会社に在籍確認や電話連絡なしで借りれるカードローンは?

職場への在籍確認の電話連絡を避ける方法

会社に電話での在籍確認なし

 

消費者金融だけではなく、カードローンの契約には必ず勤務先への電話があり在籍確認をしなくてはなりません。勤める会社に在籍確認の電話があることを不安に感じている方もいるでしょう。

 

しかし、職場の連絡を避ける方法が実はあります。

 

在籍確認なし、それもできる?

消費者金融やカードローンの在籍確認はすべての場合に行われるということでもありません。それぞれ対応が異なります。例えば、「即日融資」を希望して申し込みをしても、休日などで在籍確認が行えない場合などの対処方法も用意されています。

 

プロミス
最短1時間

 

電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください

 

モビット
モビット

 

WEB完結で在籍確認を書類で行うことができる
社会保険証か組合保険証、直近1か月分の給与明細書を提出

 

アコム

 

在籍確認は必須
ただし契約後の在籍確認に変えるなど臨機応変に対応がある

 

消費者金融によって在籍確認の対応が異なります。収入を得ているという証明が必要になるのか、それとも在籍していることに重点を置くのかという違いです。しかし、いずれの場合でも確実な確認が必要になるため、会社の名刺だけでは在籍確認にはなりません。

 

申し込みをすると自動的に審査が始まるため、申し込み前に電話などで在籍確認について相談をするとよいでしょう。

 

なぜ在籍確認の電話があるのか?

申込書には勤務先の詳細を入力しなくてはなりません。その項目は非常に多く、例えばプロミスでは勤務先情報だけでもこのようになっています。

 

  • 勤務先名
  • 勤務先郵便番号
  • 勤務先住所
  • 所属部署
  • 電話番号
  • 社員数
  • 雇用形態
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 年収
  • 業種
  • 職種
  • 健康保険証の種類

 

ここまで細かな情報を申告しなくてはなりません。なぜ、勤務先情報をここまで細かくしておきながら、勤務先に在籍確認の電話をしなくてはならないのでしょうか?

 

現在の消費者金融は申し込み方法の基本がインターネットです。もちろん一昔前の対面申し込みであっても在籍確認はありましたが、本人の所在を確認するための方法として、在籍確認は欠かすことができないものとなりました。

 

また、融資をするかどうかを判断するための審査では、返済能力が重要です。つまり融資をした金額が返済できるだけの能力があるかどうかです。返済をするためには収入が必要であり、収入を得るためには勤務していることが必要です。

 

間違いのない返済のためにも申込書に入力された自己申告だけを鵜呑みにするのではなく、「在籍確認を行う必要がある」ということです。

 

在籍確認の流れ

申し込みをすると審査が開始されます。在籍確認は審査の一環として行われているため、通常は審査時間帯に在籍確認が行われています。

 

 

審査時間は最短30分という消費者金融が多いため、申し込み完了から30分以内で在籍確認があると考えてよいでしょう。


 

在籍確認の電話では、消費者金融名を名乗ることはありません。そもそも、貸金業法では第三者に債務の事実を伝えることを禁止しています。消費者金融名を名乗り申込者を指定したのでは、債務のための電話であることを告げるようなものです。そのため消費者金融では在籍確認を行う担当者が個人名を使って電話をすることとなります。

 

インターネット申し込みで、勤務先から申し込み手続きを行ったとなれば在籍確認時に電話を受け取ることもできるでしょう。しかし、自動契約機や店頭窓口など、本人不在の時間に在籍確認が行われることが多いものです。

 

本人不在でも全く問題はありません。
在籍していることさえ確認できれば完了です。

 

 

只今席を外しております。


 

折り返しお電話をいたします。


 

本日休暇を頂戴しております。


これらの回答で構いません。
本人がその勤務先に在籍していることが十分にわかる返答内容です。