結婚式のご祝儀が払えない・足りない時の対処法

失礼のないように知っておきたいご祝儀の一般常識

お祝いの席でもあり、おめでたいことでもある結婚式。年齢によっては結婚式の招待が多くなることもあります。急な結婚式というのはそうそうあるものではありません。しかし、結婚式に参列するにしても意外に多くのお金がかかるものです。

 

ご祝儀

 

ご祝儀の相場は?

実は地域によってもご祝儀の相場は異なります。例えば友人の結婚式であれば北海道、東北では平均して2.6万円ですが関東関西になると平均3万円です。

 

  北海道 東北 関東 東海 関西 九州
親族 8.3万円 4.9万円 6.4万円 7.2万円 6.7万円 5.6万円
友人 2.6万円 2.6万円 3万円 3万円 3万円 2.9万円
上司 3.7万円 3万円 4万円 4万円 3.9万円 3.5万円

 

ただし現在は会費制の結婚式も多くなっているため、その場合には参列者側も明確な金額が提示されており不安が解消されます。会費制の結婚式では5千円から1万5千円程度となっており比較的費用の心配はありません。

 

気になるのは「会費以外のご祝儀」でしょう。多くの場合、結婚式の招待状に「会費制であるためご祝儀の用意は必要ありません」などの記載がされています。実際に会費以外のご祝儀は必要ありません。ところがここが少し複雑になります。

 

同じ立場であれば、例えば友人関係にある、同僚にあるという場合にはご祝儀の必要はありません。また自分が下の立場にある、つまり部下が上司や取引先の結婚式に参列する場合にもご祝儀の必要はありません。

 

ところが、参列する自分が目上の立場にある場合や親戚関係にある場合にはご祝儀を用意することも多い傾向にあります。また、夫婦で招待されている場合には2名分のご祝儀が必要になります。

 

 

ちょっとポイント
包む金額によってご祝儀袋の種類も異なります。豪華な祝儀袋の中身が少ない、などとならないようにご祝儀袋と金額の見合い方にも気を配りましょう。


 

相場より少ないと駄目なの?

会費制であればその金額は必ず用意しなくてはなりません。しかしご祝儀であればどうでしょうか?

 

例えば社会人になりたてでありそれほど大きな給料をもらっていないという場合もあります。無理をせずに「2万円」のご祝儀でも本来は問題がありません。

 

結婚式のご祝儀は本来、「割り切れる数字は、割れる=切れる」として縁起の悪い数字とされてきました。しかし現在では「2」はペアを表すとして一般的ともなっているため心配は要りません。

 

 

ちょっとポイント
金額だけではなく気をつけたいのはお札です。ご祝儀のお札は新札が基本になるため、銀行で新札に交換してもらいましょう。

 

お金を新札に替えるには銀行が一番確実!5つの噂も検証


 

ご祝儀以外にも・・・

結婚祝い、聞いたことがあるでしょう。結婚式にご祝儀や会費を用意して参列しても、後日自宅に郵送となるように結婚のお祝いを送ることも少なくありません。

 

  • 会費制の結婚式の場合は、お祝いの品を後日郵送
  • ご祝儀の結婚式の場合は、お祝いとお呼ばれのお礼の手紙を後日郵送

 

地域によって、また同じく結婚式に参列した人たちとの兼ね合いもあります。周囲に確認し、送るか送らないのかを確認すると安心でしょう。

 

意外と多くかかる結婚式参列の費用

結婚式に参列するための衣装、女性ならヘアセットも必要です。ご祝儀や会費、さらに後日お祝いの品を郵送する風習がある地域であればその費用までかかります。お祝いの席とはいえ大きな金額がかかるもの。それが年に何度も重なれば難しくなるのは当然といえるでしょう。

 

例えば、消費者金融のプロミスなら30日間無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)もあり翌月のお給料で返済をすれば利息がかからず無駄がありません。友人、親戚、会社関係など現代の交友関係は幅が広く結婚式の参列も多くなるでしょう。
後々に響くことのないように無理なく、お祝いをしたいものです。

 

プロミスの借り方(即日融資の申込方法〜借入・返済まで)