消費者金融業者一覧

大手消費者金融で借りるメリット

数ある消費者金融の中でトップとなっているのが大手消費者金融です。中でもプロミス、アコム、アイフルの3社は貸付だか、資産などの規模も大きく、なおかつ親会社や会社単体が株式上場していた企業で最大手とされています。現在はインターネット専業の消費者金融であるモビットもまた、トップ消費者金融の仲間入りといえるでしょう。

 

大手消費者金融一覧 実質年率 利用限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円
アコム 3.0%〜18.0% 800万円
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円
モビット 3.0%〜18.0% 800万円

 

利用するなら大手消費者金融であること、その理由はそれこそ「大手であること」です。

 

  • 闇金の心配がない
  • 利用方法が充実
  • サービスが豊富
  • 余計なコストがかからない

 

中小消費者金融であればそこが正規の消費者金融かどうかを判断することから始めなくてはなりません。大手消費者金融であればその心配は無用。間違いなく正規の消費者金融です。

 

大手消費者金融は金利も取立ても含めて法律を遵守します。法律に反することをして業務停止命令が出れば損失は何十億、何百億の世界です。

 

そしてさまざまな使い未知が用意されています。例えば申し込み方法一つとっても、インターネット、電話、郵送、店頭窓口、FAXなど豊富に用意されています。そのほか借入や返済でも余計なコストをかけずにしかもインターネット上で行うこともできます。

 

上限金利も18.0%が一般的で、中小消費者金融の上限金利20.0%よりも低く設定されています。

 

充実したサービスで来店することなく申し込みから完済までのすべてが利用できること、そしてよけいな費用を極力抑えられること、大手消費者金融ならではのメリットがあります。

 

 

やっぱりプロミス!は本当だった!
消費者金融のプロミス、大手消費者金融の中でも最大手です。無利息期間も初めての借入から適用と無駄がなく、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば振込みキャッシングも24時間対応になり手数料もかかりません。さまざまなサービスを充実させているプロミスは利便性を十分に備えたトップといえるでしょう。


 

審査通過率とは

申し込みをした以上は審査に通ることが最初の目的です。審査に通らなければお金を借りることはできません。

 

審査通過率=申し込みすうから審査に通過した人の割合

 

「審査が甘い」ところはどこだろうと検索している方も多いでしょう。たいていの場合その検索結果には誰かの口コミであったり、そうらしいというあいまいな回答しかみつけられないものです。

 

大手消費者金融では毎月の月次データを公開しており、その中で審査通過率がわかります。
審査にどれだけ通ったか=成約率です。

 

プロミス月次データ

 

赤で囲っている部分が成約率です。例えば4月であれば成約率(審査通過率)は43.9%となっています。
それでは同じ時期の大手消費者金融の審査通過率をチェックしてみましょう。

 

2017年8月最新データ

プロミス 46.0%
アコム 48.2%
アイフル 47.4%

 

おおよそ2人に1人は審査に通っていることがわかります。ただし、その中には「そもそも審査に通るはずもなかった人」も含まれています。例えば債務整理を行ったり、遅延が長引いたりなどしてブラックになっている方、そして他者からの借り入れが多く総量規制に引っかかっている方などです。そういった状態にある方を差し引くと、審査通過率はぐんと上がるでしょう。

 

大手がダメなら中小消費者金融

大手に申し込みをして審査に通らなかった場合、中小諸費者金融ならまだ可能性はあります。その理由は「中小消費者金融と大手消費者金融では審査で使うデータベースに違いがある」からです。

 

審査では必ず個人信用情報機関に過去や現在の債務状況を照会します。これは大手も中小も同じことです。しかし、大手消費者金融は銀行系列であったり独自の膨大なデータベースを持っており、コンピューターの自動審査で属性スコアリングを行っています。いってみれば非常にシビア。

 

