交番で警察からお金を借りる

公衆接遇弁償費は各自治体によって異なる

交番、お金といえば「拾ったお金を届ける場所」でしょう。
実は交番でお金を借りることができると聞けば驚くのではないでしょうか。

 

お金を紛失した、盗難されたなど帰りの交通費に困っている状態であれば1000円を限度に交番、警察でお金を貸してくれるという話を聞いたことがありませんか?

 

これは「公衆接遇弁償費」と呼ばれるもの。ただしこのあいまいなうわさは鵜呑みにすることはできません。

 

各自治体によって公衆接遇弁償費を制定しているところもあればしていないところもあります。
大阪府警察では公衆接遇費という名称で制定されています。

 

大阪府警察 | 公衆接遇費取扱要綱の制定について(概要)

 

東京都でも昭和38年から始まった古い制定ではありますが現在も廃止されてはいません。

 

一方で公衆接遇弁償費をそもそも制定していないというと都道府県もあるので一概にすべての交番で助けてもらえるわけではありません。

 

公衆接遇弁償費とは?

公衆接遇弁償費を制定している自治体に限ったこととして解説していきましょう。
そもそも勘違いされがちですが、警官が善意で貸しているものではありません。そのため公衆接遇弁償日には交付ジムがあり、収支明細簿にしっかりと記入されます。

 

どこの警察が対応しているの?

  • 警察署
  • 企画課
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊
  • 交番
  • 地区交番
  • 駐在所
  • 地域安全センター
  • 鉄道警察隊分駐所
  • 警ら用無線自動車

 

交番でお金を借りる条件

  • 外出先で所持金を盗まれた、または紛失したときの交通費
  • 行方不明者などの保護にあたり、応急的な措置にかかった費用
  • 行路病人の保護または交通事故などによる負傷者の救護にあたって一時的応急措置にかかる費用
  • そのほか公衆接遇の適正を帰するために必要とする経費

 

どんな理由でも借りられるものではなく、応急的な措置に要する経費と決められています。

 

弁償費の交付方法

交付額は、総括主管者が決定します。
借りる人は借受願書を記入します。

 

  • 日付
  • 住所
  • 職業
  • 電話番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 年齢
  • 借受金額
  • 借受理由
  • 押印または指印

 

1人に対する貸出額は1000円までとなっていますが、それを超える場合には事務担当者からの承認が必要になります。

 

返済方法

貸し出しを受けた交番や警察署に返済することが原則です。
ただし、居住地が遠隔であるなどの場合には最寄の交番に返済できます。

 

借りたお金を返さなければ逮捕される!?

2009年には返済率が3割程度だった公衆接遇弁償費も、2017年には返済率が7割を超えました。
しかしそれでもまだ年間にして150万円強が返済されていない状態です。もちろんこれは税金の中からの貸付です。

 

それでは返さなければ一体どうなるのでしょうか。
すべての方に当てはまることではないとは思いますが、2012年9月の産経ニュースでこのようなものがありました。

 

電車代貸してと交番から寸借詐欺容疑で男を逮捕

 

抜粋するとこのような内容です。

 

財布をなくしたなどとして目黒区内の交番で繰り返し公衆接遇弁償費を借りていた無職の男性57歳が寸借詐欺で逮捕されました。
交番に提出した借用書には知人の名前を書いていたという。

 

今の時代、交番から借りるのは難しい!

実際に切迫している、緊急性があるときには公衆接遇弁償費を利用することができるでしょう。
しかし今の時代、ほとんどの方が連絡できる手段としてスマホを持っています。
交番に借りることなく対処できる方が多いでしょう。