借金返済に困ったら

約定返済日=返済期日です。唯一ともいえる簡潔なルールであり、期日までに約束の金額を返済することは契約の中で最も重要な項目です。しかし返済が遅れてしまった場合、つまり約定返済日までに約定返済額を返済するという契約を違反した場合に損害金を支払わなければなりません。それが遅延損害金です。遅延損害金は多くが20.0%利息制限法(金利の上限を定めた法律)では、通常の金利だけではなく遅延損害金利も取り決めてい...

過去のこと、そう考えられているのはグレーゾーン金利です。しかし今でもグレーゾーン金利に関わりがある場合があります。グレーゾーン金利とは曖昧にされていた金利です。現在は貸金業法が改正され、私たちは正当な金利でキャッシングができるようになりました。ところがそれ以前には、大手消費者金融でさえグレーゾーン金利を悪用し、当然のごとく法外な金利を設定していました。法律で決められた以上の金利でありながら、債権者...

多重債務に何社から、いくらの借り入れという定義はありません。複数業者からの借り入れでその返済が困窮しているのであればそれはもう多重債務といえます。十分多重債務の状況といえるであろう、その目安として消費者金融5社以上からの借り入れがあります。もちろん3社であっても返済ができない状態になっていれば多重債務ではありますが、ここに、(株)日本信用情報機構が2013年に行った統計の資料があります。消費者金融...

総量規制が施行され、確かに多重債務は激減しました。独立行政法人国民生活センターに寄せられた多重債務の相談件数は大きく変化しています。ひとつ、大きな境として貸金業法の改正、つまり総量規制の施行が2010年に行われたということです。全国消費生活情報ネットワークを通じて寄せられた相談件数貸金業法の改正が開始され完全施行となったのは2010年6月です。改正に伴い徐々に貸金業全体の流れが変わり始め前年の20...

いくつもの借入先があるとき、この状況を改善しなければならないと常に考えるようになるでしょう。毎日の生活には借金問題がまとわりつき、思考も借金問題で占められるでしょう。一本化をしてでも返済ができるのであればそれに越したことはありません。しかし、返済を整理してもそもそも収入の激減などの理由によって返済をすることがままならないこともあります。このまま返済を続けると生活が破綻する場合には債務整理の手続きを...

社会福祉協議会は福祉向上に向けた活動をしており、営利を目的としていない民間組織です。地域福祉、高齢者福祉、障害児・者福祉、児童福祉、民生委員・児童委員、そして生活福祉資金などが社会福祉の制度となっています。社会福祉法人 全国社会福祉協議会(全社協)今、社会福祉制度は充実しているといえるでしょうか?地域や環境などによって貧困、社会的孤立をしている世帯もあります。高齢者単身世帯も多くなっていることもま...

夫は借金癖が酷くて消費者金融からの借入を何度も繰り返しています。夫がどこからもお金を借りられないようにする為にはどのようにしたら良いでしょうか?日本貸金業協会では貸付自粛制度があります。簡単に言うと消費者金融などからお金を借りられないようにする制度です。貸付自粛制度とは借り癖、浪費癖などの理由により、貸付を自粛する対象者にすることができます。日本か資金業協会に「本人」もしくは「一定の範囲の親族」が...