100万円借りるならその3倍の年収300万円が必要

消費者金融が100万円の借り入れに向いていない理由

100万円借りるならその3倍の年収300万円が必要

 

100万円という大きな金額を借り入れたいのであれば、消費者金融では無理といえるでしょう。それにはさまざまな理由があります。大きな金額を借り入れるのであれば銀行カードローンを考えましょう。

 

個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン

 

消費者金融には総量規制があり、個人が貸金業者全体から借り入れができる金額の上限は年収の3分の1までと決められています。単純計算ですが100万円を借り入れるためにはその3倍の300万円の年収が必要です。

 

年収300万円以上が最低限必要になる、これだけでも十分なハードルです。さらに総量規制では収入証明書類の提出が必要になるタイミングがあります。

 

  • 1社からの借入希望金額が50万円を超える場合
  • 貸金業者全体からの借り入れが100万円を超える場合

 

 

収入証明書類の提出が必要なタイミングとはすなわち、収入を証明しなければ申し込みさえ受け付けられない大きな融資、ということです。


 

そもそも消費者金融は少額キャッシングに特化しています。そのため金利は高く設定されていますが、少額だからこそ利息はそれほど大きなものにはなりません。借りやすさ、返しやすさがあり利便性高いことで少額キャッシングに向いています。

 

銀行カードローンの必要書類は?

100万円を希望金額とする場合、銀行カードローンに申し込みをするときに必要な書類はどのようなものでしょうか?

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
本人確認書類いずれか1点 運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。 運転免許証・健康保険証・個人番号カード・パスポート

運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ−ド(顔写真付き)等
上記以外の本人確認書類については、三井住友銀行のホームページでご確認ください。

 

収入証明書類を用意することは面倒なことではありません。しかし消費者金融と同様、「収入を証明しなければならないほどの大口融資」と判断されているラインでもあります。

 

100万円を借り入れるならオリックス銀行カードローンもしくは三井住友銀行カードローンでしょう。三菱東京UFJ銀行バンクイックはやはり少額キャッシング向け。それは毎月の返済額にも表れています。

 

100万円を借りるなら毎月の返済額はいくら?

100万円もの大きな融資を受けるとなれば毎月の返済額にも注目しなくてはなりません。返済ができなくなり、結局借り入れをして返済額を賄うことにでもなれば返済が長期化しいつまでたっても完済ができません。

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
10万円以下 7,000円 2,000円 2,000円
10万円超〜20万円以下 4,000円 4,000円
20万円超〜30万円以下 6,000円 6,000円
30万円超〜40万円以下 10,000円 8,000円 8,000円
40万円超〜50万円以下 10,000円 10,000円
50万円超〜60万円以下 20,000円 12,000円 11,000円
60万円超〜70万円以下 14,000円 12,000円
70万円超〜80万円以下 16,000円 13,000円
80万円超〜90万円以下 18,000円 14,000円
90万円超〜100万円以下 20,000円 15,000円

 

100万円までの返済額です。いずれも借り入れ残高に応じて決められており、追加返済はATMから自由に行うことができます。

 

少額であれば負担の少ないバンクイックですが、10万円ごとに2,000円が追加される仕組みになっているため100万円もの大口融資になると返済額が高額です。毎月の返済額が負担にならないものであること、これは長い返済になるからこそ気をつけなくてはなりません。

 

三井住友銀行は50万円超~60万円以下の借り入れ残高で11,000円の返済額になっていますが、40万円超~50万円以下でも10,000円です。本来であれば「借り入れ残高が大きい時には返済額を高くして利息の負担を軽減し、借り入れ残高が少なくなったら返済額の調整をする」ことが安全な返済計画です。

 

金利等を考慮するよりも、いかに計画的かつ負担の少ない返済ができるのかがポイントになることを考えてもオリックス銀行カードローンが100万円キャッシングには向いているといえるでしょう。

 

 

返済の負担が少ないことで、追加返済がしやすくなる、確実に返済ができるなど長い目で見た臨機応変な対応がしやすくなります。