希望融資額で比較する

希望融資額で比較する記事一覧

1万円・2万円・3万円借りる

ちょっとのお金が足りない、珍しいことではありません。キャッシングをするときにはできる限り少ない金額に抑えておくことは基本中の基本です。返せる額」だけではなく「必要最低限」にすることは失敗しないキャッシングの重要なポイントになります。1万円〜3万円であれば少額キャッシング向けのカードローンとなる消費者金融が向いています。1万円、2万円、3万円であれば次の給料日には完済ができるという方も多いでしょう。...

5万円借りる

借り入れというには少額かもしれません。しかし「あと5万円があればなんとかなる」そんな時はあるものです。大口の融資ではなく5万円という少額だからこそカードローンで賄うには大きな危険を伴うものではないでしょう。5万円のキャッシングには銀行カードローンよりも消費者金融が向いています。消費者金融にはスピードがあり、そもそも少額キャッシング向けのカードローンだからです。プロミスで5万円借りた時の利息と返済額...

10万円借りる

10万円、20万円、30万円をキャッシングでまかなうとすれば最適な借入先はどこになるのでしょうか?10万円未満の少額キャッシングとは異なり、かといって大口ともいえない金額です。一般的に大口キャッシングは50万円以上をさします。そのため専業主婦でも借り入れができるとしている銀行カードローンでも上限は30万円まで、高くても50万円までとなっていることが大半です。⇒プロミスで10万借りる30万円までなら...

50万円借りる

消費者金融で50万円を借りる、とても大きな金額です。どこで借りるのがベストなのかを慎重に考えなくてはなりません。消費者金融は貸金業です。貸金業法に基づいたいくつもの法律があります。その貸金業法の中には「総量規制」があります。総量規制とは個人は貸金業者から借り入れができる金額の合計は年収の3分の1まで。それが総量規制で決められています。貸金業者である消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象...

100万円借りる

100万円という大きな金額を借り入れたいのであれば、消費者金融では無理といえるでしょう。それにはさまざまな理由があります。大きな金額を借り入れるのであれば銀行カードローンを考えましょう。個人が銀行からお金を借りるなら低金利カードローン消費者金融には総量規制があり、個人が貸金業者全体から借り入れができる金額の上限は年収の3分の1までと決められています。単純計算ですが100万円を借り入れるためにはその...

200万円〜300万円借りる

200万円〜300万円の大きな金額を借り入れたいとき、それは消費者金融では難しいでしょう。消費者金融=少額キャッシング銀行カードローン=大口にも対応融資限度額が高め設定消費者金融の最大融資限度額は500万円が一般的です。もちろん審査によって融資額が決まるため500万円が融資額となることはありません。銀行カードローンは融資限度額がさらに高く設定されており大口融資にも対応ができるカードローンです。銀行...

400万円〜500万円借りる

400万円〜500万円の借り入れが必要なとき、消費者金融は選択肢からはずしましょう。消費者金融からの借り入れは最大でも年収の3分の1までです。そのため400万円を借り入れたいならその3倍の年収1200万円が必要になり、500万円を借り入れたいなら年収1500万円が最低でも必要になります。そもそも消費者金融は少額キャッシングに特化したカードローンであり、だからこそ「適用金利が明確ではなくても」そして...