お金を借りるのに闇金以外で探す確実な方法

無登録業者=闇金

 

消費者金融は貸金業者です。その貸金業を営むためにはその所在地を管轄する財務局長、もしくは都道府県知事から認可を受けて登録をしなくてはなりません。その登録を受けていない業者は「無登録業者」です。無登録業者がいわゆる闇金です。

 

金融庁が公開している「違法な金融業者に関する情報について 」というデータがあります。平成29年6月8日に更新された最新の情報でもその違法業者の数は1395もあります。1395の違法業者があるということではありません。明確になっているだけでそれだけの数があるということです。

 

それならば、闇金以外でお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

実に簡単なことです。誰しもが知っている「大手消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる」こと、たったこれだけのことで闇金を利用してしまうという危険から回避することができます。

 

その理由を以下に述べます。

 

金融庁が公開する闇金業者の特徴とは!?

金融庁の違法な業者に関する情報をみてみると様々な罠が潜んでいることがわかります。

 

@株式会社を名乗っている

株式会社は法人格を有する企業であり、闇金名乗る株式会社はそもそもウソです。

 

A登録番号を詐称している

貸金業者として登録番号が発行されているかのように詐称しています。

  • 廃業済みの貸金業者の登録番号を使う
  • 架空の登録番号を作り出す

実際には闇金業者に登録番号が発行されることはありません。しかし「登録番号がある=正規の貸金業者である」という認識が広まっているために闇金も登録番号を悪用しています。

 

B勧誘手段がホームページ

闇金といえば路地裏で怪しげなビルの中にある、いつの間にかポストに投函されているダイレクトメール、チラシ、というイメージがあります。ところが勧誘手段の大半が今ではホームページからです。闇金業者のホームページは到底違法であることを創造させない立派なつくりになっており、中小消費者金融よりも上を行くほどのものです。

 

登録番号の意味を知る

正規の貸金業者には貸金業登録番号があります。

  • 2つ以上の都道府県にまたいで運営をする場合には内閣総理大臣(財務局)の登録
  • 1つの都道府県の区域内で営業をする場合には都道府県知事の登録

 

例えばプロミスは「登録番号:関東財務局長(12)第00615号」です。
関東財務局長→2つ以上の都道府県で運営をするため関東の財務局の認可
(12)→登録時には1から始まり3年ごとに更新をして数字が増えていくため、12×3で36年目の更新は行ったということです。

 

 

( )内の数字が多ければ多いほど長く営業をしていることになります。


 

実は闇金には種類があった!

ホームページで勧誘し、罠を張って待っているだけが闇金ではありません。実は闇金にはさまざまな種類があります。その内情はさまざまですが、個人向けの闇金ではどのような形で罠を張っているのかだけはチェックしておきましょう。つまり、「ここは危険!」です。

 

090金融 携帯電話番号で営業をしている
押し貸し 契約をしていないのに勝手に現金を振り込み返済を要求する
チケット金融 高速の回数券などのチケットを現金化させて販売金額を返済に充てる
紹介屋 多重債務者を低金利をうたい文句に勧誘し他店を薦めて紹介料をとる
買取屋 クレジットカードで商品を購入させて現金で買い取る
名義貸し 消費者金融を借りるための名義、口座開設の名義などを使う
架空請求 実際には使用をしていない請求をする

 

闇金の特徴、その見分け方!

闇金の宣伝文句には確かに「借りたい方」にとって魅力的なものが並んでいます。

  • 低金利融資
  • 審査なし
  • ブラックOK
  • 他店で断られた方もOK

 

そもそもありえないことです。貸したお金に対して利息をつけて返済ができるかどうかを審査で判断しなくてはなりません。その審査をしないということ、ブラックでもOKだと言い切ってしまうところ、これらは返せない可能性が高い方へも貸付を行うということ。ありえないことだとおわかりになるでしょう。

 

貸付金額は大きなものではありません。「返せる」と思わせるだけの少額を貸し付けています。3万円や5万円など小さな金額であれば返済ができると考えるでしょう。しかし小さな金額に違法な高金利がつけられます。それはトイチやトゴと呼ばれる膨大な金利です。しかも単利ではなく複利であることが一般的でありその金利は想像を超えます。

 

  • トイチ(10日で1割の金利)は複利で3142%
  • トニ(10日で2割の金利)は複利で77545%
  • トサン(10日で3割の金利)は複利で1441791%
  • トヨン(10日で4割の金利)は複利で21561119%
  • トゴ(10日で5割の金利)は複利で267504316%

 

トイチでも金利3千%を超えて、トゴでは2億%を大きく超えています。ありえないことはお分かりになるはずです。

 

アッというまに膨らむこの膨大な金利は返済サイクルを10日に1度にすることで短期間のうちに返済しきれない額が迫ってくる仕組みをとっています。当然返済ができません。そこで闇金は「利息だけでもよい」といいます。安心するでしょう。

 

しかし利息だけでは「支払う」だけです。1円たりとも元金に充当されることはありません。元金を返済させないことでいつまでも膨大な利息を取り上げる、それが闇金です。

 

どの業者が闇金なのかを見分けるのは非常に難しいものです。確かに貸金業の登録番号があれば安心かもしれません。しかしそもそも闇金は登録番号を詐称しているために「登録番号があること」は安心には繋がりません。

 

中小消費者金融は安心して利用ができるところももちろんあります。しかしそこが正規の中小消費者金融なのか、それともヤミ金なのかを個人が判断するのは簡単なことではありません。

 

合わせて読みたい記事

恐るべき闇金の手口!ヤミ金による取り立ての実態