個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

銀行カードローンの低金利はどのくらいの得がある?

銀行カードローンでお金を借りる

 

少額キャッシングならすぐに思い浮かぶのが消費者金融です。これには一つの傾向があり「少額の借り入れなら消費者金融でも危険はない」というイメージが定着しているからであろうと考えられます。また「銀行融資は大きな金額の扱い」もイメージとして定着していることでしょう。

 

ところが実際には銀行カードローンでも少額からキャッシングが利用できます。そして少額キャッシングでも低金利であることが銀行カードローンの魅力です。まずは消費者金融とメガバンクの上限金利の違いを見てみましょう!

 

大手消費者金融 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン みずほ銀行カードローン オリックス銀行カードローン
18.0% 14.5% 14.6% 14.0% 17.8%

 

銀行は融資限度額に応じて適用金利が決まります。少額キャッシングの場合、上限金利が適用となりますがそれでもこれほど金利が低く設定されています。それでは実際にはどのくらいの金利の違いがあるのかを確認してみましょう。

 

借入額 返済回数 大手消費者金融 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
18.00% 14.50% 14.60% 14.00%
利息総額
10万円借入時 1回 1,479円 1,191円 1,200円 1,150円
5回 4,543円 3,652円 3,677円 3,524円
10回 8429円 6,760円 6,807円 6,523円
30万円借入時 1回 4,438円 3,575円 3,600円 3,452円
10回 25,296円 20,292円 20,433円 19,579円
20回 49,465円 39,499円 39,783円 38,091円

 

借入金額だけではなく、返済回数も利息に影響をしています。

 

利息の計算方法
利息=借り入れ残高×金利÷年間日数×利用日数

 

むしろ返済回数(利用日数)の方が利息に影響を与えていることが表を見てもわかります。しかし考えなくてはなりません。金利が低ければ返済回数が多くても負担が少なくなっていることがわかります。少額キャッシングであればそれほど大きな違いではないものの、大きな金額でありなおかつ返済回数が多くなればそれだけ利息の違いははっきりとしてきます。

 

 

大きな借入額だけではなく、銀行カードローンなら少額キャッシングでも利息の負担を抑えられるだけの低金利になっています。


 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの借り方(金利・月々の返済額)

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの借り方(テレビ窓口〜借入・返済方法まで)

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの借り方(申込書類〜借入・返済まで)

 

銀行カードローンの金利を比較しよう!

低金利の銀行カードローン、メガバンクでも上限金利は14%台になっています。しかし、借り入れをするときには自分が利用したい金額に対して適用される金利を比較しなければなりません。金利には「下限〜上限」が表記されていますが、下限を比較するのは意味のないことです。

 

自分が借り入れをしたい額に対する適用金利を比較しましょう。

 

契約極度額 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
100万円以下 年 12.0%〜年 14.5% 年12.6%〜年14.6% 年14.0%
100万円超200万円以下 年 10.0%〜年 12.0% 年9.6%〜年12.6% 年12.0%
200万円超300万円以下 年 8.0%〜年 10.0% 年7.1%〜年9.6% 年9.0%
300万円超400万円以下 年 7.0%〜年 8.0% 年6.1%〜年7.1% 年7.0%
400万円超500万円以下 年 6.0%〜年 7.0% 年1.8%〜年6.1% 年6.0%
500万円超600万円以下 年 5.0%〜年 6.0%   年5.0%
600万円超700万円以下 年 4.5%〜年 5.0% 年4.5%
700万円超800万円以下 年 4.0%〜年 4.5%
800万円以上1,000万円以下   年4.0%

 

例えば100万円を借り入れたいときには、「三井住友銀行12.0%〜14.5%」「三菱東京UFJ銀行12.6%〜14.6%」「みずほ銀行14.0%」を比較します。下限金利にはどこのカードローンでも魅力があります。それは消費者金融でも同じこと。

 

しかし消費者金融では一般的に初めての借り入れには上限金利が適用されるものであり、銀行カードローンではあらかじめ融資限度額に応じた適用金利が決められています。適切な金利を比較しなければ「比較した」とは言えません。

 

実は重要だった!提携ATM利用手数料無料!

