今日中にお金を借りるには?

どうしても必要なお金がある、焦る気持ちはわかります。
消費者金融なら即日融資も可能な方法があります。

 

しかし即日融資を宣伝文句としている消費者金融でも、全ての場合において即日融資ができるわけではありません。
数多くある消費者金融を今から探し出すことは困難です。
慌てているときほど怪しい業者の誘惑に負けやすいものです。
今のピンチが大きな失敗につながらないよう、間違いのない消費者金融を見つけましょう。

 

急いでいる時こそ大手消費者金融で借りる

 

 

安全とスピード、利用中の利便性を考えて大手消費者金融から選びましょう!


 

プロミス

最短1時間
⇒プロミスでお金を借りる

 

アコム


⇒アコムでお金を借りる

 

モビット

モビット
⇒モビットでお金を借りる

 

真っ先にチェックするのは今の時間

今日申し込みをして、今日借り入れをしたい。
それならば、今の時間を確認しましょう!
消費者金融も万能ではありません。
深夜の23時に思い立ったところで今日の借り入れはできません。

 

  • 現在の時間
  • 近くにある大手消費者金融の自動契約機

 

この2つを確認しましょう。
プロミス、モビット、アコムなど大手消費者金融の自動契約機が30分圏内にあれば、今の時間が18時でも間に合う可能性は十分にあります。
もちろん早ければそれに越したことはありません。
平日だけではなく、土日祝日でも充分に間に合う可能性があります。

 

時間によっては来店不要のインターネット契約で借り入れまで行うこともできます。

 

借入方法を決めよう

今の時間を確認することには理由があります。
それは借入方法を決定するためのものです。

 

一つ、タイムリミットをはっきりとさせておきましょう。
「平日の14時」
これが借入方法を分けます。

 

借入方法には2種類があります。

振込キャッシング ATM

消費者金融から自分の銀行口座に借入金額を振込してもらう方法。
平日の14時〜14時50分までが当日分の振込キャッシング受付終了時間となっていることが多い。
カード発行前でも利用ができる。

カード発行後に利用ができる借入方法。
消費者金融が用意する専用ATMだけではなく、24時間利用可能なコンビニATMからも借入ができる。

 

現在の時間によって、振込キャッシングも可能かもしれません。
しかし、今の時間が13時だからと言って間に合うものではなく、申し込みから契約まですべての流れを完了させておかなくてはならないのは当然のことです。

 

それでは申し込みから契約までの流れを見てみましょう!

 

  1. 公式ホームページから申し込み
  2. 必要事項の入力
  3. 審査開始(在籍確認を含む)
  4. 審査結果の連絡
  5. 必要書類の提出
  6. 契約
  7. 借り入れ開始

 

審査時間は最短30分となっている消費者金融が多くありますが、間違いのない時間ではありません。
1時間はかかる可能性を考えて時間の余裕を持つと安心でしょう。
また、意外に時間がかかるのは必要事項の入力です。
申込書には詳細を書かなければならないため、時間を要することもあります。

 

申し込みから契約まで2時間を目安にしておくことが必要です。

 

おおよその見当がついたでしょうか。
時間の逆算をすると振込キャッシングが可能な時間かどうかが推測できるはずです。
平日の午前中であれば、振込キャッシングで借入ができる可能性があります。

 

インターネット申し込み+○○

先に借入方法を考えたことには理由があります。
借入方法によって契約方法が変わるからです。

 

振込キャッシングを希望 インターネット契約
ATMでの借り入れを希望 自動契約機での来店契約

 

申し込みの基本はインターネットです。
インターネット申し込みでは「空き時間に申込書に入力ができる」というメリットのほかに「審査中の時間を有効に使える」メリットもあります。
審査にかかる時間は最短30分です。
この待ち時間を利用して自動契約機に向かうこともできれば、必要書類を準備することもできます。

 

自動契約機は営業時間も長く、年中無休です。
その場でカードの発行があるため、時間が遅くなっても対応ができる便利な場所です。
ところが心配なことが一つあります。

 

先客がいた場合です。

 

確実な即日融資を希望する時こそ、「無きにしも非ず」は常に考えておきましょう。
利用したい消費者金融の自動契約機を公式ホームページから検索し、時間に余裕を持って向かわなくてはなりません。

 

意外な落とし穴、書類の不備と受信ミス

最短30分の審査ではありますが、意外な落とし穴で時間がかかることがあります。

 

  • 申込書に入力した内容に間違いがある
  • 審査結果受け取りのメール受信設定ができていない

 

消費者金融は申込者を知るための最初の手段は申込書しかありません。
その内容を元にして審査が始まります。
うっかりミスでも、おおまかに入力しただけでも、審査を行う消費者金融にとっては虚偽の申告と受け取られるかもしれません。
虚偽の申告は審査に良い影響をもたらすものではなく、審査が長引く、もしくは否決になることが予測されます。

 

特に注意したいのは、他社からの借り入れ状況です。

 

個人信用情報機関という個人の債務情報のすべてを集約している機関に消費者金融は過去の債務状況と同時に、現在の他社からの借り入れ状況を照会します。
総量規制がある消費者金融では、年収の3分の1を超えることのないように、他社からの借り入れ金額は非常に重要な審査対象です。
現在、他社からの借り入れがある場合には、その消費者金融の会員ページから借入残高を確認するなど正確な情報を申告することが大切です。

 

また、審査結果は基本的にメールで送られています。
消費者金融からの連絡が受け取れないということのないように、必ず受信ができる環境にしておきましょう。

 

プロミス promise.co.jp
モビット mobit.ne.jp、035000.com
アコム online-a.com、cc.online-a.com

 

確実に審査に通るコツはありませんが、審査をスムーズにするための対策はできます。

 

最短1時間
⇒プロミスでお金を借りる