未成年やバイトしてない学生でもお金を借りれますか?

20歳以上で安定した収入がないとお金は借りれない

「学生」として考えるのではなく「収入がある成人」と考えるとわかりやすいでしょうか。実は学生かどうかは大きな問題ではありません。

 

消費者金融でも銀行カードローンでも、申し込みには条件があります。最近ではメガバンクでも柔軟な申し込み条件となっておりかつてのような「前年度の収入200万円以上!」や「正社員としての勤続2年以上!」といった制限は全国展開をしている金融機関では見られなくなりました。

 

消費者金融、銀行カードローンの申し込み条件を見てみましょう!

 

プロミス

年齢20歳〜69歳の本人に安定した収入がある方
主婦、学生でもパート、アルバイトなどの安定した収入がある方は可能

アコム

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
アコム基準を満たす方
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも収入があれば可能

モビット

満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も可能

レイク

満20歳以上70歳以下の安定した収入のある方
パート、アルバイトで収入のある方も可能

三井住友銀行カードローン

満20歳以上69歳以下の原則安定した収入のある方
保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

 

いずれも20歳以上で収入があることが条件となっています。その収入はアルバイトも認められていることがわかります。

 

どのカードローンでも年齢条件のほかにもうひとつ付け加えられているのが安定した収入です。それでは「安定した収入」とはどのような収入をさしているのでしょうか。パートやアルバイトによる収入を認めている以上、正社員として基本給を得ていなければならないという条件ではありません。ここでいう安定とは、「原則毎月収入がある」ということ。

 

例えば5万円のアルバイト収入でも勤めて半年ともなれば5万円の給料を5ヶ月連続で受け取っていることなり「収入が安定している」ことになります。逆に、10万円のアルバイト収入があっても、先月は働かなかったから無収入で今月は10万円だったとなれば「収入が安定しているとはいえない」ことになります。

 

高い収入が安定している必要はありません。毎月収入を得ていることが「安定」になります。それでは20歳以上で安定した収入が条件となっていることを元にしてどのような属性なら申し込みができるのかチェックしてみましょう!

 

  アルバイトをしている20歳以上 アルバイトをしていない20歳以上 19歳学生 18歳学生 高校生
プロミス × × × ×
アコム × × × ×
モビット × × × ×
レイク × × × ×
三井住友銀行 × × × ×

 

やはり20歳以上でアルバイトなどによる収入があることが条件です。未成年では借りることができません。そもそもの申し込み条件が「20歳以上」となっているため、自己責任で利用ができる成人に限られていることがわかります。

 

学生ローンであれば、18歳から利用ができる業者も多いで、以下の記事を参考にして下さい。

 

合わせて読みたい記事

学生ローン一覧|おすすめの学生ローンはどこ?

 

判断できないなら大手を選ぶ

学生で、すでにキャッシングのイロハを熟知しているという方はいないでしょう。大半の方が初めてのキャッシングになるはずです。「どこが安全で、どこが危険か?」「どこが使いやすくて、どこが返済しやすいか?」借りたら返す、そのシステムがわかっていても「どこで借りるのか」が明確にわからないのであれば大手から選択するにこしたことはありません。

 

お金を借りる先は「消費者金融」と「銀行カードローン」があります。それぞれに特徴があります。
それでは大手のキャッシングにはどのような特徴があるのかをみてみましょう!

 

消費者金融

  • 金利が高い
  • 申し込みから融資までのスピードが早い(最短即日融資可能)
  • 利用方法や会員サービスが充実している

 

プロミス

最大手消費者金融。借入、返済の方法、会員サービスが充実。コンビニATMも利用できるため全国どこからでも利用可能。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があればネット利用も無料で24時間便利に。

 

30日間無利息サービスがある。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

アコム 大手消費者金融。借入、返済の方法が充実。コンビニATMも利用できるため全国どこからでも利用可能。楽天銀行口座があればネット利用も無料で24時間便利に。30日間無利息サービスがある。
モビット インターネット専業消費者金融。インターネット上だけで申し込み、契約、借入、返済のすべてができるカードレスのWEB完結がある。振り込みキャッシングには24時間対応がないため、カードレスなら平日だけに利用が限られる。

 

銀行カードローン

  • 融資限度額に応じて金利が決められている
  • 最短で即日融資も可能(自動契約機がある場合)
  • 会員サービスが少ない
  • 提携ATMも利用手数料が無料になる銀行が多い
  • 保証会社による審査もある

 

レイク 新生銀行カードローン。元消費者金融だったこともあり全国に自動契約機がある。金利は高いが消費者金融のようなスピードがある。無利息期間が2種類、30日間と180日間から選択(期間によって利用条件が異なる)できる。
三井住友銀行 メガバンクのカードローン。融資限度額に応じて適用金利が決められており、最も高い金利でも14.5%と消費者金融と比べると格段に低い。三井住友銀行ATMだけではなく提携ATMもすべて利用手数料が無料。

 

ここまでに出た、気になるワードを解説!

