J.Score(ジェイスコア)AIスコアレンディングの口コミ体験談

J.Score(ジェイスコア)とは

みずほ銀行とソフトバンク株式会社が新たに合併会社を作りました。その名も「株式会社J.Score(ジェイスコア)」です。AIを活用した融資サービスを提供しています。

 

AIとは?

AIとは人工知能です。Googleの検索エンジンやsiriも人工知能でありAIです。
コンピューターに知的な活動をさせることを目的とした研究と技術は常に進歩しており、AI自体が情報を収集し学習することでその可能性は無限に広がると期待されています。

 

このサービスは、AIが「融資額」と「金利」を判定するもので、AIで判定されたスコアの水準に基づいて金利や限度額などの条件が出てきます。それが参考値となっています。

 

つまり、AIがさまざまな情報からいくらを何%で融資できるのかを判断し、それを基にした融資を行う、それがJ.Score(ジェイスコア)のサービスです。

 

実質年率 0.9%〜12.0%
融資限度額 10万円〜1,000万円
申し込み条件

契約時の年齢が満20歳以上満70歳以下の国内に居住する個人
学生・留学生でもアルバイトなどの安定した収入があれば申し込み可
永住権のない外国人の方も申し込み可
※審査によって利用ができない場合もあります。

担保保証人 不要
審査時間 スピード審査

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングへのお申し込みはコチラ

 

金利引き下げとなるお得な条件もあります。
  • みずほ銀行またはソフトバンクとの情報連携で0.1%(最大0.2%)引き下げ
  • 金利0.9%はみずほ銀行とソフトバンクの情報連携を行った場合に限る

 

J.Score(ジェイスコア)は総量規制の対象です。
登録番号:関東財務局長(1)第01510号 
日本貸金業協会会員第005986号

 

みずほ銀行が関わっていることで銀行融資と考えられがちですが貸金業です。

 

日本初のAIスコア、J.Score(ジェイスコア)のメリットとデメリットは!?

メリット

 

安心のみずほ銀行とソフトバンクの最強タッグ

借り入れ先を選ぶときにはまずは大手からというのは原則です。中小消費者金融ではそもそも正規の消費者金融かどうかを判別するところから始めなければなりません。

 

しかし、J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが新しく設立した会社、これ以上の安心はないでしょう。

 

銀行カードローンよりも低金利!

上限金利が12.0%となっており、大手消費者金融(上限金利18.0%)どころか銀行カードローン(上限金利14.5%)よりも格段に低くなっています。

 

利息のキャッシュバック!

スコアレンディング基本契約を初めて契約された後、契約月の翌月までに借り入れをした方は、「契約の翌月までに支払った借り入れ利息の100%相当額」をキャッシュバック。

 

借り入れ口座に返金されます。
キャッシュバック対象期間は、契約をした日から翌月末までです。

 

事前にわかるAIスコア

仮審査、本審査は別に用意されているものの、AIスコアは他のカードローンのどの簡易診断よりも信頼性が高いものです。高度な診断が期待できます。

 

AIスコアは日本初の試みです。無料で受けられるだけではなく個人が特定されず、なおかつ個人信用情報機関に申し込み情報が記録されるわけでもありません。

 

申し込み不可なら無駄がない

AIスコア600点以上でなければ申し込みをすることはできません。これまでのカードローンでは「どのような状況でも申し込みをしてみなければわからない」ものでした。しかし申し込みができない、となれば不要なチャレンジをせずにすみます。

 

申し込みブラックのリスクを避けられます。

 

デメリット

専業主婦は利用不可

本人に安定した収入があることが申し込みの条件となっており専業主婦は申し込みができません。

 

まずは無料のメンバー登録から始まる

融資のための申し込みではありません。まずはAIの判定でスコアがどのくらいになるのかを無料で診断することができます。大手消費者金融や銀行カードローンでも簡易診断が用意されていますが、それよりも詳細な情報を入力して判断されるものです。

 

実際に見てみましょう。トップページにある「いますぐAIスコア診断(メンバー登録)」にすすみます。

こちらは融資の申し込みではなく、なおかつ無料になりますので心配は要りません。

 

 

メンバー登録のためにメールアドレスとパスワードを登録するページです。
現在は「アカウントを作成」のボタンが水色になっています。
このページの入力が完了していないということです。

 

 

パスワードは8文字以上の「英数大文字、小文字」の混在です。

 

 

同意事項を確認します。長文ですが、下までスクロールをしなければ同意事項を確認したことにはならず先に進むことができません。最下部にある同意するボタンをタップし、元の画面に戻ったら「アカウントを作成」をタップします。

 

 

この画面が表示されたらメールを確認しましょう。

 

 

このようなメールが届き、文中には6桁の認証コード(赤く塗りつぶしてある部分)が表示されています。URLをタップしてページをひらきましょう。

 

 

先ほどの認証コードを入力して「送信」をタップします。

 

 

認証コードを入力すると認証完了となり、「ログイン画面」に進むことができます。
ここまでがメンバー登録手続きです。

 

 

AIスコア算出をしてみよう!

