お金を借りる方法を現役FPがイラストでわかりやすく解説!

お金を借りる方法を現役FPがイラストでわかりやすく解説!記事一覧

銀行カードローンでお金を借りる

少額キャッシングならすぐに思い浮かぶのが消費者金融です。これには一つの傾向があり「少額の借り入れなら消費者金融でも危険はない」というイメージが定着しているからであろうと考えられます。また「銀行融資は大きな金額の扱い」もイメージとして定着していることでしょう。ところが実際には銀行カードローンでも少額からキャッシングが利用できます。そして少額キャッシングでも低金利であることが銀行カードローンの魅力です...

失業中・主婦・年金生活者

カードローンでは収入がなければ借り入れができません。しかしその「無職」という言葉にはさまざま事柄が含まれています。例えば専業主婦。配偶者の収入を支える大事な役割を家庭で担っているにも関わらず、本人に収入がないということから「無職」として扱われています。また、年金受給者もほかに収入がなければ「無職」とされています。つまり勤労による収入が得られないならばそれは無職です。しかし専業主婦でも借り入れができ...

お金を借りなければならないタイミングが、平日の日中だけとは限りません。むしろ週末の方が機会はあるかもしれません。土日祝日、「どうしても今日借り入れをしなければならない」となれば、お金を借りる方法はあるのでしょうか?やはり厳選しなくてはなりません。「平日ではない」ということは大きな影響を与えます。例えば、消費者金融の店頭窓口は土日祝日は休業日であることが多くなっています。銀行も店頭窓口はあいておらず...

消費者金融だけではなく、カードローンの契約には必ず勤務先への電話があり在籍確認をしなくてはなりません。勤める会社に在籍確認の電話があることを不安に感じている方もいるでしょう。しかし、職場の連絡を避ける方法が実はあります。在籍確認なし、それもできる?消費者金融やカードローンの在籍確認はすべての場合に行われるということでもありません。それぞれ対応が異なります。例えば、「即日融資」を希望して申し込みをし...

どうしても必要なお金がある、焦る気持ちはわかります。消費者金融なら即日融資も可能な方法があります。しかし即日融資を宣伝文句としている消費者金融でも、全ての場合において即日融資ができるわけではありません。数多くある消費者金融を今から探し出すことは困難です。慌てているときほど闇金など怪しい業者の誘惑に負けやすいものです。今のピンチが大きな失敗につながらないよう、間違いのない消費者金融を見つけましょう!...

必要書類

消費者金融で借り入れをするとき、必要になる書類は基本的には本人確認書類だけとなっています。申し込みに準備が少ないこと、それもまた消費者金融の大きな特徴です。認められている本人確認書類借入金額が50万円、100万円を超えるようなものでなければ、消費者金融に申し込みをするときに必要な書類は本人確認書類のみとなっています。本人確認書類として認められているのは、運転免許証です。運転免許証の交付を受けていな...

お金を借りる言い訳

正直に「使いすぎちゃってお金がない」と言えば良いのに、なんだかたいそうな理由を付けて「…そんなわけでどうしてもお金が必要なんだ」という風に言ってしまう人、多いのではないでしょうか。お金を借りる時の理由財布を落とした「財布を落としてしまって、生活費が全部入っていたし、カードもないからお金も下ろせない」という場合。本人の落ち度とはいえ、同情からお金を貸したくなりますよね。急な飲み会が入ってしまったこれ...

「学生」として考えるのではなく「収入がある成人」と考えるとわかりやすいでしょうか。実は学生かどうかは大きな問題ではありません。消費者金融でも銀行カードローンでも、申し込みには条件があります。最近ではメガバンクでも柔軟な申し込み条件となっておりかつてのような「前年度の収入200万円以上!」や「正社員としての勤続2年以上!」といった制限は全国展開をしている金融機関では見られなくなりました。消費者金融、...

毎月の生活費が不足する、今月の生活費が不足する、単純に生活費の不足といってもさまざまな状況が考えられます。毎月の収入はそれほど変化があるものではありません。その収入以上の支出があれば当然お金が不足します。不足した生活費はキャッシングでお金を借りて回避すればいいでしょうか?最も多いお金を借りる理由、それが「生活費の補填」株式会社日本統計センターが平成24年に行った、消費者金融を利用した理由の調査デー...

