
  • 弁護士に依頼すると取り立てが止まります。
  • 免責が認められれば借金が全て帳消しになります。
  • 収入がなくても可能です。
  • 生活に必要な最小限の財産は手元に残ります。
自己破産のデメリット
  • 原則として、財産は取り上げられ、お金に換えられて債権者に分配されます。
  • 自己破産すると、社会保険労務士や警備員といった一部の職業に一定期間就けなくなります。
  • 5年間(全銀協は10年間)、信用情報機関に記録が残り、新規の借り入れが難しくなります。
  • 借金をした経緯によっては自己破産が難しいケースもあります。(※)

 

 

「自己破産をしたい」と思っても、ギャンブルによる借金や、収入が少ないにも拘わらず高額の買い物を繰り返すなど、浪費が原因の借金は、裁判所に免責が認められないことがあります。免責が認められないと、借金が帳消しにならないので、自己破産をする意味がなくなってしまいます。
また、裁判所は、株やFX取引、ビットコイン取引などといった投資は「射幸行為」として、免責を認めないことがあります。
他にも「この人は免責をしなくとも自力で返済が可能である」と判断された場合や、過去7年以内に自己破産をしている場合なども、免責が認められないことがあります。


 

もっとも、裁判所の判断により、裁量免責で免責されるケースもあります。状況により変わりますので、弁護士に詳しくご相談ください。

 

個人再生とは?

裁判所を通した手続きで、再生計画を立て、その計画に従って借金を返済することです。借金を大幅にカット(最大5分の1程度)することができます。反復・継続した収入のある方が対象になります。

 

個人再生のメリット
  • 弁護士に依頼すると取り立てがやみます。
  • 法律に従って、任意整理よりも大幅な借金の減額が見込めます。(最大5分の1程度)
  • 住宅ローン特則を利用すれば、住宅ローンだけを減額対象から外すことができ、ローンの残った持ち家を守ることができます。
個人再生のデメリット
  • 5年間、信用情報機関に記録が残るため、新規借り入れが難しくなります。
  • 住宅ローンを除いた債務額が5000万円を超えていないことが条件になります。
  • 小規模個人再生の場合、再生計画に対して、債権者が反対してくるケースがあります。

 

過払い金請求とは?

過去に返済した借金につき、法律の制限を超えて払い過ぎていた分の利息を返還するよう貸金業者に求めることです。2006〜2007年ごろまで、多くの消費者金融は、利息制限法に定められた上限利息を超える違法な高金利でお金を貸し付けていました(いわゆるグレーゾーン金利)。このころまでに消費者金融などからお金を借りていた場合、利息を払い過ぎていた可能性があります。

 

過払い金請求のメリット
  • 払い過ぎていた利息を取り返せます。長期にわたる借金の場合、100万円以上の過払い金を取り戻せるケースもあります。
  • 過払い金請求のみの場合、信用情報機関に登録されることはありません。
過払い金請求のデメリット
  • 現在も同じ業者から借金があり、その借金額が過払い金の額を上回る場合は、「任意整理」という扱いになって信用情報機関に登録されることがあります。
  • クレジットカードのキャッシング枠による借金だった場合、過払い金請求をすると、その会社のカードは以後使えなくなる可能性が高いです。
  • 過払い金は最終取引日から10年を過ぎると時効にかかるため、早めに請求しないと消滅するおそれがあります。(※)

 

 

完済後に間をおかず借金を繰り返していた場合など、同一の契約が継続していたと認められる場合は、時効が伸びることがあります。


 

債務整理ケース@一二三次郎の場合

 

はぁ〜困ったなぁ…ギャンブルで借金なんて、会社に知られたら…


 

こんにちは、一二三さん。なんだか顔色が悪いけど、なにかあったの?


 

あっ、実はね、消費者金融から借金をしてしまって、返済がきつくて困っているんだ


 

一二三さんって、すごく堅実にライフプランを立てている人っていう印象があったけど、何があってお金を借りたの?


 

それがね…今まで黙っていたんだけど…5年くらい前、会社の出張でラスベガスに行って、帰りに同僚にカジノに誘われたんだ。日本では博打なんてやったことなかったんだけど、折角の海外出張だし、話のタネになるかな、と思ってさ。軽い気持ちでバカラで遊んでみたら、1万円が50万円になったんだよね


 

それはすごいねー!


