モビットの借り方(郵送なし・電話連絡なしのWEB完結申込)

こんな方にモビットはピッタリ

ネットだけでキャッシングを済ませたい

郵便物・電話連絡なしのWEB完結申込(条件あり)があります。
条件を満たしていない、またはカードを使いたい場合はカード申込もあります。

借りられるかどうか早く知りたい

借りられるかどうかという不安を、10秒簡易審査により解消できます。
審査結果照会もサイトからすぐできるので、とっても安心です。

とにかく早く借りたい!

WEB完結もカード申込も最短審査時間は30分です。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
カード申込なら、電話連絡を入れればすぐに審査がスタートできます。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

モビットはこんなローン

最近人気のモビット、その理由をご存知でしょうか?

 

同居している家族にキャッシングを知られたくないのであれば三井住友銀行グループのモビットは心強い味方になります。

 

モビットの知名度を急速に上げたのは、カードレスキャッシングとなるWEB完結です。カードレスということに不安を感じるかもしれません。

 

しかし、これこそが家族にバレないキャッシングを可能にするものです。

 

インターネット上ですべての利用が完結します。申し込みから契約、そして借り入れや返済などの一連の流れがインターネット上だけで行うことができるというものです。

モビットの貸付条件

金利 3.0%〜18.0%
担保・保証人 不要
利用対象者

満20歳から69歳の安定した収入のある方
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能

返済方式 借り入れ後残高スライド元利定額返済方式
約定支払日 毎月5日、15日、25日、末日から選択

 

消費者金融の中では、モビットは金利が低めに設定されている部類に入ります。銀行カードローンの上限金利は一般的に14.5%前後になるためそれに比べると確かに「モビットは金利が高い」と感じるでしょう。

 

消費者金融の中で比較をすると、中小消費者金融は上限金利が20.0%、大手消費者金融は18.0%となっているため、「消費者金融の中では金利が低い」とされています。

 

なぜ上限金利を比較するの?

キャッシングを比較するときには消費者金融であれば上限金利を比較しなくてはなりません。
下限の金利を比較することには意味がありませんので注意が必要です。

 

消費者金融の金利は審査によって決められています。事前に金利を知ることはできません。
そして初めての借り入れでは上限金利が適用される傾向があります。上限金利で比較する意味はここにあります。

 

※銀行カードローンは融資限度額に応じて適用金利が決められています。そのため自分が借りたいと希望する額に応じた金利を比較します。

 

しかし上限金利は18.0%というのは「少額キャッシング向け」であることは変わりありません。

 

50万円をモビットと銀行カードローン、それぞれの上限金利で借り入れたときを比較してみましょう。モビットで50万円を借り入れたときの最低返済額13000円にあわせてシミュレーションをします。

 

  モビット 銀行カードローン
上限金利 18.00% 14.50%
毎月の返済額 13000円 13000円
返済回数 58回 53回
返済総額 751,057円 676,442円
利息総額 251,057円 176,442円

 

返済回数は5回(5ヶ月)の違いではあるものの、利息の支払い総額には大きく74,615円もの違いが出てきました。モビットの金利は大口融資には向いていないことがわかります。

 

しかし、少額キャッシングではこの金利の差が大きな問題ではなくなります。モビットの10万円借り入れ時の最低返済額4000円にあわせてシミュレーションをします。

 

  モビット 銀行カードローン
上限金利 18.00% 14.50%
毎月の返済額 4000円 4000円
返済回数 32回 30回
返済総額 126,260円 119,757円
利息総額 26,260円 19,757円

 

利息の差は6,503円になりました。この段階でもそれほど大きな問題ではないように感じられますが、さらに最低返済額ではなく返済額を10,000円としてシミュレーションをします。

 

  モビット 銀行カードローン
上限金利 18.00% 14.50%
毎月の返済額 10,000円 10,000円
返済回数 11回 11回
返済総額 109,158円 107,227円
利息総額 9,158円 7,227円

 

利息の差は1,931円になりました。11回の返済を経て2,000円足らずの利息の差は全く気になるものではありません。

 

金利が高いから使えないのではなく、金利が高くても「借り入れ金額と返済額の調整」で利息は気にする違いではなくなることがわかります。

 

モビットは少額キャッシング短期返済向け、この理由がおわかりになったでしょう。

 

返済額はあくまでも最低返済額、つまり、最低限返済しなければならない額です。返済額は自分で調整をしていくことで計画的な返済ができます。

 

WEB完結の申し込み方法

カードが発行されない、そのキャッシングはカードローンという業界において非常に珍しいものです。申し込み手続きがインターネットだけで完結できる方法はいまや珍しいことではありません。

