公共料金や税金の滞納

公共料金や税金の滞納記事一覧

命にかかわるものが最後に止まる。そんなことを聞いたことがあるかもしれません。確かに、水光熱の支払いで同時に滞納を始めたとしても、電気、ガス、水道の順で止まります。ところが実際には、水はコンビニでも買うことができ、さらには公園の水道という手段もあります。入浴は銭湯で済ませることもできるでしょう。料理をするためにガスは必要ですが、それでもガスを使わない料理はいくらでもできます。それよりも現代人にとって...

毎月の固定支出、どうしても節約ができない支出はあります。その代表格ともなるのが「家賃」です。家賃が払えない状況になったとき、どのようなことが起こるのでしょうか?貸主にとって家賃収入は重要な資金源です。家賃が生活費となっているわけではなく、そこから物件の修繕費やローンの返済、税金の支払いなどさまざまな費用を支払っています。また、「大家さん」なのか「管理会社」なのかによっても大きく対応には異なりがあり...

水光熱を同時に支払いが遅れたとします。止まる順番は電気、ガス、水道。水は私たちの生活に欠かせないものであり、ライフラインとして最重要でもあります。しかし、その水道料金を滞納すればいったいどのようになるのでしょうか?地域の水道局によって違いがある都道府県ではなく、市区町村にそれぞれの水道局があります。水道局、上下水道部、水道部、企業部、水道課、水道ガス化、建設水道部、経済建設課。その呼び名はさまざま...

市区町村によって様々ですが、国民健康保険料を滞納した場合、一般的にはこのような流れになります。督促状が届く電話や訪問による催告、役所への呼び出し文書などが届く「被保険者証」ではなく有効期限が短い「短期被保険者証」に切り替わる保険証から「被保険者資格証明書」になり医療費が一旦全額自己負担になる高額療養費、出産育児一時金などの給付制限がされる財産(銀行口座や生命保険、給与など)を差し押さえられます医療...

毎月の携帯料金は、ついつい払い忘れてしまいがちな支払いのひとつ。事実携帯料金の滞納件数は年々増加傾向にあり、2016年は約450万件とも言われます。誰でも1度ぐらいは経験があるかもしれません。しかし皆がやっているからと高をくくっていると、将来痛い目に合う可能性があります。もし、あなたが携帯料金を滞納してしまったら、強制解約されるまでに一括で払い終えることを全力でおすすめします。携帯料金を滞納すると...