こんな方にモビットはピッタリ

ネットだけでキャッシングを済ませたい

郵便物・電話連絡なしのWEB完結申込(条件あり)があります。
条件を満たしていない、またはカードを使いたい場合はカード申込もあります。

借りられるかどうか早く知りたい

借りられるかどうかという不安を、10秒簡易審査により解消できます。
審査結果照会もサイトからすぐできるので、とっても安心です。

とにかく早く借りたい!

WEB完結もカード申込も最短審査時間は30分です。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
カード申込なら、電話連絡を入れればすぐに審査がスタートできます。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

モビットはこんなローン

最近人気のモビット、その理由をご存知でしょうか?
同居している家族にキャッシングを知られたくないのであれば三井住友銀行グループのモビットは心強い味方になります。

 

モビットの知名度を急速に上げたのは、カードレスキャッシングとなるWEB完結です。
カードレスということに不安を感じるかもしれません。
しかし、これこそが家族にバレないキャッシングを可能にするものです。

 

インターネット上ですべての利用が完結します。
申し込みから契約、そして借り入れや返済などの一連の流れがインターネット上だけで行うことができるというものです。

 

WEB完結の申し込み方法

カードが発行されない、そのキャッシングはカードローンという業界において非常に珍しいものです。
申し込み手続きがインターネットだけで完結できる方法はいまや珍しいことではありません。
しかしカードが発行されず、借り入れや返済もインターネット上で利用ができるサービスは珍しいものです。

 

ただし先に確認しなければならないのは、モビットWEB完結には申し込みをするための条件があるということです。
申し込みをするための年齢(満20歳以上69歳以下)、安定した定期収入があることという利用条件はどこの消費者金融とも代わりがありません。
モビットのWEB完結では申し込みに際して必要な書類が違います。

 

本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証
パスポート
収入証明書類(いずれか1点) 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書(直近2か月分)
所得証明書
税額通知書
引き落とし口座 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座
在籍証明書類 社会保険証か組合保険証
給与明細書(直近1か月分)
連絡手段 Eメールアドレス

 

準備が多いことがWEB完結の欠点でもあります。
保険証種別も限られるため、すべての方が利用できる方法ではありません。

 

しかし、条件をクリアすることができるのであればモビットのWEB完結ほど家族にばれない方法はほかにはないでしょう。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット

 

WEB完結が「バレないキャッシング」といわれる理由

モビットのWEB完結はバレないキャッシングとして人気が高まりました。
その理由は3つポイントがあります。

 

  • カードなし
  • 電話なし
  • 郵送物なし

 

カードが発行されないためにもちろんカードなし、郵送物なしとなります。
電話なしというのはどういうことなのでしょうか?

 

モビットWEB完結の必要書類の中に在籍証明書類があります。
そのため電話はなく、書類で証明することで在籍確認は完了します。

 

しかし、電話がかかってくるタイミングもあるため確認をしておきましょう。

 

  • 返済の遅延(携帯電話が不通の場合は職場に連絡)
  • 定期的なサービスの通知(3か月、半年に一度)

 

WEB完結で借り入れや返済をする方法は

カードがないことで借り入れ方法、返済方法は限られます。
ATMが使えないということです。

 

借り入れ方法 振込キャッシング 平日9時〜14時50分
返済方法 口座振替 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみ対応
銀行振込 銀行規定の振り込み手数料がかかる

 

振り込みキャッシングは24時間対応になる方法がなく、平日の時間に限定されています。
急なキャッシングには対応ができないため気をつけなくてはなりません。

 

従来どおりのカード申込もある

カードを発行する申し込み方法もあります。
インターネットから申し込みを行い、カードはローン申込機か郵送で受け取ることとなります。
通常通りATMを利用しての借り入れや返済ができるため便利に活用することができるでしょう。

 

ほかの大手消費者金融を利用する以上のメリットは多くはありませんが、実は大きく異なる点があります。
通常カードの受け取りには簡易書留が使われています。
どこの消費者金融でも共通になりますが、自宅住所宛に郵送されサインをして受け取りが完了します。
ところがこのサインをする人物は本人である必要はありません。

 

 

モビットに聞きました!
モビットの郵送差出人名はMCセンターとなっていますが、調べればすぐにモビットだということがわかります。
実はモビットには郵便局預かりという方法があります。
カードは自宅に直接郵送されるのではなく郵便局で預かり、申込者が受け取りに行くという方法です。
公式ホームページには記載されていませんが、申し込み時に相談することで対応可能です。


 

注意しなければならないアレコレ

モビットを利用するときにはいくつか注意しなければならないポイントがあります。
見逃しがちになりますので覚えておきましょう。

 

ATMによって明細書が自宅に郵送される
ほかの消費者金融とは違い、利用するATMによっては貸金業法に基づく利用明細書が発行されないため正式な利用明細書が自宅宛に郵送されることとなります。
カード申込でATMを利用する場合には、モビット公式ホームページから確認をしましょう。

通帳記帳名義がモビット
WEB完結では利用に銀行口座が使われます。
そのとき、口座に記載される名義人が「モビット」になることは覚えておきましょう。
ほかの名義に変えることはできないため、家族にバレないキャッシングでも通帳には気をつけなくてはなりません。

 

モビットの詳細と審査の申込はコチラ↓
モビット