 

でもそれ以来、ギャンブルで息抜きするようになってしまってね。日本でも競馬や競艇をやるようになって、勝てばいいけど、負ければ、取り返そうとやっきになって…。気がついたら消費者金融4社から借金をしていたんだ。利息もどんどん増えていくし、支払いが家計費を圧迫するようになってきて…。
家内に諭されて、ギャンブルはやめる決心をしたんだ。でも、残った借金の支払いが負担でね。僕が勤めているのは大手商社なんだけど、最近業績が厳しくて、僕もリストラ対象にいつなるかわからなくて…。そんなときにギャンブルで借金まみれなんてばれたら、一発でリストラされそうなんだ


 

そうか…それは困ったね…


 

会社に絶対にバレずに、借金をなんとかしたいんだけど、できるかな?


 

一二三さんの借金の状況が、任意整理で解決できるケースなら、会社にバレないで借金を減額できるよ


 

任意整理?


 

借金の整理には裁判所を通す方法と、裁判所を通さないで業者との話し合いで解決する方法があるの。任意整理というのは、裁判所を通さない、私的な話し合いで借金の将来利息などをカットしてもらう方法だよ


 

利息だけでもカットしてもらえたらずいぶん楽になるよ! でも、そんな交渉にプロの貸金業者が応じてくれるのかな?


 

個人で頼み込んで交渉するのは難しい場合がほとんどみたい。だから、任意整理をするなら、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになるよ。専門家が間に立ってくれるから自分で業者とやりとりしなくていいし、依頼すれば取り立てもストップするよ


 

えっ、本当?! 実は、4社のうち1社に、期日までに返済できてなくて、催促が来てたんだよね…


 

それなら急いで専門家に相談した方がいいよ。借金問題は病気と同じで、早めの相談が大切だよ


 

念のためにもう一度聞くけど、任意整理だと本当に会社にはバレないの?業者から職場に電話がかかってきたりはしない?


 

専門家に委任すると、業者に通知が届いて、以降は全ての交渉は専門家を通してすることになるの。だから、職場や自宅に業者から電話がかかってくることはないよ。法律でそう決められているの


 

法律で規制があるなら安心だ。どの専門家に相談したらいいのかな?


 

借金問題に強い弁護士事務所に相談するのがおすすめだよ。例えば、東京ロータス法律事務所(http://tokyo-lawtas.com/)なら相談料は無料だし、借金整理の経験が豊富だから、一二三さんが納得して借金を整理できるように、最善の方法を考えてくれると思うよ。『職場にバレないように』はもちろん、他にも希望があったら、全部話してみてね


 

無料なら一度相談してみるよ。教えてくれてありがとう!


 

ケースA桜井トシ子の場合

 

ほんとうに、どうすればいいのかしら…誰にも相談できないのよね…


 

トシ子さん、深刻な顔をしているけれど、なにがあったの?


 

ああ、ごめんね、ちょっと聞いてほしいことがあるのよ、絶対に内緒にしてね


 

大丈夫よ、フィナンシャルプランナーには守秘義務があるから。誰にも話したりしないよ


 

あのね、投資で大損しちゃって…。クレジットカード会社と消費者金融から借金してるんだけど、返済が苦しくて


 

どんな投資をしたの?


 

それがね、前通っていた羊毛フェルトの教室で、若い子が嬉しそうに、『海外留学に行くから教室やめます』って言っていたの。話を聞いたら、投資で大もうけしたんですって。まだ大学生なんだけど、アルバイトよりずっと儲かったって言っていて。
それまで、私は週2回パートをしていたのだけど、給料上がらないし、もう少し自分の自由になるお金が欲しかったのよ。その子の話を聞いて、そんなに簡単に儲かるならって、その子がやっていたFXとビットコイン取引をはじめてみたのよ。特にビットコインは『絶対に上がるから』っておすすめされたし


 

あ〜…(絶対に上がるなんてことはないのよね) …それでどうなったの?


