専業主婦でも借りられるカードローンはある?

専業主婦でも借りられるカードローンはある?

結論から言うと消費者金融では無理です。銀行カードローンの中にいくつか専業主婦でも借りられるカードローンがあります。

 

消費者金融で専業主婦が借りられない理由は、消費者金融には総量規制があり、本人の年収の3分の1までが貸金業者から借入ができる上限となっています。

 

そのため専業主婦は収入がない、つまり3分の1が上限の総量規制に当てはめても、借入ができる上限は0円だ、というのが理由とされていますが、実際には違います!

 

貸金業法の中では配偶者貸付(専業主婦は配偶者の収入を審査の対象として借入をすること)を認めています。
配偶者貸付をよしとするかどうかは消費者金融各社にゆだねていますので「消費者金融各社の判断で配偶者貸付を行っていない」ということです。

 

銀行カードローンは専業主婦が借入できるところもありますが、すべてではありません。むしろ専業主婦が配偶者貸付で借入ができる銀行カードローンは限られています。

 

合わせて読みたい記事

個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

 

専業主婦はバレないキャッシングはできる?

残念ながら旦那さんにバレないキャッシングはできません。
なぜなら、申し込みをすると審査が始まりますが、その対象となるのは配偶者です。

 

在籍確認は夫の会社へ?

間違いなく働いているのかを確認するための在籍確認がありますが、基本的に専業主婦の場合には自宅への電話となります。
配偶者の勤務先に連絡をすることはありませんが、ケース倍ケースも考えられるため事前に確認したほうがよいでしょう。

 

また配偶者の同意書や所得証明書類の提出が求められる場合もあるためバレないというのは難しいでしょう。

 

合わせて読みたい記事

会社に在籍確認や電話連絡なしでお金を借りれる?

 

専業主婦のカードローン申し込み、いくらまで借りられる?

配偶者がいくら収入が高くても専業主婦は基本的に30万円が限度額です。
イオン銀行、楽天銀行は例外で50万円まで可能とはなっているものの、なぜ専業主婦は限度額が低く設定されるのでしょうか。

 

配偶者と離婚をすると、現状専業主婦の方は仕事を探し始めることからはじめたとしてもすぐに収入を得られるものではありません。またそれが「安定した収入」となるまでには少なくとも半年以上の勤続が必要です。

 

確実な返済がカードローン審査の基本です。
そのため専業主婦の限度額は30万円という返済できうる金額が設定されています。

 

夫の収入の3分の1までは借りられるという勘違いが増えています。消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などに適用される総量規制は本人の収入に対してのものです。

 

生活費を補填するためのキャッシングは危険

専業主婦がキャッシングをする理由で最も多いのは「生活費の補填」です。

 

キャッシングの申し込み理由に「生活費の補填」と書けば審査に通ることはありません。また実際に生活費を補うために借入をすることも危険です。
その理由はなんでしょうか。

 

突発的な出費のためのキャッシングであれば、その「お金が足りない」という状況も突発的なもの。
しかし生活費が不足しているためならばそれは来月も再来月も続く慢性的なものです。

 

いずれ返済ができない状況がくることが推測できる、そのため生活費の補填に使うのは危険です。

 

生活費が足りない時にお金を借りてもいい?