個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

銀行カードローンの低金利はどのくらいの得がある?

銀行カードローンでお金を借りる

 

少額キャッシングならすぐに思い浮かぶのが消費者金融です。これには一つの傾向があり「少額の借り入れなら消費者金融でも危険はない」というイメージが定着しているからであろうと考えられます。また「銀行融資は大きな金額の扱い」もイメージとして定着していることでしょう。

 

ところが実際には銀行カードローンでも少額からキャッシングが利用できます。そして少額キャッシングでも低金利であることが銀行カードローンの魅力です。まずは消費者金融とメガバンクの上限金利の違いを見てみましょう!

 

カードローン 上限金利
大手消費者金融 18.0%
三井住友銀行カードローン 14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6%
みずほ銀行カードローン 14.0%
オリックス銀行カードローン 17.8%
新生銀行カードローン レイク 18.0%

 

銀行は融資限度額に応じて適用金利が決まります。少額キャッシングの場合、上限金利が適用となりますがそれでもこれほど金利が低く設定されています。それでは実際にはどのくらいの金利の違いがあるのかを確認してみましょう。

 

借入額 返済回数 大手消費者金融 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
18.00% 14.50% 14.60% 14.00%
利息総額
10万円借入時 1回 1,479円 1,191円 1,200円 1,150円
5回 4,543円 3,652円 3,677円 3,524円
10回 8429円 6,760円 6,807円 6,523円
30万円借入時 1回 4,438円 3,575円 3,600円 3,452円
10回 25,296円 20,292円 20,433円 19,579円
20回 49,465円 39,499円 39,783円 38,091円

 

借入金額だけではなく、返済回数も利息に影響をしています。

 

利息の計算方法
利息=借り入れ残高×金利÷年間日数×利用日数

 

むしろ返済回数(利用日数)の方が利息に影響を与えていることが表を見てもわかります。しかし考えなくてはなりません。金利が低ければ返済回数が多くても負担が少なくなっていることがわかります。少額キャッシングであればそれほど大きな違いではないものの、大きな金額でありなおかつ返済回数が多くなればそれだけ利息の違いははっきりとしてきます。

 

 

大きな借入額だけではなく、銀行カードローンなら少額キャッシングでも利息の負担を抑えられるだけの低金利になっています。


 

三井住友銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

 

オリックス銀行カードローン

 

銀行カードローンの金利を比較しよう!

低金利の銀行カードローン、メガバンクでも上限金利は14%台になっています。しかし、借り入れをするときには自分が利用したい金額に対して適用される金利を比較しなければなりません。金利には「下限〜上限」が表記されていますが、下限を比較するのは意味のないことです。

 

自分が借り入れをしたい額に対する適用金利を比較しましょう。

 

契約極度額 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
100万円以下 年 12.0%〜年 14.5% 年12.6%〜年14.6% 年14.0%
100万円超200万円以下 年 10.0%〜年 12.0% 年9.6%〜年12.6% 年12.0%
200万円超300万円以下 年 8.0%〜年 10.0% 年7.1%〜年9.6% 年9.0%
300万円超400万円以下 年 7.0%〜年 8.0% 年6.1%〜年7.1% 年7.0%
400万円超500万円以下 年 6.0%〜年 7.0% 年1.8%〜年6.1% 年6.0%
500万円超600万円以下 年 5.0%〜年 6.0%   年5.0%
600万円超700万円以下 年 4.5%〜年 5.0% 年4.5%
700万円超800万円以下 年 4.0%〜年 4.5%
800万円以上1,000万円以下   年4.0%

 

例えば100万円を借り入れたいときには、「三井住友銀行12.0%〜14.5%」「三菱東京UFJ銀行12.6%〜14.6%」「みずほ銀行14.0%」を比較します。下限金利にはどこのカードローンでも魅力があります。それは消費者金融でも同じこと。

 

しかし消費者金融では一般的に初めての借り入れには上限金利が適用されるものであり、銀行カードローンではあらかじめ融資限度額に応じた適用金利が決められています。適切な金利を比較しなければ「比較した」とは言えません。

 

実は重要だった!提携ATM利用手数料無料!

大手消費者金融と同じように返済方法はメガバンクのカードローンであれば充実しています。口座引き落としのほかATMが利用できるのは大きなポイントです。

 

なぜ返済を比較するの?