中小消費者金融にはそれほど大きなデータはありません。それぞれの中小消費者金融が独自審査を行っています。確実に返済ができるかどうかを独自の審査で行っているため、どのようにして返済をしようと考えているのかという状況の説明も聞き入れてもらえるほどです。

 

ただし覚えておかなければならない抽象消費者金融の特徴もあります。

 

  • 申し込みの基本は来店
  • カードが発行されず追加融資は再手続き
  • 金利が高い
  • 安心できる中小消費者金融探しから

 

実は未だにネット申し込みのみで完結できる中小消費者金融は少なく来店が基本となっています。それだけではなく日曜休みで平日も時間が限られるなど、申し込みの利便性は決して高いものではありません。

 

中小消費者金融は安全性を見極めるところから

大手消費者金融ほどの知名度がない中小消費者金融。業者名を聞いてもぴんとこないというのは当然のことです。正規の消費者金融として中小企業でも健全な営業をしているところを見極めなくてはなりません。知名度が低い、名前を知らないということは、そこが正規の消費者金融なのかそれとも闇金なのかを判断する材料が乏しいことになります。

 

正規の消費者金融であれば貸金業法にのっとって運営をしているため危険なことはありません。ただし、利便性は大手には大きく劣ります。
最初から中小消費者金融に狙いをだだめるのではなく、「大手消費者金融に通らなかったときの次の手段」として中小消費者金融を考えましょう。

 

中小消費者金融の独自審査は、大手消費者金融に断られた方に最後の手段です。

 

合わせて読みたい記事

審査が甘いとされる中小消費者金融一覧を人気順にランキング

 

消費者金融選ぶ際の注意点

十分な比較は欠かすことができません。順序を間違えないようにしましょう。

 

  1. 大手消費者金融の中から選ぶ(↓大手消費者金融の審査に落ちたら)
  2. 中小消費者金融を選ぶ

 

次に、いくつか候補を絞ってから比較をします。比較項目のポイントを絞ると調べやすくなるでしょう!

 

@金利の比較

下限の金利ではなく上限金利を比較しましょう。銀行カードローンは融資額に応じて適用金利がかわりますが、消費者金融は審査の結果によって決まります。そして、初めてのキャッシングであればたいてい上限金利が適用されます。

 

A申し込み方法の比較

インターネット申し込みであれば24時間いつでも申し込みが可能となりますが、大手以外であれば来店必須となるところも珍しくありません。
自分が申し込みできる方法が用意されているのか、時間はどうなっているのかを確認しましょう。

 

B返済方法の比較

多少面倒が生じてもどうしても借りなければならない状況になれば借りるものです。しかし返済となれば後回しにしがち。少しでも早く、多く返済をするためにも返済方法は自分にとって便利なものである必要があります。

 

C会員サービスで利用ができる内容の比較

大手消費者金融であればインターネット上に会員サービスがあり、振込みキャッシングやインターネット返済はもちろんのこと、登録内容の変更などもすべて行うことが可能です。手間がかからない便利な方法が充実していることもより早く完済するために欠かせません。

 

消費者金融に申し込む際の注意点

どこに申し込みをするのかを決めたらやたらめったらなことはしないで、「大手1社」に絞りましょう。同時申し込みは申し込みブラックの状態になり、受かるものも受からなくなってしまいます。

 

必要最低限を希望額にして堅実な申し込みをしましょう。

 

極甘審査ファイナンスに注意

ブラックの状態になっていて普通の消費者金融からは借りれそうもない、そう思っていたとしてもキャッシング先には十分に気をつけなくてはなりません。極甘審査ファイナンスで検索をしても、当然出てくるのは闇金ばかり。ファイナンスなどと言葉を変えたところで闇金であることに変わりありません。

 

闇金では未だにトイチ、トゴが一般的な金利設定で、返済を請求する方法も映画で見るようなものそのままです。間違いのない安心な消費者金融を選択すること、賢いキャッシングとは使い方だけではなく選び方から始まっています。