 

しかしカードが発行されず、借り入れや返済もインターネット上で利用ができるサービスは珍しいものです。

 

ただし先に確認しなければならないのは、モビットWEB完結には申し込みをするための条件があるということです。

 

申し込みをするための年齢(満20歳以上69歳以下)、安定した定期収入があることという利用条件はどこの消費者金融とも代わりがありません。

 

モビットのWEB完結では申し込みに際して必要な書類が違います。

 

本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証
パスポート
収入証明書類(いずれか1点) 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書(直近2か月分)
所得証明書
税額通知書
引き落とし口座 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座
在籍証明書類 社会保険証か組合保険証
給与明細書(直近1か月分)
連絡手段 Eメールアドレス

 

準備が多いことがWEB完結の欠点でもあります。保険証種別も限られるため、すべての方が利用できる方法ではありません。

 

しかし、条件をクリアすることができるのであればモビットのWEB完結ほど家族にばれない方法はほかにはないでしょう。

 

web完結申し込み方法

@公式ホームページから申し込み
パソコン、ケータイ、スマートフォンのモビット公式ホームページにある「web完結申込」から申込みに進みます。

 

A審査
メールで連絡を受け取ります。確認後、必要書類をアップロードして提出をします。

 

B入会手続き
入会手続きを行い入会完了メールが到着すれば利用開始です。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

WEB完結が「バレないキャッシング」といわれる理由

モビットのWEB完結はバレないキャッシングとして人気が高まりました。現在の消費者金融はインターネットで申込みができるため来店で友人知人に目撃される心配が全くなくなりました。しかし同居している家族にばれる心配は現在もまだつきまといます。

 

キャッシング申込み時の心配事としてよく挙げられるのは、

  • 審査に通るのか、
  • いつ借り入れができるのか、
  • そして家族にはバレないのか、

この3点でしょう。

 

それでは同居している家族にキャッシングの事実がバレるタイミングにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

同居している家族にキャッシングがバレるタイミング

申込みに関わる書類やカードが自宅住所に郵送される

申込み時には契約書とカードの郵送があります。インターネット申込みで契約書をネット上で確認できるとしても、カードは郵送で自宅住所宛に送られてきます。

簡易郵便となっており本人限定郵便ではありません。

 

その住所にいる方であれば誰でもサインをして受け取ることができます。家族にバレる最も多いのは最初の「カード郵送」段階であることもまた事実。

 

それを避けるために来店や自動契約機でカードを受け取る方法を選択する方が多くいますが、ネット申込みをしながら結局は来店をしなければならないという手間があります。

 

モビットのWEB完結ならカードレスのため自宅への郵送物はありません。

 

勤務先や自宅に在籍を確認する電話が掛かってくる

在籍確認として勤務先に電話が掛かってきます。また自宅電話番号を申込書に記入した場合には自宅にも電話が掛かってきます。その目的は2つ。

 

  • 電話番号の確認
  • 在籍の確認

 

万が一返済が遅れることがあればまずはモビットは契約者と連絡を取らなくてはなりません。そして返済のお伺いを立てる、それが先決になります。後々、電話番号が違っていたということのないように、事前に電話をかけて本人確認をしておくのは基本です。

 

融資をするためには返済が確実であると判断されなければなりません。

 

返済をするためには収入を得ていなくてはなりません。そのため審査では必ず勤務先に電話をかけて在籍していることを確認します。貸金業法によって第三者に債務の事実を知らせることを禁止しています。

 

そのため在籍確認の電話でも消費者金融名を名乗ることはなく、担当者が個人名で電話をかけることとなっていますが、最も心配なところでもあります。なぜなら、個人が携帯電話を持ち自分専用の電話番号がある時代で、勤務先に個人が電話をかけてくるなどそうそうあるものではありません。

 

特にパートやアルバイトであればなおさらのことでしょう。小さな子供がいて保育園からお迎えの依頼の電話が掛かってきたとしてもそれは個人名ではなく保育園名であるはずです。

 

つまり、勤務先に個人名の電話が掛かってくることなどほとんどないということ。そしてそれがキャッシングの審査のためであるということは多くの人が知っている事実であるということ。

 

モビットのWEB完結なら、在籍は書類で確認するため勤務先への連絡はありません。

 

キャッシングカードが発見される

せっかく申込みではバレなかったものが、財布の中に入れていたキャッシングカードが発見されてバレてしまったケースはあるあるでしょう。モビットのWEB完結なら、カードがないためその心配はありません。

 

  • カードなし
  • 電話なし
  • 郵送物なし

 

