レイクの借り方(即日融資・2種類の無利息期間〜毎月の返済額まで)

こんな方にレイクはピッタリ

5万円以内のお金を借りる

カードローン業界最長の180日間無利息があり、その対象となるのは借入金額のうち5万円までです。

ネット完結をしたい

平日14時までに本人確認書類の提出まで完了すれば、即日振り込みキャッシングでの借り入れができます。

ATMもお得に利用したい

一般的には提携ATMは利用手数料を利用者負担となるもの。
レイクではレイクATMのほかコンビニにある提携ATMも利用手数料無料です。

 

レイクの詳細と審査の申込はコチラ↓

 

即日融資も可能な銀行カードローン

新生銀行カードローンのレイクでは審査が最短30分なのはもちろんのこと、自動契約機を併用した即日融資も高い可能性があります。
まずは、申し込み方法と営業時間、審査対応時間を確認していきましょう!

 

申し込み方法 営業時間 審査対応時間
パソコン 24時間 8時10分〜21時50分第三日曜日8時10分〜19時
ケータイ
スマートフォン
自動契約機 平日土曜8時45分〜24時日曜祝日8時45分〜22時第三日曜8時45分〜19時 初めての融資は21時まで
電話 24時間 9時〜21時第三日曜9時〜19時
郵送 無休 3営業日以内

 

消費者金融ほどに豊富に用意されている申し込み方法です。
インターネット申し込みは便利ですが「即日融資」を希望するなら申し込み後の時間の流れにも気を付けなくてはなりません。

 

 

レイクに確認しました!
即日融資ほど急ぎではない場合、ネット申し込みで郵送によるカードの受け取りも便利です。簡易郵便で配達されるため、レイク発送から翌日もしくは翌々日には遅れがなければ到着します。


 

インターネット申し込みをした後、即日融資を希望する場合にはどのような流れになるのでしょうか?

 

  契約方法 即日融資の時間制限 借り入れ方法
平日14時前 インターネット契約 平日14時までに本人確認書類を確認すると即日振り込みキャッシング可能 振り込みキャッシング
平日14時以降・土日祝日 自動契約機 初めての融資は21時まで対応 ATM

 

カードが到着する前でも平日14時までに本人確認書類を提出できれば振り込みによる即日融資ができます。平日14時までに手続きができなくても、全国にレイクの自動契約機が展開されているためお近くで見つけることができるでしょう。
※事前に公式ホームページからレイク自動契約機を検索しましょう。

 

もう一つ気をつけたい「時間」は振り込みキャッシング対応時間です。レイクでは平日14時までに本人確認書類の提出ができれば即日振り込みキャッシングにも対応しています。しかし、14時以降であればいつでも振り込みキャッシングができるというわけではありません。

 

24時間振り込みキャッシングの申し込みは受け付けていますが「平日14時45分」までが即日振り込みの対応時間です。
※レイクには24時間振り込みキャッシング対応の銀行口座はありません。

 

2種類ある無利息期間は最長180日

無利息期間のあるキャッシングは増えてきました。それでもレイクの180日は業界最長といえるでしょう。

 

契約時に30日間無利息と、180日間無利息のどちらを利用するのか選択ができます。お得になる無利息期間を選択したいところですが、借入額や返済回数などによって状況が変化するため、公式ホームページに用意されている「どっちがおトク!?シミュレーション」を活用しましょう。

 

  180日間無利息 30日間無利息
対象条件 レイクで初めて契約をする
無利息開始日 契約日の翌日から
適用ご契約額 1万円〜200万円まで 1万円〜500万円まで
無利息対象額 借入額の5万円まで 借入額全額

 

 

180日間無利息は、借入額5万円までとなっています。「借入額のうち5万円までが対象」であり、それを超過する分は通常金利が適用になります。


 

借り入れも返済もATMなら手数料無料

便利なインターネットを使った借り入れや返済もできます。ただし時間制限があるため、最も利用頻度が高くなるのは手数料無料のコンビニATMかもしれません。

 

借り入れ方法
方法 営業時間 手数料
振り込みキャッシング 平日9時〜14時45分 無料
レイクATM 平日土曜7時30分〜24時日曜祝日7時30分〜22時 無料
提携ATM 月曜5時〜23時50分火曜水曜0時10分〜23時50分木曜1時30分〜23時50分金曜土曜日曜0時10分〜23時50分 無料

 

返済方法
方法   営業時間 手数料
WEB返済 三井住友銀行 24時間 無料
りそな銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
レイクATM 平日土曜7時30分〜24時日曜祝日7時30分〜22時第3日曜7時30分〜20時 無料
自動引落 返済期日の前日までに指定の口座に入金 無料
銀行振込 銀行営業時間 銀行既定の振込手数料
提携ATM 月曜5時〜23時50分火曜水曜0時10分〜23時50分木曜1時30分〜23時50分金曜土曜日曜0時10分〜23時50分 無料

 

レイクATMでは、カードを忘れても「登録電話番号」「生年月日」「カード暗証番号」があれば返済ができます。返済方法をみてみると、唯一手数料がかかるのは銀行振込のみです。手数料をかけずに返済ができるため積極的に追加返済をしていくことができます。

 

毎月の返済額が低い!

レイクでは毎月の返済額が利用残高に応じて決まる元利定額リボルビング方式を採用しています。最低返済額が低いことも特徴です。

 

利用残高 毎月の最低返済額
1〜100,000円 3,000円
100,001〜200,000円 5,000円
200,001〜300,000円 7,000円
300,001〜400,000円 9,000円
400,001〜500,000円 12,000円
500,001〜600,000円 15,000円
600,001〜700,000円 18,000円
700,001〜800,000円 20,000円
800,001〜900,000円 23,000円
900,001〜999,999円 25,000円

 

10万円の借り入れでも返済額が3,000円となっており、無利息であることも加えると負担が少ないことが分かります。ただし無利息期間を有効に活用し、「利息を払わずに返済を終わらせる」ためには最低返済額に頼らない返済計画が必要です。

 

180日間=6か月です。5万円を1万円ずつ返済すれば期間内に利息を払わないままに完済ができますが、最低返済額の3,000円ずつ返済していたのでは期間は18か月にものびてしまいます。無駄をしないキャッシング、そのためには返済シミュレーションの活用が欠かせません。

 

レイクの詳細と審査の申込はコチラ↓