仮に30万円を借り入れたとしましょう。それは初めの1度です。カードローンの特徴として融資限度額の範囲は自由に借り入れができますが、頻繁に借り入れを繰り返していたのではいくら自由であってもそれは負担の大きな借金になる可能性が高くなります。借り入れの回数は極力抑えること、それがキャッシングの賢い使い方です。

 

「借り入れ回数<返済回数」となるはずです。返済は最低限、月に一度は必ず行わなければなりません。だからこそ返済を軸にした銀行カードローンの比較も重要です。自分にとって便利な方法、なおかつ無駄な手数料を支払う必要のない方法であることがベストでしょう。

 

三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
三井住友銀行本支店ATM 三菱東京UFJ銀行ATM みずほ銀行ATM
イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM
ゆうちょATM 三菱東京UFJダイレクトの振り込み返済 ゆうちょ銀行ATM
SMBCダイレクトの振り込み返済 自動支払い(口座振替) みずほダイレクトの振り込み返済
口座振替   口座振替

 

青色になっているところが利用手数料無料の返済方法です。返済方法が充実しているのかではなく、自分が積極的に利用しやすい返済方法に手数料がかからないことがポイントです。

 

銀行でお金を借りる時に必要なもの

銀行カードローンで個人が融資を受ける場合本人確認書類が必要になるのは実は法律によって決められています。「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」です。

 

  • 口座開設、貸金庫、保護預りなどの取引開始時
  • 10万円を超える現金振込や、持参人払式小切手による現金の受け取り
  • 200万円を超える現金、持参人払式小切手の受払い
  • 融資取引

 

これらの取引があるときには確認が必要です。
個人の場合と法人の場合では必要な書類が異なりますが、個人取引に限ってみてみましょう。

 

これらの本人確認書類は窓口で原本を直接提示します。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)
  • 官公庁から発行・発給された書類で、その官公庁が顔写真を貼付したもの(ただし、本人から提示された場合などに限ります。)※有効期限のないもの

 

窓口で原本提示に加えて住居記載のある補完書類の原本を提示、銀行が転送不要郵便などで郵送するなどの+1が必要になります。

  • 各種健康保険証・各種年金手帳
  • 顔写真が貼付されていない各種福祉手帳(母子健康手帳など)
  • 取引に実印を使用する場合の当該実印の印鑑登録証明書
  • 住民票の写し・住民票の記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)
  • 官公庁から発行・発給された書類

 

犯罪収益移転防止法においてはこのように決められていますが、現在は「窓口」とは店頭窓口に限られません。銀行によって提出の方法が異なるようになってきました。

 

銀行カードローンの必要書類と消費者金融の必要書類

申し込みに必要なものといえばやはり書類です。大きく分けると本人確認書類と収入証明書類です。

 

  三菱東京UFJ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン みずほ銀行カードローン オリックス銀行カードローン
本人確認書類いずれか1点 運転免許証・健康保険証・パスポート・個人番号カード 運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カ−ド(顔写真付き)等 運転免許証・運転経歴証明書・パスポート(写真および住所のページ)各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)印鑑証明書・住民票・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書 運転免許証・健康保険証・個人番号カード・パスポート在留カード・特別永住者証明書
収入証明書類いずれか1点 希望額50万円超の場合源泉徴収票住民税決定通知書納税証明書その1・その2確定申告書第1表・第2表 希望額50万円超の場合年収が確認できる書類 希望額200万円超の場合源泉徴収票住民税決定通知書課税証明書納税証明書(その1・その2) -
印鑑 × × ×

 

必要書類の注意事項

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
・運転免許証
 現住所の記載があるもの。裏面に記載がある場合には表と裏両方のコピーが必要。
・健康保険証
 住所欄に現住所の記入があるもの。
・パスポート
 日本国内で発行のもので顔写真ページと所持人記入欄ページが必要。
・個人番号カード
 現住所の記載があるもの。表面のコピーのみ。

三井住友銀行カードローン
・住民基本台帳カード
 顔写真つきのもの。

みずほ銀行カードローン
・本人確認書類は2013年4月1日以降のものに限ります。
・納税証明書(その1・その2)
個人事業主、会社経営者の方の収入証明書類。

オリックス銀行カードローン
@運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。

 

・運転免許証
 変更事項がある場合は表面裏面両方を提出。有効期限、公安委員会名称、公安印も確認ができるように。
・健康保険証
 裏面にも記載がある場合には表裏両方を提出。通院履歴が記載されている場合には塗りつぶして提出。
・個人番号カード
 表面のみ提出。
・パスポート
 顔写真ページと所持人記入欄ページを提出。
A所得証明書類
 個人事業主、会社経営者の方は源泉徴収表以外を提出。
B預金口座振替依頼書※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。

 

 

原本とコピーの違い
アプリで送信をするときにはスマホについているカメラを使用して撮影、画像送信となりますが、郵送をする場合に原本の提出ではありません。提出した書類は戻ってきませんのでコピーの提出をします。


 

基本的には運転免許証があればよし!