大手消費者金融と同じように返済方法はメガバンクのカードローンであれば充実しています。口座引き落としのほかATMが利用できるのは大きなポイントです。

 

なぜ返済を比較するの?

仮に30万円を借り入れたとしましょう。それは初めの1度です。カードローンの特徴として融資限度額の範囲は自由に借り入れができますが、頻繁に借り入れを繰り返していたのではいくら自由であってもそれは負担の大きな借金になる可能性が高くなります。借り入れの回数は極力抑えること、それがキャッシングの賢い使い方です。

 

「借り入れ回数<返済回数」となるはずです。返済は最低限、月に一度は必ず行わなければなりません。だからこそ返済を軸にした銀行カードローンの比較も重要です。自分にとって便利な方法、なおかつ無駄な手数料を支払う必要のない方法であることがベストでしょう。

 

三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
三井住友銀行本支店ATM 三菱東京UFJ銀行ATM みずほ銀行ATM
イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM
ゆうちょATM 三菱東京UFJダイレクトの振り込み返済 ゆうちょ銀行ATM
SMBCダイレクトの振り込み返済 自動支払い(口座振替) みずほダイレクトの振り込み返済
口座振替   口座振替

 

青色になっているところが利用手数料無料の返済方法です。返済方法が充実しているのかではなく、自分が積極的に利用しやすい返済方法に手数料がかからないことがポイントです。

 

なぜお金が必要なのかを見極める

銀行でお金を借りる、そう決めた理由は何でしょうか?消費者金融には(大手消費者金融に限っては)スピードという大きなメリットがあります。その一方で金利の高さはスピードと引き換えの条件でもあります。

 

金利の低いフリーローンもありますが、銀行カードローンとは大きな違いがあります。目的に合わせた選択が必要です。

 

フリーローンは資金使途が明確になっている借り入れ専用のローンです。金利が非常に低い反面、返済は月々決められた額で口座引き落としがされるのみであり追加返済をするためには繰り上げ返済の形をとらなくてはなりません。

 

その繰り上げ返済は自由に行えるものではなく銀行窓口に出向いて繰り上げ返済手数料5400円を支払ったうえで行うのが一般的です。臨機応変な自由返済が認められていないのは低金利と引き換えの条件でもあるでしょう。

 

また、融資限度額の範囲内で自由に借り入れができるカードローンとは違い、明確な資金使途に対する融資となるため新たに借り入れをするためにはもう一つローンに申し込みをしなくてはなりません。

 

銀行でお金を借りることを考えているならば使い道によりますがカードローンを使って、返済計画を立てながら臨機応変な返済に対応できる道が安全と考えてよいでしょう。

 

銀行カードローンは金利が低い、それも少額のキャッシングからすでに低金利が用意されています。メガバンクなら即日融資の可能性も高いためスピードすら消費者金融に近いところまできています。借りる返すというシンプルな使い方であれば銀行カードローンは効率の良いキャッシングができるようになってきました。

 

メガバンクのカードローンと消費者金融、違った特徴はどこにあるのでしょうか?

 

メガバンクカードローン 比較項目 大手消費者金融
最短30分 審査時間 最短30分
シンプル 会員ページ 充実
無料 提携ATM利用手数料 有料
低い 金利 高い

 

申し込み方法にはインターネットも自動契約機もあり変わりありません。また返済方法も口座振替からATMでの返済まで充実しています。しかし比べてみるとスピードは消費者金融、お得は銀行カードローンであることがわかります。

 

ただし「銀行カードローン」とは地方銀行ではなくメガバンクに限ったこととして考えておく必要があります。

 

メガバンク 地方銀行

20歳以上の安定した収入があること
保証会社による保証を受けられること

20歳以上の安定した収入があること
保証会社による保証を受けられること
営業区域内に住まい化勤務先があること

 

地方銀行では「今後も継続して銀行を利用すること」がカードローン利用者に求められています。つまりカードローン以外の商品(預金や給与振り込み、公共料金の引き落とし、住宅ローンなど)でも顧客になる方に向けた商品であるということ。そのため全国どこにいても利用ができるものではなく、その銀行の営業区域内に住まいか勤務先があることは必須条件です。