初めてお金を借りるときには不安な要素が多くあるものです。消費者金融もやはりカードローンというだけにカードの発行があります。モビットのWEB完結のようにカードレスのキャッシングもありますが、やはりカードがあることの利便性は高いものです。よくある質問に回答をします。一つ一つ、不安を解消していきましょう!カードは発行されますか?カードローンであるために消費者金融のキャッシングでは必ずカードが発行されます...

消費者金融からの借り入れが増えてしまったとき、真っ先に考えるのは「過払い金があるのではないか?」という期待でしょうか。さまざまな情報があります。特にキャッシングの情報はメディアから仕入れるものではなく、多くの場合私たちはインターネットから情報を集めてくるでしょう。キャッシング=マイナスイメージであり、普段の生活においてお互いに語ることのない内容でもあります。例えば、消費者金融からの借り入れ金額を一...

カードローンを利用すると消費者金融であれば3つの限度額、銀行カードローンであれば2つの限度額があります。年収によっていったいどのくらいまで限度額が決められるのか?気になるところでしょう。しかしながらそれをハッキリと断言することはできません。なぜなら年収だけでカードローンの限度額が決定するのではないからです。信用がある、もちろんそれは大前提です。その上で返済能力を考慮して個別の限度額が決定します。だ...

2015年10月からマイナンバーが始まります。それによって私たちの生活はどのようにかわるのでしょうか?消費者金融からの借入状況まで管理されるのではないのかという不安も広がっています。最大の不安、マイナンバーによって債務が共有される情報になるのか?個人情報が共有されてしまうのか?消費者金融からの借入まで管理されてしまうのか?そう考えている方も多いでしょう。しかし3つの基本である「社会保障、税、災害対...

キャッシングに申し込みをするとき、もしくは利用中でも収入証明書類の提出を求められる場合があります。その収入証明書類を用意しなければならないタイミングとはいつなのでしょうか?提出しなければどうなるのか、何を用意しなければならないのか?収入証明書はキャッシングに必要な書類のひとつです。実際に役所で請求してみると気付いたことがいくつかありました。それでは確認していきましょう!収入証明書類が必要なタイミン...

母体保護法をご存知でしょうか?不妊手術および人工妊娠中絶にかかわる法律であり母性の生命健康を保護することを目的としています。http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO156.html(母体保護法)その中の第十四条に「医師の認定による人工妊娠中絶」があります。要約するとこのようなものです。人工妊娠中絶は本人および配偶者の同意を得て行うことができるが条件がありま...

自衛隊に所属している自衛官が、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる事は可能です。国家公務員は審査の属性が非常に高く、有利になるため融資金額にも期待ができるでしょう。しかし、自衛隊としては借金に対し身辺調査や指導を随時行っている状況ですので、無理な計画での借り入れはバレてしまうので避けたほうが無難でしょう。すぐにお金を借りたい方は、以下のページをご覧ください。自衛官は審査の評価が高い消費者金融...

お祝いの席でもあり、おめでたいことでもある結婚式。年齢によっては結婚式の招待が多くなることもあります。急な結婚式というのはそうそうあるものではありません。しかし、結婚式に参列するにしても意外に多くのお金がかかるものです。ご祝儀の相場は?実は地域によってもご祝儀の相場は異なります。例えば友人の結婚式であれば北海道、東北では平均して2.6万円ですが関東関西になると平均3万円です。北海道東北関東東海関西...

貸金業法が改正され完全施工となったのは2010年のこと。それ以前には「消費者金融は街金、サラ金」などと呼ばれていた時代です。貸金業法も明確なものではなく、「貸金業者に有利な法律」でした。借り手である債務者死亡により、消費者金融が保険金を受け取る。いわゆる消費者信用団体生命保険です。消費者信用団体生命保険とは債務を持ったまま契約者が死亡した、もしくは重度障害で返済不能になった場合、消費者金融や金融機...

お金がどうしても必要、その理由はなんでしょうか?例えばキャッシングで済ませることは難しいことではありません。しかし、キャッシングで解決できない問題もあります。「なぜ、お金が必要なのか」という根本的な問題を解決できなければこの先に進むことはできません。慢性的にお金が必要なのか、それとも突発的な金欠なのか、その状況を見極めなくてはなりません。今いくらが必要なのか、それだけが問題点ではないはずです。まず...

