自衛官・自衛隊員がお金を借りるには?借金の身辺調査でバレるのが心配

自衛隊がお金を借りるには

自衛官・自衛隊員がお金を借りる

 

自衛隊に所属している自衛官が、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる事は可能です。国家公務員は審査の属性が非常に高く、有利になるため融資金額にも期待ができるでしょう。

 

しかし、自衛隊としては借金に対し身辺調査や指導を随時行っている状況ですので、無理な計画での借り入れはバレてしまうので避けたほうが無難でしょう。

 

すぐにお金を借りたい方は、以下のページをご覧ください。

合わせて読みたい記事

お金借りる

お金借りるならどこがいい?カードローンで初めてキャッシングする方法

 

自衛官は審査の評価が高い

消費者金融だけではなく銀行カードローンでも審査では大きく分けて2つの視点から行います。

 

属性スコアリング 申込書から返済能力を調査する
個人信用情報機関に照会 過去や現在の信用情報を調査する

 

自衛官が審査に強いというのは、属性スコアリングで高い評価を得られることが理由です。申込書にはさまざまな項目を入力することになります。例えば大手消費者金融のプロミスでは申し込み時に、「お客様情報」「自宅情報」そして「勤務先情報」の入力があります。

 

最も項目が多いのは「勤務先情報」であり、やはり返済をするためさらには融資額を決定するためにも「どのような収入形態であるのか?」が重要になることがわかります。また、自衛隊員がキャッシングできないということはありません。

 

業種と職種の選択

 

業種の項目には「公共公的機関」があり、職種の項目には「自衛官」があります。属性項目の中でも大きな評価を得られるのは職業です。

 

公務員 ⇒ 大企業正社員 ⇒ 中小企業正社員 ⇒ 自営業 ⇒ パート・アルバイト

 

各消費者金融、銀行カードローンの審査方法にもよりますが、一般的にはこのような順で高い評価を得ています。もっとも評価が高いのは公務員です。収入が安定している職業であり、なおかつ容易にリストラが行われる職業でもありません。カードローンの融資限度額を高くしても返済額の用意に不安がない職業として公務員は高い評価を得ています。

 

自衛官はキャッシングを控えたほうがよい理由

「自衛隊員は借金をするとクビになる」そう聞いたことがあるかもしれません。実際にはクビになることはありません。しかし影響がないのかといえばそうでもありません。

 

例えば、陸上自衛隊では借財(借金)について好意的なものではありません。

 

借金発覚の原因

 

さまざまな状況から借金発覚があります。日ごろの朝礼、終礼時や対話もあるでしょう。借金が発覚した場合、個別の指導が行われています。これは陸上自衛隊のことだけではありません。詳細は異なるものの、大まかに航空自衛隊も、海上自衛隊も同じ内容です。

 

軽度の借金 返済計画の指導、貯金を使った元金返済の指導、服務指導組織を通じた継続的な返済状況の把握、専門的な立場への相談
重度の借金 家族との連携により元金返済の計画、カウンセリング、相談、分減処分の検討

 

クビになるというものではありません。自衛官はキャッシングを禁止されてはいません。しかし指導されること、分減処分が検討されることから考えても歓迎されるものではないことはわかります。今後の昇進等に影響がでることは容易に推測ができる範囲です。

 

自衛官の借入先は

防衛省・自衛隊では借財問題について長く警鐘をならしてきました。自衛隊員は毎日の職務を全うするために心身ともに健康でなくてはなりません。特に多いのは借金にかかわる精神的な重荷です。ストレスと不安を溜めたまま努められる仕事ではありません。

 

相談先:あなたのさぽーとダイヤル 部隊の法律相談

あなたのさぽーとダイヤルとは
対象者:隊員および隊員の被扶養者
利用時間:24時間年中無休
利用方法:電話、メール、希望者は面接でのカウンセリング
利用料金:無料(通話料含む)

 

防衛省共済組合のホームページ に詳細が記載されています。
ホームページを閲覧するためにはユーザー名とパスワードが必要になりますが「所属支部」か「さぽーと21」で確認できます。

 

共済組合の貸付制度

一般的なキャッシングとは異なる低金利の無担保融資も自衛隊員であれば受けられます。防衛省、自衛隊では自衛隊員に対し消費者金融からのキャッシングではなく、やむを得ず債務を行う場合には共済組合に相談することを進めています。普通貸付のほか、育英などの特別貸付や受託貸付などの制度もあります。また共済組合と銀行系クレジット会社が提携した多目的ローンもあります。