カードが発行されないためにもちろんカードなし、郵送物なしとなります。しかし、電話がかかってくるタイミングもあるため確認をしておきましょう。

 

  • 返済の遅延(携帯電話が不通の場合は職場に連絡)
  • 定期的なサービスの通知(3か月、半年に一度)

 

返済に遅れを出さない、これは確実に覚えておかなくてはなりません。モビットから返済の督促がくるときにはまずは携帯電話に連絡があります。

 

電話番号を変えて不通になっている、もしくは何度かけても連絡がつかないとなれば勤務先に電話が掛かってくるのは当然のこと。もちろんここでもモビットであることを名乗りませんが不安要素は取り払っておかなくてはなりません。

 

万が一返済に遅れそうな場合には事前に自分からモビットに連絡を入れましょう。

何日くらい遅れそうなのか、事前に伝えることで督促の電話は回避ができます。

 

WEB完結で借り入れや返済をする方法は

カードがないことで借り入れ方法、返済方法は限られます。ATMが使えないということです。

 

借り入れ方法 振込キャッシング 平日9時〜14時50分
返済方法 口座振替 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみ対応
銀行振込 銀行規定の振り込み手数料がかかる

 

振り込みキャッシングは24時間対応になる方法がなく、平日の時間に限定されています。急なキャッシングには対応ができないため気をつけなくてはなりません。

 

 

特に気をつけたいのは毎月の返済です。口座振替が基本の返済方法となります。そして毎月の返済額は最終借り入れ後の残高に応じて決められています。


 

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

 

返済額は消費者金融としてはごく一般的な金額です。しかし、この返済額に甘えていたのでは返済は長期化し、支払う利息の総額も大きくなってしまいます。だからこそ追加返済で余裕があるときには積極的に返済していく必要があります。

 

WEB完結を利用するときに必要になる三菱東京UFJ銀行口座もしくは三井住友銀行口座、実はモビットが用意している返済用口座も三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行です。

 

つまり、銀行振り込みで返済をするときには

  • 自分の三菱東京UFJ銀行→モビットの返済用口座・三菱東京UFJ銀行
  • 自分の三井住友銀行→モビットの返済用口座・三井住友銀行

となります。同行間での銀行振り込みです。

 

同行間でも同一支店とは限らないため他店宛になると見込んだチェックをしましょう。

 

三菱東京UFJ銀行の振り込み手数料

  振込金額

三菱東京UFJ銀行
同一支店宛

三菱東京UFJ銀行
他店宛

他行あて

ATM(三菱東京UFJ銀行カード)

 

3万円未満 無料 108円 270円
3万円以上 無料 108円 432円

ATM(現金)

 

3万円未満 216円 216円 432円
3万円以上 432円 432円 648円
三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング) 3万円未満 無料 無料 216円
(モバイル・テレフォンバンキング(自動音声応答)も含む) 3万円以上 無料 無料 324円
三菱東京UFJダイレクト 3万円未満 108円 108円 432円
(テレフォンバンキング(オペレーター対応)) 3万円以上 324円 324円 648円

 

ATMからでなおかつ同一支店宛であれば振り込み手数料が無料になるものの、モビットが用意している口座はおそらく他店宛となります。ここでは手数料がかかってしまいます。

 

三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングであれば他店宛も金額に関わらず手数料が無料になります。

 

三井住友銀行の振り込み手数料

  振込金額

三井住友銀行
同一支店宛

三井住友銀行
他店宛

他行あて

ATM(三井住友銀行カード)

 

3万円未満 無料 108円 270円
3万円以上 無料 216円 432円

ATM(現金)

 

3万円未満 216円 216円 432円
3万円以上 432円 432円 648円

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)

 

3万円未満 無料 108円 216円
3万円以上 無料 108円 324円

 

三井住友銀行は振り込み手数料が無料になる方法がかなり限られています。インターネットバンキングでも同一支店宛でなければ108円の振り込み手数料です。

 

三菱東京UFJ銀行も三井住友銀行もインターネットバンキングなら振り込み手数料がお得になります。

モビットに申込みをするためにこれから口座を開設する、という場合には手数料の点から考えて三菱東京UFJ銀行がオススメです。

 

毎月の返済は口座振替で行われます。それ以上の返済をWEB完結で行うためには銀行振り込みが必要です。少しでも返済額を多くすることで早い完済と利息の軽減が見込まれます。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

従来どおりのカード申込もある

カードを発行する申し込み方法もあります。

 

インターネットから申し込みを行い、カードはローン申込機か郵送で受け取ることとなります。
通常通りATMを利用しての借り入れや返済ができるため便利に活用することができるでしょう。

 

ほかの大手消費者金融を利用する以上のメリットは多くはありませんが、実は大きく異なる点があります。

 