 

同じ時期にクレジットカードも作ったのよね。好きな歌手がいてね、コンサートのオンライン先行販売チケットが、クレジットカード決済のみだったのよ。でもそれがいけなかったのね、なんだか気が大きくなって、いろいろ買い物をしちゃって…。請求額を見てビックリしちゃって。よせばいいのに、投資でお金を取り返そうとして、カードのキャッシングや消費者金融にも手を出してしまって…で、結局…借金が120万円も…


 

…そうだったの…。旦那さんには相談したの?


 

とんでもない!主人はお金の扱いには人一倍厳格なの。こんなこと言ったら離婚されちゃうわ。二人の子供も年ごろだし、堅実に働いてお金を稼ぎなさいって教育してるから、とても話せないし…なんとか、家族にバレずに借金を減らすことはできないかしら…


 

その借金は、もしも今後は元本だけ支払うのだったら、3年〜5年ぶんくらいに分割すれば、毎月のやりくりで返せる額かな?


 

えっ、そうね、きちんと計算してみないと分からないけど、なんとかなるかもしれないわ


 

だったら任意整理ができるかも。借金の整理にはほかにも種類があるけど、家族に黙って借金を減額したいなら、任意整理が考えられるよ。任意整理を弁護士に頼むと、借金の将来の利息分はカットしてもらえるよ


 

でも…弁護士費用ってお高いんじゃないの?私に払えるかしら…


 

大丈夫、借金問題に強い法律事務所なら、その人の事情に合わせて、借金の返済と弁護士費用の支払いを無理なく行うプランを一緒に考えてくれるよ


 

ならいいんだけど…。あと、実はね、ちょっとだけ噂で聞いたことがあるんだけど、任意整理をすると5年間『ブラックリスト』に登録されるって本当?


 

確かに、信用情報機関というお金の貸し借りの情報を記録する機関に5年間記録されて、お金の新たな借り入れができなくなるのは本当だよ。でも、変に心配する必要はないよ。ブラックリストっていうと怖いイメージがあるけど、正式な名前じゃないし、信用情報機関はちゃんとした合法的な組織だから


 

私が任意整理すると、主人の信用に傷がついたりしない?


 

信用は個別的なものだから、旦那さんはブラックリストに載ったりしないし、特殊な場合を除いて影響はないよ


 

…あと…今、腰を痛めちゃって、前からやっていたパートを辞めたのね。かわりに、主人から毎月お小遣いをもらっているのだけど…。働いていない専業主婦でも任意整理はできる?


 

定期的に一定額、返済にあてられるお金があるなら可能だよ。詳しくは東京ロータス法律事務所(http://tokyo-lawtas.com/)の無料相談で診断してもらうといいよ


 

よかったぁ…お金のことで離婚はしたくないものね


 

債務整理のメリットデメリットとは?

債務整理全般に共通する長所と短所をまとめました。

 

債務整理のメリット
  • 借金の減額や免除が可能です。
  • 債務整理を弁護士に依頼すると、貸金業者からの取り立てがとまります。
  • 弁護士が窓口役となるため、貸金業者と直接交渉しないで済みます。
  • 借金問題の専門家と相談しながら、無理のない生活再建計画を一緒に考え、明るい未来に踏み出すことができます。
任意整理のデメリット
  • 「過払い金請求」のみの依頼を除き、一定期間、信用情報機関に記録が残り、新たな借り入れが難しくなります。
  • 一定の弁護士費用がかかります。

 

ざざっと債務整理について説明してきましたが、債務整理のお話は弁護士事務所に伺うのが一番!ということで、借金問題に強い東京ロータス法律事務所に行って確認してきました!

 

 

 

アクセスはJR山手線御徒町駅からすぐで、迷わずに行かれました。

 

 

親切に出迎えて頂き、債務整理について詳しく教えてもらいました。

 

 

みなさん、忙しそうに働いております!
東京ロータス法律事務所の皆様、ありがとうございました!

 

債務整理でおすすめの弁護士事務所
東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所の公式サイトはコチラ

 

まとめ

債務整理のうち、どの方法が最善かは、具体的な状況によって異なります。「自己破産しかない」と思っていても任意整理ができるケースも考えられますし、個人再生がぴったりという場合もあるでしょう。

 

まずは、弁護士事務所の無料相談を利用されることをおすすめします。借金から解放された明るい未来に向かって歩き出しましょう。