50万円借りるなら年収150万円が最低ライン

50万円を借りるなら知っておきたい総量規制

50万円借りる

 

消費者金融で50万円を借りる、とても大きな金額です。どこで借りるのがベストなのかを慎重に考えなくてはなりません。消費者金融は貸金業です。貸金業法に基づいたいくつもの法律があります。その貸金業法の中には「総量規制」があります。

 

総量規制とは
個人は貸金業者から借り入れができる金額の合計は年収の3分の1まで。それが総量規制で決められています。貸金業者である消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象となるものであり、銀行カードローン、住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠は貸金業者ではないために対象ではありません。

 

わかりやすくすると、年収が300万円の方は総量規制の基づいた3分の1となる100万円までが貸金業者から借り入れができる上限になります。

 

年収300万円の総量規制上限100万円

 

消費者金融では申し込み希望金額が一定額以上となれば総量規制の範囲に収まるかどうかを確認するために収入証明書類の提出が必要になります。一定の金額とは以下のいずれかに該当する場合です。

 

  • 貸金業者全体からの借入金額が100万円を超す場合
  • 1社への申込金額が、借入金額が50万円を超す場合

 

全体の借入金額が100万円を超す場合とは、新たな申し込み希望金額を合算して100万円を超える場合も含みます。50万円を希望すると収入証明書類の提出が必要になる、つまり審査が厳しくなるラインでもあります。慎重に計画を立てて、収入に見合った借り入れをしなくてはなりません。

 

 

50万円を消費者金融から借り入れるためには、総量規制に照らし合わせて考えるとその3倍となる150万円の年収が最低でも必要になります。


 

キャッシングに必要な収入証明書の取り方

 

50万円を消費者金融から借りたら、計画はどうする?

50万円ともなれば返済が長期間に及ぶことは間違いありません。一度借り入れた50万円に対して数十回の返済が必要になります。そのため、毎月の返済額が負担にならないことは必ず確認しておかなくてはなりません。

 

大手消費者金融で50万円を借りた場合、毎月の最低返済額はいくらになるのでしょうか?

 

  プロミス アコム モビット
返済額決定方法 借入残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) 借入金額×3.0%(1,000円未満切り上げ) 最終借入後の利用残高に応じて決定
最低返済額 13,000円 15,000円 13,000円

 

それほど大きな差はないものの、これから先の毎月の返済として考えると13,000円と15,000円の違いは感じることがあるかもしれません。また覚えておきたいのは最低返済額であり、追加返済や、返済額増額は自由です。大きな金額を借り入れるときこそ、積極的に返済をして完済を早めることを考えなくてはなりません。

 

最低返済額で返済した時の比較

プロミス、アコム、モビット、それぞれの最低返済額で返済していった場合にはどのような違いになるでしょうか?

 

  プロミス アコム モビット
金利 17.80% 18.00% 18.00%
返済額 13,000円 15,000円 13,000円
返済回数 58回 47回 58回
利息総額 246,160円 198,327円 251,057円
返済総額 746,160円 698,327円 751,057円

 

こちらをみてもわかるように、17.8%と18.0%の金利には結果として大きな違いはありません。プロミスの17.8%とモビットの18.0%を比較してみても返済総額には4,897円しか変わりません。これが数回程度の返済ででてくる違いであれば大きな違いになりますが、60回近い返済をしていく中での5千円未満は気にするほどの利息の違いではありません。

 

注目したいのはアコムが返済額が2,000円多いながらも、返済回数、利息総額が極端に小さくなることです。毎月の返済額が2,000円上がるだけでこれほどに差が出てきます。

 

 

毎月の返済額は「最低返済額」です。それ以上の返済をすること、追加返済をすることは自由となるため積極的な返済を心がけて返済回数を減らし、支払う利息を減らしましょう。


 

手数料無料の便利な返済を重視する

毎月の返済は口座引き落とし。大きな金額を借りるからこそ、長い期間の返済になるからこそ、毎月の手間と忘れてしまうことを防ぐためにも確実な返済として口座引き落としは最適の返済方法です。

 

しかし最低返済額の返済だけを続けていたのでは、完済するまでには長い年月がかかってしまいます。返済回数47回となれば3年9か月、58回では4年8か月もかかってしまいます。消費者金融の場合にはボーナス返済は用意されていないため、余裕を見つけて追加返済、増額返済をしていかなくてはなりません。

 

そのためにこそ、手数料無料で便利な返済方法が用意されていることを確認しておく必要があります。

 

プロミス、アコム、モビット、手数料無料の返済方法
プロミス アコム モビット
インターネット返済・口座振替・店頭窓口・プロミスATM・コンビニ返済 インターネット返済・口座振替・店頭窓口・アコムATM 三井住友銀行ATM・口座振替(三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のみ)

 

毎月の返済に追加するときには手数料がかかると「損」を感じて口座引き落としのみに甘んじてしまうものです。自分にとって身近であり、不便のないものであり、そして手数料無料の返済方法が用意されていることもチェックしておきましょう。