通常カードの受け取りには簡易書留が使われています。

 

どこの消費者金融でも共通になりますが、自宅住所宛に郵送されサインをして受け取りが完了します。ところがこのサインをする人物は本人である必要はありません。

 

 

モビットに聞きました!
モビットの郵送差出人名はMCセンターとなっていますが、調べればすぐにモビットだということがわかります。
実はモビットには郵便局預かりという方法があります。
カードは自宅に直接郵送されるのではなく郵便局で預かり、申込者が受け取りに行くという方法です。
公式ホームページには記載されていませんが、申し込み時に相談することで対応可能です。


 

カード申込みの流れ

@パソコン、ケータイ、スマホから申込み
公式ホームページにある「カード申込」に進み、必要事項を入力します。

 

A必要書類の提出
カード申込みで必要になる必要書類は本人確認書類と収入証明書類です。

 

B審査結果連絡
メールか電話で審査結果の連絡があります。電話の場合にはオペレーターが個人名で連絡をします。

 

Cカードと書類の送付
自宅住所宛にカードと入会申込書等が送付されます。郵送ではなくローン契約機で受け取ることも可能です。

 

Dカードの受け取りと書類返送
送られたきた入会申込書に記入をして返送します。

 

E借り入れ開始
手続きが完了するとカードを使ってATMから借り入れができます。

 

契約時に郵送される書類は薄い封筒ではありません。同封される書類は多く、ポスト投函ではなく簡易書留になります。

  • 入会申込書
  • 契約内容確認書
  • 入会申込み手続きの案内
  • 預金口座振替依頼書
  • 会員規約
  • Myモビの案内
  • 提携ATM一覧
  • 返信用封筒
  • 返済日、返済額についての案内
  • モビットカード

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

モビットで即日融資を受けるためには

モビットで即日融資を受けたい方は一般的な大手消費者金融とはチェック項目が異なります。

  • 24時間対応の振り込みキャッシングが無い
  • カードレスキャッシングの選択
  • ローン契約機が少ない

即日融資に非常に重要な項目の中で、この3つが不安要素になります。モビットで即日融資を受けたい場合の流れを見てみましょう。

 

WEB完結なら平日の14時50分がタイムリミット

審査対応時間は平日の19時までとなっているものの、借り入れ方法が振り込みキャッシングのみとなっており、気にしなければならないのは振り込みキャッシングのタイムリミットである14時50分です。

 

  • 審査は最短で30分
  • 申し込み手続きに掛かる時間
  • 振り込みキャッシングのタイムリミット14時50分

 

これらの3点を考慮して、「平日の正午までに申込みをする」ことが即日融資の可能性が最も高いと考えられます。

 

カード申込みなら

審査対応時間が平日の19時までとなっており、カード申込みなら即日融資の可能性が高まります。カードを郵送にするとカード到着後の利用開始となるため即日融資はできません。

 

即日融資を希望するならローン契約機でカードの受け取り一択です。

 

モビットローン契約機営業時間は平日、土日祝日も8時〜21時までとなっています。一部店舗では営業時間が異なるため、モビットの公式ホームページから確認が必要です。

 

モビットでは急ぎの方に優先審査を行っています。

申込みが完了したらフリーコール(0120-03-5000)に連絡をしましょう。対応時間は9時〜21時となっていますが、即日融資を希望するなら時間には気をつけなくてはなりません。

 

注意しなければならないアレコレ

モビットを利用するときにはいくつか注意しなければならないポイントがあります。
見逃しがちになりますので覚えておきましょう。

 

ATMによって明細書が自宅に郵送される
ほかの消費者金融とは違い、利用するATMによっては貸金業法に基づく利用明細書が発行されないため正式な利用明細書が自宅宛に郵送されることとなります。
カード申込でATMを利用する場合には、モビット公式ホームページから確認をしましょう。

通帳記帳名義がモビット
WEB完結では利用に銀行口座が使われます。
そのとき、口座に記載される名義人が「モビット」になることは覚えておきましょう。
ほかの名義に変えることはできないため、家族にバレないキャッシングでも通帳には気をつけなくてはなりません。

 

モビットを利用したい方まとめ

カード申込みならば、大手消費者金融プロミスやアコムの方が即日融資の可能性も高く、会員ページも充実しておりもビットよりも利便性が高いでしょう。

 

モビットを利用する一番のメリットは「電話なし、郵送なし、カードなし」のWEB完結です。

 

誰にもキャッシングの事実を知られたくない、そこに重点を置いているならモビットのWEB完結がもっともその可能性の高いキャッシングになるでしょう。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット