お金に関する豆知識記事一覧

お金に関することわざを34つ集めて、その意味を調べてみました。・愛想尽かしは金から起きる(あいそづかしはかねからおきる)男女の関係で心が離れる原因になるのはお金が絡むもの。・商人の子は算盤の音で目を覚ます(あきんどのこはそろばんのおとでめをさます)商人の子供は幼いころからそろばんの音で起きる。金勘定に敏感に育つものであり、育っていく環境は大きいというたとえ。・悪銭身に付かず(あくせんみにつかず)不...

私たちが生活している中で、新札を用意しなければならないことは少なくありません。例えば冠婚葬祭。よれよれのお札を包むわけにはいきません。意外に知られていませんが、出産祝いや入学祝でも新札を使うもの。つまり、祝いとしてお金を包むときには新札を用意するということです。また、個人事業主の方であればおわかりになるかと思います。お客様におつりとして渡すお金。これもまた小銭でも汚れ過ぎているものは避けますし、お...

覚えておかなければならない9つの項目があります。これがなければ「メモ程度」として扱われる可能性もあるため必ず記載しておかなくてはなりません。また、借用書とは借りる側の視点で書くものです。@表題借用書であるということを明記します。A借用金額後々の利息等を加算せずに貸した金額である元金を記述します。B利息の取り決め利息つまり金利はいくらになるのかを明記します。この時、利息を取らないとしても無利息である...

友達、恋人、家族。お金にルーズな人が近くにいるだけで大きな被害をこうむるのは生活をしていくうえで残念なことです。離婚理由の一つとして価値観の違いは大きな割合を占めていますが、その価値観の中には金銭感覚の違いは小さな問題ではないでしょう。「羽振りがいい」と「お金にだらしがない」とは別物です。お金にルーズな人がそばにいると例えば友人。ランチに行くたびに「お財布を忘れた」「細かいお金持っていない」そんな...

お金に関する縁起物や習慣、風習があります。神にもすがる思い、とは違っていわゆるジンクスのように使われています。例えあば、カエルはお金が「帰る」、ふくろうは「不苦労」の語呂合わせでお金、勉強にも苦労知らずといったもの。そういわれてみると神社のお守りにもフクロウはよく見るものです。数字の語呂合わせの風習それぞれの国によって通貨が違います。だからこそ、日本の風習として演技や習慣があります。お賽銭の金額も...

テレビゲームや携帯ゲームがあります。どこのご家庭でも1台は持っているでしょう。子供たちは気軽にゲームを楽しむようになりました。ゲームが悪いということはありません。ものごとの組み立て、瞬発力、構成力などを楽しみながら身につけられる良作もあります。しかしお金の勉強になるといえばやはりボードゲームが一歩上でしょう。なぜなら、テレビゲームの中ではお金の計算は自動でなされているものです。実際に自分でお金を数...

私たちが生活しているうえで、お札を折った状態で渡すことは少ない機会ではありません。多くの場合、二つ折りではなく三つ折りにして渡します。結婚式を挙げたとき、受付を頼む、スピーチや余興を頼むなど、通常の列席者としてだけではなく式に協力してもらう方が必要になります。協力をしてくれたゲストに対してはお礼を包むのは結婚式を挙げる側のマナーです。お礼としてではなくお車代として渡すこともあります。また、お年玉も...