借金の踏み倒し

借金を踏み倒すということは何を失っても後悔はないという方でなければなりません。借金を踏み倒す為には一生かかるわけでも何十年もかかるわけでもありませんが、その借金踏み倒しをしている最中にも、そして踏み倒した後にも長い年月社会的信用は地に落ちたままです。借金を踏み倒すためには、2つの条件があります。5年もしくは10年、借金の返済をしない借金を返済しないだけではなく、督促のはがきにも、裁判所からの出廷命...

平成28年、クレジットカードの発行枚数は2億6600万枚となりました。現在の20歳以上の総人口が1億492万人、1人当たり2.5枚のクレジットカードを保有していることになります。日本にクレジットカード会社ができたのは1961年のこと。信用と引き換えに後払いを約束するいわゆる「ツケ」が通っていた日本では抵抗も少なく受け入れられたものの、本格的に普及したのは1980年代中頃のバブル景気からです。先の収...

消費者金融は貸金業者です。その貸金業を営むためにはその所在地を管轄する財務局長、もしくは都道府県知事から認可を受けて登録をしなくてはなりません。その登録を受けていない業者は「無登録業者」です。無登録業者がいわゆる闇金です。金融庁が公開している「違法な金融業者に関する情報について 」というデータがあります。平成29年6月8日に更新された最新の情報でもその違法業者の数は1395もあります。1395の違...

20歳以上の成人で、アルバイトなどで収入を得ている学生であれば消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることは可能です。しかし、未成年者の場合だとカードローンでお金を借りることは難しくなります。学生というくくりで考えるのではなく年齢と収入で考えます。20歳以上が成人であり法律でも本人の自己責任を問う年齢です。成人年齢の引き下げに関する議論は続いています。例えば20歳未満を実質的な成人年齢として扱っ...

お金を借りるとき、「キャッシングのカードを作る」というのは当然の流れです。しかし、今手持ちの銀行キャッシュカードがそのままキャッシングカードになればどうでしょうか?新たに借入先を作るのではなく、ひとつの銀行ですべてを完結させることで使い勝手もよく管理しやすいキャッシングができます。しかし、すべての銀行のキャッシュカードがキャッシングカードになるわけではありません。一部の銀行だけがそのサービスに対応...

会社の上司や先輩からお金を借りる

少しの金額であれば親から借りるという選択もあるでしょう。しかし、会社にかかわる事柄、例えば飲み会や旅行などであればどうでしょうか?何にいくらが必要になるのかを把握している同じ会社にいる上司や先輩のほうが話しやすいということはあるかもしれません。もちろん面識の無い先輩、話したこともない上司に借金の申し入れなどとんでもない話です。上司や部下にお金を借りるリスクお金の切れ目が縁の切れ目とはよくいったもの...

海外で無一文になる、これほど恐ろしいことはありません。昨年、ブラジルに友人が旅行したときには現地の友人に現金を持つなら下着にポケットをつけて入れて来いといわれたそうです。安全な場所と危険な場所、その境目は一つ角を曲がっただけという観光客にはわかりづらいもの。もし、海外で一文無しになったときにはどのようにしたらよいのでしょうか?使いすぎによってなくなってしまったのではなく、紛失や盗難の場合、自分でや...

質屋でお金を借りる

質屋に来店品物と身分証(免許証、保険証、パスポートなど)を提示します査定現金と質札の受け取り返済、質札と品物の交換質札には質入した商品の詳細や、流出期限が書かれており、利息を支払うときもしくは品物の受け取りのときに必要になります。ブランド品を売るなら「スピード買取」がおすすめ質屋に預けられるものは?質入れできるものは基本的に「高価なもの」と考えておきましょう。腕時計指輪ネックレスジュエリーダイヤ宝...

消費者金融も銀行カードローンも、申し込みには条件があります。基本的には「年齢」と「安定した収入」になりますが、銀行カードローンはそれに加えて「保証会社による保証を受けられること」となっています。外国籍の方も基本的には申し込みが可能です。ただし日本人と比べるとどうしても審査が厳しくなるのは仕方がありません。それでは各社の申し込み条件と、申し込みに必要な書類を確認していきましょう。プロミス20歳〜69...

一般的には夜のお仕事とは水商売を指すもの。夜間営業でお酒を出す飲食店、バーやクラブなどや、風俗、ホストやホステスを水商売ということが多いでしょう。深夜の清掃員、工事作業など「夜の時間帯で働く人」ではなく、ここでは夜のお仕事を水商売に絞って調べていきます。カードローンが求める「安定した収入」とはキャッシングに申込みをするときには、申し込み条件に当てはまっていることを確認します。そしてそこには「年齢制...