借金の一本化によって解決する

いくつもの借入先があるとき、この状況を改善しなければならないと常に考えるようになるでしょう。
毎日の生活には借金問題がまとわりつき、思考も借金問題で占められるでしょう。

 

一本化をしてでも返済ができるのであればそれに越したことはありません。
しかし、返済を整理してもそもそも収入の激減などの理由によって返済をすることがままならないこともあります。

 

このまま返済を続けると生活が破綻する場合には債務整理の手続きを考えてみる必要があるでしょう。

 

債務整理という選択

債務整理を聞いたことがあるでしょう。
もしかしたらすでに検討しているかもしれません。
4つの債務整理があります。

 

任意整理

裁判所を通さず、債権者との直接交渉によって基本的には今後支払う利息をカットされます。
直接交渉しなくてはならないため、個人ではなく弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。
任意整理後の元金返済は3〜5年の間で調整されています。

 

特定調停

裁判所の指定する調停委員のもとで債権者と債務者の話し合いの末、削減もしくは分割払いが決められます。
簡易裁判所で行われます。

 

自己破産

裁判所に自己破産を申し立てると裁判所によって審理され、破産宣告を受けると自己破産の確定です。
債務の免除となるため返済はありません。
しかし5〜7年程度、キャッシングだけではなくクレジットカードの発行、銀行融資などを受けられなくなります。

 

個人再生

地方裁判所で個人再生を申し立てると再生計画案として返済計画が決められます。
元本の一部が免除されます。

 

債務のすべてが免除されるのは自己破産のみです。
それ以外の債務整理では減額されるものの、借金は残ります。

 

それだけではありません。

 

債務整理をした、という事実は個人信用情報機関に保有される情報になります。
3ヶ月以上の遅延、踏み倒しに並ぶ悪質な情報として債務整理は見られることを覚えておきましょう。
そのため個人信用情報機関に債務整理の事実が保有されている5年〜10年の期間はキャッシング、融資、クレジットカードや携帯電話契約はできないこともまた覚悟しなくてはなりません。

 

無理な借金はあきらめることも

多重債務による夜逃げ、自殺者はなくなることはありません。
無理な借金をしたことによって人生は大きく変わってしまいます。

 

今後の生活を考えても、借金は一本化するなど講じられる対策があればそれに越したことはありません。
しかし、そうはいかない場合もあるでしょう。

 

計画的であればキャッシングはピンチを救う非常に有効な手段です。
それが身を滅ぼすことになるとは想像していなかったかもしれません。
無理な借金は一度相談をしてみましょう。
弁護士相談や国民生活センターなど相談する先はいくらでもあるものです。