いよいよAIスコアで現在の自分にはどの程度の融資額、金利が適用されると判定されるのか試してみましょう。

 

LINEのような会話式の画面で質問に対して回答していく形でAIスコア診断が進められていきます。回答数は20、面倒な質問はありませんのでこちらの入力は数分で完了します。

 

本名ではなく入力するのはニックネームで問題ありません。

 

 

 

AIスコア診断で年収や郵便番号、家族人数なども入力していきます。

ただし、誕生日は生年月日ではなく生年月、郵便番号は7桁ではなく最初の3桁となっており個人が特定されるものではありません。

 

20のすべての項目が入力できるとスコアが表示されます。今回は総量規制に対してどのようになるのかを調査したかったのもあって、年収の3分の1の借り入れをしているとして入力してみた結果です。

 

 

情報の入力状況が5%と表示されています。20の質問に答えただけではまだ5%ということです。

 

そのほかの入力情報は「スコアアップ」のページにあります。

 

 

さまざまな情報を入力しながら少しずつスコアアップができます。

 

融資の申し込みをするためには?

融資の申し込みができるのはスコアが600点以上が出た場合です。そうすると申し込みの画面が表示されます。

 

今回入力した情報では600点に達していませんので貸付利率も契約極度額も表示されません。

 

 

 

 

それではAIスコア診断で、600点以上が出た場合をみてみましょう。


 

 

貸付利率と契約極度額が表示されました。

 

しかしこれはあくまで参考値です。申し込みをして審査が行われた結果とは異なる場合があります。

 

 

AIスコアで出た数字によって金利と融資額の参考値がわかります。600点未満は申し込みができません。

ちなみにAIスコアによって参考となる金利、融資限度額はあらかじめ決められています。

 

AIスコア 貸付利率(年率) 契約極度額
950〜1000 0.9%〜2.1% 10万円〜1000万円
900〜949 1.9%〜3.7% 10万円〜730万円
850〜899 3.5%〜5.4% 10万円〜540万円
>800〜849 5.2%〜7.0% 10万円〜400万円
700〜799 6.8%〜9.5% 10万円〜260万円
600〜699 9.3%〜12.0% 10万円〜150万円
400〜599 --- ---

 

いよいよJ.Score(ジェイスコア)に申し込み

AIスコアが600点以上になると申し込みができる画面が現れます。
「申し込み・審査状況確認」をタップすると新規申し込み画面に進むことができます。

 

 

ここからレンディング申込(審査申込)に進むとご契約の申し込みになります。それでは申し込みの流れを確認してみましょう。

 

@申し込み
AIスコア算出が終わった後、申し込みボタンが表示されたらスコアレンディング(融資)の申し込みができます。
ネットで申し込みも完結するので24時間申し込みが可能です。

 

A仮審査結果の連絡
仮審査が行われ、審査結果はメールで届きます。

 

B書類提出
仮審査結果を確認後、スマホ・パソコンからWEBアップロードを使って本人確認書類と収入証明書類を提出します。

 

C本審査結果の連絡
本審査結果が行われ、審査結果はメールで届きます。

 

D契約
スマホ、パソコンで契約手続きを行います。

 

E借り入れ
契約が完了すれば借り入れができます。

 

必要書類について

本人確認書類

運転免許証が必要です。お持ちでない場合には、健康保険証、パスポート、個人番号カードのいずれかが必要になります。

  • 外国籍の方は本人確認書類のほか在留カード、特別永住者証明書のいずれかが必要になります。
  • 学生の方は本人確認書類のほか学生証も必要です。

 

借り入れ金額によって収入証明書類

J.Score(ジェイスコア)との契約金額が50万円を超える場合、もしくは貸金業者全体からの借り入れ総額がJ.Score(ジェイスコア)からの借入額も含めて100万円を超える場合には収入証明書類が必要です。

 

源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書のいずれか1通です。

 

利用方法をチェック!

J.Score(ジェイスコア)はインターネット上で完結するサービスです。借り入れも返済もどのようになっているのか事前に確認をしましょう。

 

借り入れ方法

振り込みのみとなっています。(カードが発行されないカードレスでのお借入です。)※振り込み手数料は無料
振込みの受付時間と実施時間をチェックしましょう。

 

曜日 受付時間 振込実施時間

月〜金

 

0:00〜9:00 当日9:30頃
9:00〜12:00 当日12:30頃
12:00〜14:00 当日14:30頃
14:00〜24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00〜24:00 翌営業日9:30頃

 

返済方法

返済方法は3種類あります。

 

銀行振り込み

J.Score(ジェイスコア)が用意する銀行口座に振込みによる返済をする方法です。振り込み手数料は自己負担となります。

 

Pay-easy(ペイジー)

J.Score(ジェイスコア)の会員ページからインターネットバンキングをつかって返済をする方法です。手数料無料での返済ができます。

 

口座振替

毎月26日に自動引き落としとなる返済方法です。

 

口座振替以外であれば返済日の指定ができます。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングへのお申し込みはコチラ