銀行カードローンは運転免許証以外でも本人確認書類には対応していますが、消費者金融は運転免許証が原則です。収入証明書類の提出も50万円以上一つのタイミングとなっています。

 

収入証明書類や住民票にはマイナンバーが記載されていることがあります。マイナンバーの記載がある場合には塗りつぶすなどして見えないようにしましょう。

 

銀行口座は必要になるの?

銀行カードローンは銀行の商品である以上、その銀行の口座が必要になる。というのは当然のように感じられます。確かに地方銀行では銀行口座の開設が目的の一つであるためにその銀行口座を持っていることがその条件の一つになっています。しかしメガバンクは銀行口座は必須ではありません。

 

  三菱東京UFJ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン みずほ銀行カードローン オリックス銀行カードローン
口座開設 不要 不要 必要 不要
口座がないとできないこと 自動支払い(口座振替)振り込みキャッシング WEB完結申し込み(本人確認書類提出不要)口座振替振込みキャッシング自動融資 申し込み なし

 

銀行カードローンの場合、口座開設が不要となっていてもやはり口座が無いことで利用的ないサービスが出てきます。ATMや提携ATMを利用して借り入れや返済をすることはできるものの、便利なはずの振込みキャッシングや口座振替が利用ができないのは大きな欠点です。そのため、申し込み時には口座開設は不要ですが、実際の利用には口座が無ければ利便性が低くなります。

 

 

本人名義の銀行口座
家族名義の銀行口座などではなく必ず本人名義の口座が必要です。


 

印鑑が必要になる場合も!

口座開設に伴い印鑑が必要になります。現在はネット申し込みもできるため申込書に印鑑の捺印は必要ありません。ただし、大型のフリーローンや地方銀行でのローンの場合、印鑑と同時に印鑑証明書が必要になるケースもあります。

 

印鑑証明はどこでもらう?

印鑑証明書類は市区町村役場で発行しています。

 

  • 本人が窓口に向かう→その場で発行
  • 代理人が窓口に向かう→委任状を提出して郵送で1週間程度

 

なぜお金が必要なのかを見極める

銀行でお金を借りる、そう決めた理由は何でしょうか?消費者金融には(大手消費者金融に限っては)スピードという大きなメリットがあります。その一方で金利の高さはスピードと引き換えの条件でもあります。

 

金利の低いフリーローンもありますが、銀行カードローンとは大きな違いがあります。目的に合わせた選択が必要です。

 

フリーローンは資金使途が明確になっている借り入れ専用のローンです。金利が非常に低い反面、返済は月々決められた額で口座引き落としがされるのみであり追加返済をするためには繰り上げ返済の形をとらなくてはなりません。

 

その繰り上げ返済は自由に行えるものではなく銀行窓口に出向いて繰り上げ返済手数料5400円を支払ったうえで行うのが一般的です。臨機応変な自由返済が認められていないのは低金利と引き換えの条件でもあるでしょう。

 

また、融資限度額の範囲内で自由に借り入れができるカードローンとは違い、明確な資金使途に対する融資となるため新たに借り入れをするためにはもう一つローンに申し込みをしなくてはなりません。

 

銀行でお金を借りることを考えているならば使い道によりますがカードローンを使って、返済計画を立てながら臨機応変な返済に対応できる道が安全と考えてよいでしょう。

 

銀行カードローンは金利が低い、それも少額のキャッシングからすでに低金利が用意されています。メガバンクなら即日融資の可能性も高いためスピードすら消費者金融に近いところまできています。借りる返すというシンプルな使い方であれば銀行カードローンは効率の良いキャッシングができるようになってきました。

 

メガバンクのカードローンと消費者金融、違った特徴はどこにあるのでしょうか?

 

メガバンクカードローン 比較項目 大手消費者金融
最短30分 審査時間 最短30分
シンプル 会員ページ 充実
無料 提携ATM利用手数料 有料
低い 金利 高い

 

申し込み方法にはインターネットも自動契約機もあり変わりありません。また返済方法も口座振替からATMでの返済まで充実しています。しかし比べてみるとスピードは消費者金融、お得は銀行カードローンであることがわかります。

 

ただし「銀行カードローン」とは地方銀行ではなくメガバンクに限ったこととして考えておく必要があります。

 

メガバンク 地方銀行

20歳以上の安定した収入があること
保証会社による保証を受けられること

20歳以上の安定した収入があること
保証会社による保証を受けられること
営業区域内に住まい化勤務先があること

 

地方銀行では「今後も継続して銀行を利用すること」がカードローン利用者に求められています。つまりカードローン以外の商品(預金や給与振り込み、公共料金の引き落とし、住宅ローンなど)でも顧客になる方に向けた商品であるということ。そのため全国どこにいても利用ができるものではなく、その銀行の営業区域内に住まいか勤務先があることは必須条件です。