よくある質問記事一覧

どうしても必要なお金がある、焦る気持ちはわかります。消費者金融なら即日融資も可能な方法があります。しかし即日融資を宣伝文句としている消費者金融でも、全ての場合において即日融資ができるわけではありません。数多くある消費者金融を今から探し出すことは困難です。慌てているときほど怪しい業者の誘惑に負けやすいものです。今のピンチが大きな失敗につながらないよう、間違いのない消費者金融を見つけましょう。安全とス...

勤める会社に電話があることを不安に感じている方もいるでしょう。消費者金融だけではなく、ローンの契約には必ず勤務先への電話があり在籍を確認をしなくてはなりません。職場に連絡がある、それを避ける方法が実はあります。なぜ在籍確認がある?申込書には勤務先の詳細を入力しなくてはなりません。その項目は非常に多く、例えばプロミスでは勤務先情報だけでもこのようになっています。勤務先名勤務先郵便番号勤務先住所所属部...

お金を借りなければならないタイミングが、平日の日中だけとは限りません。むしろ週末の方が機会はあるかもしれません。土日祝日、「どうしても今日借り入れをしなければならない」となれば、お金を借りる方法はあるのでしょうか?やはり厳選しなくてはなりません。「平日ではない」ということは大きな影響を与えます。例えば、消費者金融の店頭窓口は土日祝日は休業日であることが多くなっています。銀行も店頭窓口はあいておらず...

消費者金融で借り入れをするとき、必要になる書類は基本的には本人確認書類だけとなっています。申し込みに準備が少ないこと、それもまた消費者金融の大きな特徴です。認められている本人確認書類借入金額が50万円、100万円を超えるようなものでなければ、消費者金融に申し込みをするときに必要な書類は本人確認書類のみとなっています。本人確認書類として認められているのは、運転免許証です。運転免許証の交付を受けていな...

初めてお金を借りるときには不安な要素が多くあるものです。消費者金融もやはりカードローンというだけにカードの発行があります。モビットのWEB完結のようにカードレスのキャッシングもありますが、やはりカードがあることの利便性は高いものです。よくある質問に回答をします。一つ一つ、不安を解消していきましょう!カードは発行されますか?カードローンであるために消費者金融のキャッシングでは必ずカードが発行されます...

毎月の生活費が不足する、今月の生活費が不足する、単純に生活費の不足といってもさまざまな状況が考えられます。毎月の収入はそれほど変化があるものではありません。その収入以上の支出があれば当然お金が不足します。不足した生活費は、キャッシングで回避すればいいでしょうか?⇒プロミスなら生活費としての借入でもOK!最も多いキャッシング理由、それが「生活費の補填」株式会社日本統計センターが平成24年に行った、消...

消費者金融からの借り入れが増えてしまったとき、真っ先に考えるのは「過払い金があるのではないか?」という期待でしょうか。さまざまな情報があります。特にキャッシングの情報はメディアから仕入れるものではなく、多くの場合私たちはインターネットから情報を集めてくるでしょう。キャッシング=マイナスイメージであり、普段の生活においてお互いに語ることのない内容でもあります。例えば、消費者金融からの借り入れ金額を一...

カードローンを利用すると、消費者金融であれば3つの限度額、銀行カードローンであれば2つの限度額があります。年収によっていったいどのくらいまで限度額が決められるのか?気になるところでしょう。しかしながらそれをハッキリと断言することはできません。なぜなら年収だけで融資限度額が決定するのではないからです。信用がある、もちろんそれは大前提です。その上で返済能力を考慮して個別の融資限度額が決定します。だから...

2015年10月からマイナンバーが始まります。それによって私たちの生活はどのようにかわるのでしょうか?消費者金融からの借入状況まで管理されるのではないのかという不安も広がっています。最大の不安、マイナンバーによって債務が共有される情報になるのか?個人情報が共有されてしまうのか?消費者金融からの借入まで管理されてしまうのか?そう考えている方も多いでしょう。しかし3つの基本である「社会保障、税、災害対...

キャッシングに申し込みをするとき、もしくは利用中でも収入証明書類の提出を求められる場合があります。その収入証明書類を用意しなければならないタイミングとはいつなのでしょうか?提出しなければどうなるのか、何を用意しなければならないのか?収入証明書はキャッシングに必要な書類のひとつです。実際に役所で請求してみると気付いたことがいくつかありました。それでは確認していきましょう!収入証明書類が必要なタイミン...

母体保護法をご存知でしょうか?不妊手術および人工妊娠中絶にかかわる法律であり母性の生命健康を保護することを目的としています。http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO156.html(母体保護法)その中の第十四条に「医師の認定による人工妊娠中絶」があります。要約するとこのようなものです。人工妊娠中絶は本人および配偶者の同意を得て行うことができるが条件がありま...

お祝いの席でもあり、おめでたいことでもある結婚式。年齢によっては結婚式の招待が多くなることもあります。急な結婚式というのはそうそうあるものではありません。しかし、結婚式に参列するにしても意外に多くのお金がかかるものです。ご祝儀の相場は?実は地域によってもご祝儀の相場は異なります。例えば友人の結婚式であれば北海道、東北では平均して2.6万円ですが関東関西になると平均3万円です。北海道東北関東東海関西...

貸金業法が改正され完全施工となったのは2010年のこと。それ以前には消費者金融は街金、サラ金などと呼ばれていた時代です。貸金業法も明確なものではなく、「貸金業者に有利な法律」でした。保険が掛けられていた債務者借り手である債務者死亡により、消費者金融が保険金を受け取る。いわゆる消費者信用団体生命保険です。消費者信用団体生命保険とは債務を持ったまま契約者が死亡した、もしくは重度障害で返済不能になった場...

お金がどうしても必要、その理由はなんでしょうか?例えばキャッシングで済ませることは難しいことではありません。しかし、キャッシングで解決できない問題もあります。「なぜ、お金が必要なのか」という根本的な問題を解決できなければこの先に進むことはできません。慢性的にお金が必要なのか、それとも突発的な金欠なのか、その状況を見極めなくてはなりません。今いくらが必要なのか、それだけが問題点ではないはずです。まず...

銀行でお金を借りる、そう決めた理由は何でしょうか?消費者金融には(大手消費者金融に限っては)スピードという大きなメリットがあります。その一方で金利の高さはスピードと引き換えの条件でもあります。金利の低いフリーローンもありますが、銀行カードローンとは大きな違いがあります。目的に合わせた選択が必要です。フリーローンは資金使途が明確になっている借り入れ専用のローンです。金利が非常に低い反面、返済は月々決...

カードローンでは収入がなければ借り入れができません。しかしその「無職」という言葉にはさまざま事柄が含まれています。例えば専業主婦。配偶者の収入を支える大事な役割を家庭で担っているにも関わらず、本人に収入がないということから「無職」として扱われています。また、年金受給者もほかに収入がなければ「無職」とされています。つまり勤労による収入が得られないならばそれは無職です。しかし専業主婦でも借り入れができ...