キャッシュカードにローン機能を付けてお金を借りる

キャッシュカードがキャッシングカードになるのは一部の銀行だけ

お金を借りるとき、「キャッシングのカードを作る」というのは当然の流れです。しかし、今手持ちの銀行キャッシュカードがそのままキャッシングカードになればどうでしょうか?
新たに借入先を作るのではなく、ひとつの銀行ですべてを完結させることで使い勝手もよく管理しやすいキャッシングができます。

 

しかし、すべての銀行のキャッシュカードがキャッシングカードになるわけではありません。一部の銀行だけがそのサービスに対応しています。大手銀行では3つの銀行がキャッシュカード一体型カードローンを提供しています。

 

 

キャッシュカードとキャッシングカードの一体型、カードが一枚ですむなどの単純な理由以外にもメリットが多くあります。

 

本人確認書類不要

銀行口座を開設するときにすでに本人確認書類を提出しています。そのため基本的には本人確認書類の提出は不要です。

 

キャッシュカードがすぐにキャッシングカードに

審査が終わり、契約が完了するとキャッシュカードを使ってそのままキャッシングが可能です。郵送やカードの受け取りの手間がありません。

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード兼用型

みずほ銀行カードローンでは「カードローン専用カード」と「キャッシュカード兼用型」の2種類があります。金利や借り入れ方法、返済方法には変わりがありませんが、申し込み時にどちらにするのかを選択します。

 

キャッシュカードでの利用を希望するとカードローン口座が開設された後すぐにキャッシュカードを使って利用開始です。

 

 

みずほ銀行はカードローン利用時には必ず口座開設が必要です。申し込みの段階で口座をお持ちではなくてもカードローン申し込みと口座開設の同時申し込みになります。


 

申し込み方法

  1. みずほ銀行カードローンの公式ホームページにあるインターネットからお申し込みの「みずほ銀行口座をお持ちの方はこちら」に進む
  2. 【必要事項入力】申し込み入力画面に必要事項を入力し送信します。
  3. 【審査】審査結果がメールまたは電話できます。
  4. 【借り入れ開始】審査に通ればそのキャッシュカードは借り入れも可能なカードになります。

 

キャッシュカード兼用型だけのサービス

利用できるサービスがキャッシュカード兼用型とカードローン専用型では違いがあります。キャッシュカード兼用型では、カードローン専用型にはないサービスがあります。

 

  キャッシュカード兼用型 カードローン専用型
自動貸越機能 ×
自動振替サービス 申し込みよりセットで追加
自動融資サービス 申し込みにより追加

 

自動貸越機能

普通預金から引き出すときに残高が不足していても利用残高の範囲内で自動的に不足額を融資で補う機能です。

 

自動融資サービス

公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済などで普通預金口座残高が不足する場合、不足額を自動融資で補う機能です。

 

自動振替サービス

カードローン口座へ返済をするとき入金後の残高がプラスになっても自動的に普通預金口座に入金する機能です。

 

 

カードローン専用型とキャッシュカード兼用型は切り替えができます。


 

三井住友銀行カードローンの借り方(金利・月々の返済額)

みずほ銀行カードローンの借り方(申込方法〜金利・返済方法まで)