【図解】スマートコントラクトとブロックチェーンをわかりやすく解説!

ブロックチェーン&スマートコントラクトがあれば消費者金融は不要?

今、すごく話題になっています。
「ビットコイン」「ブロックチェーン」「スマートコントラクト」・・・
そんなの知らない、自分には関係ない、って人もいるかもしれないですね。

世界を変えると言われるすごい仕組み、ブロックチェーン。

将来的には銀行や自治体が不要になり、なくなる・・・!?という噂まであります。その事情について分かりやすく!説明させていただきますね。

 

ビットコインとは?

そんなの知ってるよ、と言う人もまずはおさらい。

ビットコインとは、ネットワーク上の「仮想通貨」のこと。

私たちが普段使っている紙幣や硬貨のように、リアルな存在はありません。あくまでも電子データ上のお金です。

 

ドルや円などの通貨と交換することもできるので、ここ最近のビットコイン価格の急騰で、一儲けした人もいるとか・・・?ちなみに仮想通貨は、代表的存在のビットコインだけでなく、イーサリアムリップルなど多数ありますよ。

 

普通のお金との違い

ビットコインも、今まで普通のお金で行ってきたすべての取引を行うことができます。たとえば、洋服や食品などの買い物、家族や企業への送金、キャッシングなどなど。

 

決定的な違いは、発行元や管理者がいないことです。

私たちが普段使うお金は、日本銀行が発行しています。電車のICカードやお買い物のポイントカードであれば、企業が発行していますよね。どちらも「発行元」があり、厳重に管理されています。

 

それに対しビットコインは、発行元がない。使用者はみんな対等な関係にあるので、牛耳ってる人はいないのです。

 

ブロックチェーンとは?

ビットコインには管理主体がない。発行元もない。

どうやって信用を保証しているのか?

ユーザー同士のパソコンやスマホを通じて、ネットワーク上でお互いを管理・監視し合う。これにより価値や信用をみんなで保証しあっているんです。

ここで登場するのが「ブロックチェーン」。

ブロックチェーンとは、簡単に言うと「取引記録の履歴すべて」のことです。公開元帳、取引台帳と呼んでもいいでしょう。

 

ちょっと分かりにくいと思うので、ビットコインの例で説明してみますね。

 

ビットコインの取引は、そのすべてが「ブロックチェーン」に記録されます。インターネット上で誰でもその履歴を確認することができます。全ユーザーがブロックチェーンという名の取引台帳を保有することで、お互いがお互いに監視する仕組みが確立されています。

 

ブロックチェーンは、一部の悪者がネットワーク上で改ざんしようとしても、他の人の正しい取引記録がすぐに上書きされるので、不正がされにくい仕組みなのです。

ブロックチェーンを改ざんすることは不可能に近いと言われています。

 

スマートコントラクトとは

「コントラクト」とは「契約」のことです。「スマート」は、「スマートフォン」の使い方と同じイメージなのですが、ここでは「自動」という言葉がしっくりきます。

 

スマートコントラクト = 「契約の自動化」

 

私たちがいつも利用している自動販売機もスマートコントラクトの一つと言われています。お金を入れ、ボタンを押せば「飲みたいジュースを提供する」という契約が自動的に成立します。とってもスマートなプロセスですよね。

 

これがたとえば、

「AさんがBさんにお金を500万円借りました。年利5%で返済します。」

 

このような、お金の貸し借りの契約の場合はどうでしょう。担保も、印鑑も、膨大な書類もいる。それが消費者金融の無人契約機であっても、やはりそれなりの手間と時間がかかります。うーん、全くスマートな契約ではないですよね・・・手数料もたっぷりとられます。

 

これをブロックチェーン上で行うとどうなるでしょうか?

 

BはAにお金(ここではビットコインとします)を貸す。

 

という契約内容をネットワークに流し、承認されればブロックチェーンに記録され、自動的にBのビットコインがAに移される仕組み。ブロックチェーン上で契約を行えば、面倒な取引プロセスは一切なし。契約そのものがプログラム化され、第三者を入れずに自動的に素早く完了するのです。

 

これがスマートコントラクト。

  • 時間も手間も、高い手数料もいらない。
  • 契約内容はブロックチェーンによって改ざん不可能。
  • 取引はすべて匿名。

 

もし近い将来、これが一般化されたら…
通常の契約とスマートコントラクト、あなたはどちらを選びますか?

 

今までのやり方

 

これからのやり方

 

まとめ

ちょっと難しい内容でしたが、ぼんやりとご理解いただけたでしょうか?これまで私たちが行ってきた色んな契約をブロックチェーンですべて行うことになったら・・・

 

今までの常識は崩れますよね。個人間でほとんどの取引ができるようになる。
と言うことは、面倒な第三者がいなくなって、早くて便利な上に、高い手数料もなくなる。

 

事実上、銀行業務のほとんどがブロックチェーンで代行できると言う人もいます。お金を借りる必要にせまられた時。私たちはもう今までのように、銀行のカードローンや消費者金融を頼らずに済む時代が、すぐそこまで来ているのかもしれません・・・!