金利 借りた金額に対して年間でかかる利息の割合。
利息 日割りで計算し、借りた金額に加算して返済する。返済額の内訳は元金(借りたお金)充当額と利息。手数料のようなもの。利息=借入金額×金利÷年間日数×利用日数
即日融資 申し込みをしたその日のうちに借入までができる。「即日審査」は申し込みをしたその日のうちに審査が始まるということで即日融資とは異なる。
審査 貸しても良いのか、いくらなら貸せるのかを、申込書に記入された内容・勤務状態・過去や現在の借金など総合的に判断する。
提携ATM 消費者金融や銀行の専用ATMのほかに、コンビニATMなどの提携先のATMがある。
無利息期間(無利息サービス) 利息がかからない期間。その期間は金利0%。
振り込みキャッシング 借りるお金を引き出すためにATMを利用するのではなく、自分の銀行口座に振込みをしてもらうサービス。銀行営業時間に準ずるため振り込み実施は平日に限られるが、24時間対応のサービスがある場合もある。
融資限度額 審査によって決められた「いくらなら貸せるか」の金額。消費者金融や銀行カードローンでは融資限度額の範囲は自由に借入ができる。
保証会社 銀行カードローンは保証会社による保証が必要。保証会社は保証人と同じ役割を持っており、独自に審査をするため銀行と保証会社2つの審査を受けることになる。
メガバンク 日本3大都市銀行のこと。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行。

 

闇金の恐ろしさ

大手を選ぶ理由のひとつに「危険の回避」があります。実は学生がお金を借りるときにはこれが最も重要なポイントです。社会経験をつんだ大人でも闇金融と中小消費者金融の区別がつきません。

 

闇金という言葉だけでもそこが安全な場所ではないことはお分かりになるでしょう。大手消費者金融、メガバンクとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

  金利 10万円借りたときの1ヵ月後の利息(※上限金利で計算)
プロミス 4.5%〜17.8% 1,463円
アコム 3.0%〜18.0% 1,479円
闇金 365%〜1825% 150,000円

 

金利には幅があり、消費者金融なら初めての借入ではたいてい上限金利が適用されます。銀行カードローンは融資限度額に応じて決められていますが三井住友銀行カードローンは融資限度額が100万円未満の場合12.0%〜14.5%が適用されますので上限金利14.5%でシミュレーションをしました。

 

金利が低い三井住友銀行では10万円を借りたときの1ヵ月後の利息はほかに比べて300円程度低くなっています。

 

一方で闇金はどうでしょうか?
ほかのカードローンが1,500円に満たない利息だというのに同じ条件で借入をしながら利息は15万円です。到底返済ができる額ではありません。

 

 

闇金でよく聞く、「トイチ」「トゴ」は金利を指しています。
トイチ→金利365%
トゴ→金利1825%


 

闇金の恐ろしいところは、この法外な金利による利息を月に一度の返済ではなく週に一度支払わなければならないことです。10万円をトゴで借りて1週間後にその利息は3万5千円。つまり13万5千円を返済しなくてはなりません。返せない金額であることは明白です。10万円が用意できず必要に迫られて借りたというのに、たった1週間で底に利息3万5千円をつけて返済ができるでしょうか。

 

「利息だけの返済でよい」闇金業者はこう言います。助かったと感じるでしょう。しかし利息はいくら払っても元金に充当されるものではないためいつまでもただ利息だけを払い続け元金の返済はできません。

 

闇金の「暴利」による「返済させないシステム」の完成です。

 

中小消費者金融、さらには学生ローンもまた消費者金融ですが学生にとって安全か否かを判断するには非常に難しい現実があります。なにしろ闇金融は現在、ネット上に公式ホームページを持っており、それは大手とも錯覚しかねないほど立派なつくりになっています。かつてのように真っ黒な背景に白・緑・赤の文字を羅列させるいかにも怪しげなサイトではありません。

 

危険を回避する、そのためには大手から選択することは重要なことです。

 

合わせて読みたい記事

恐るべき闇金の手口!ヤミ金による取り立ての実態

 

学生が大金を借りたい理由

サークルの集まりがあって今週末に3万円が必要、電子辞書が壊れてしまって新しいのを買うために5万円が必要。実はこれは少額キャッシングです。

 

プロミス、アコムでは無利息期間を使って利息を抑えたキャッシングができます。さらに新生銀行カードローンのレイクなら5万円までの借入は180日間無利息。つまり半年をかけて利息を気にすることなくゆっくりと返済ができます。

 

新生銀行カードローンレイクの無利息期間

  180日間無利息 30日間無利息
対象者 レイクで初めて契約をする
契約額1〜200万円の方 契約額制限なし
無利息開始日 契約翌日
無利息対象額 借入額のうち5万円まで 借入全額

 

しかし大きな金額となれば話は違います。例えば学費。返還型給付金は返済が始まったときの借金地獄が社会問題にもなっています。かといって給付型奨学金はその審査や条件も非常に厳しく優秀な成績を修めていなければなりません。

 

学生でも借りれる教育ローンはある?

教育一般貸付として国の教育ローンがある日本政策金融公庫では最高350万円までを固定金利1.81%の超低金利で申し込みができます。
20日程度で入金となるため余裕を持った申し込みが必要になりますが、受験前でも、そして奨学金との併用もできることもあって学びたい意欲を支援しています。

 

申込者には条件があります。
「融資の対象となる学校に入学・在学する方の保護者」
さらに世帯年収にも子供の人数に応じた上限額が設けられています。
両親のうち主に生計を維持している方が申込者になりますが、基本的には学生本人が申し込みをすることはできません。

 

ただし以下の条件が整えば学生本人の申し込みも可能です。

  • 成人
  • 安定した勤務収入がある
  • 独立をして生計を立てている

※未成年では借りることができません。

 

 

学生と借金の怖さ
アルバイトによる収入があるでしょう。お金を借りればその先々の収入の中から「返済」という固定支出を出さなくてはなりません。
毎月毎月返済をすることを良く考えて、借りすぎないように注意が必要です。