1. TOP
  2. クレジットカードでお金を借りる
  3. エポスカードでお金を借りる方法

エポスカードでお金を借りる方法

 2017/12/24 クレジットカードでお金を借りる   64 Views

マルイグループでお得に使える年会費無料のエポスカード、ポイントも貯まり使いやすいと評判ですね。ショッピングでは活用している方も多いエポスカードを使って、
お金を借りることができます。

手持ちの現金が足りないときに、サッとお金を準備する方法があれば安心ですね。

エポスカードでお金を借りる方法は、クレジットカードを使ったキャッシングとなりますが、金利や限度額などの利用条件はどうなっているのでしょうか?また返済なども便利に行えるのかどうか、気になりますね。

エポスカードを使ってキャッシングで即日借りられる?

エポスカードを使ったキャッシングは、最短当日利用可能です。

エポスカードは、

マルイ店舗内のカードセンターで発行

しています。エポスカードを持っていない方も、申し込みをして早ければその日のうちにカードを受け取れます。既にカードを持っている方はもっとスムーズです。

提携ATMは全国に8万台以上、金融機関など、エポスのマークがあるところでキャッシングできます。さらにネットキャッシングや電話キャッシングという、口座への振込で借りられる方法もあります。都合に応じてキャッシング方法を選べて大変便利です。

エポスカードでコンビニでも借りられる?

エポスカードはもちろんコンビニでもキャッシングOKです。

ファミリーマートなどに設置のイーネット、ローソンなどから1万円単位でのキャッシングができます。(設置ATMによって1,000円単位での利用が可能な場合もあり)

また、セブンイレブンに設置のセブン銀行では1,000円単位でのキャッシングが可能です。

提携ATMは、

手数料無料

でキャッシングできます。いずれもコンビニATMでは、
返済はリボ払いに自動的に設定

されます。

エポスカードの専用ATMコーナーやゆうちょ銀行のみ1回払いでの返済を受け付けています。返済方法を指定したい場合は、コンビニATM以外で返済方法に対応しているATMの利用がおすすめです。

エポスカードの申し込み方法

手順としては、エポスカードの公式サイトからネット申し込みを済ませておきます。

審査結果は即日わかるようになっています。(翌営業日になることもあり)その後審査可決の結果メールと、本人確認書類、引き落とし用口座のキャッシュカードを持参してカードセンターへ行きましょう。

エポスカードセンターのあるマルイは、新宿、渋谷、東京都内、神奈川、埼玉、千葉、京都、大阪、神戸、なんば、博多、静岡、水戸にあります。

エポスカードの審査は厳しい?

クレジットカードの審査は、ローン審査などと同様に審査内容は公表しません。

そのため

審査基準はわからない

と考えておきましょう。ただ、年収条件があるクレジットカードなどに比較すると、申し込み条件は18歳以上の方となっているため、申し込み自体が難しいクレジットカードとは言いにくいです。

ただこれまでのクレジットカードやローン、携帯電話料金などの支払いで延滞があれば、審査は通りません。

キャッシングの限度額は?

キャッシングは0円から10万円単位で設定できます。最高99万円まで設定できます。

エポスカードへの申し込み時にキャッシング枠の希望を出しますが、審査などによって決定しますので

希望額通りにならないことがあります。

クレジットカードでは金利の面からも、まとまった金額を借りるというよりも、たとえばお給料日前などに少額利用するのが適しています。

クレジットカードのキャッシング枠は、

総量規制の対象

です。そのため、他の貸金業者からの借入やクレジットカードのキャッシング枠も含めて年収の3分の1以内でないといけません。

キャッシングには無利息期間あり!

エポスカードで初めてキャッシングする場合は、最長30日の無利息期間があります。

ATMキャッシングだけでなく、海外キャッシングや電話キャッシングなどすべてのキャッシングが無利息期間の対象です。

キャッシング枠を増額できる?

キャッシングカードの増額申し込みはネットからできます。

店舗やカスタマーセンターへの電話では受け付けていません。

通常審査にかかる時間は8時から21時50分に申し込めば10分程度ですが、審査過程によって1週間ほどかかってしまうこともあります。ただし、増額の希望通りにならない場合もあります。

また注意しておきたいのは、

審査を申し込むことで限度額が減額になってしまうこともある

点です。利用状況や返済状況などが増額審査には影響します。増額申し込みをする際には慎重に行いましょう。

エポスカードの返済方法

返済は指定口座からの自動引き落としなら毎月4日または27日となります。


持参での返済も可能

です。持参して返済する場合は、エポスカードセンターやエポスATMなどでも行えますが、5日、10日、15日、20日、25日、30日のいずれかから選べます。

エポスカードでキャッシングできないのはどんな時?

キャッシングできないときは、利用枠が0円になっている場合や、利用枠いっぱいまで使っていることがあります。

利用可能枠はエポスNetマイページにログインすれば確認できます。キャッシング前に確かめておくとよいでしょう。キャッシング枠内なのに使えない場合は、カスタマーセンターへ問い合わせましょう。また、利用枠設定や増額審査も受け付けています。

海外でもキャッシングできる?

海外旅行傷害保険が自動で付帯している安心感の高いエポスカードですが、海外キャッシングも便利に使えます。

海外キャッシングは国内と同じ

金利18.0%

で利息がかかります。

また1万円以下の利用なら100円、1万円を超えた利用で200円のATM手数料も必要です。

ただし、海外ATMで現地通貨をキャッシングすると、

両替手数料は発生しません。

銀行や空港での両替よりはるかにお得に便利に現地通貨を準備できます。

繰り上げ返済や一括返済もできる?

キャッシングでは、リボ払いと一回払いから選べます。

リボ払いは毎月定額を返済する方法なため、お金の計画が立てやすいです。ただし返済期間が長くなりやすく、利息も大きくなる点が気になります。解消するためには、増額返済がおすすめです。

エポスカードでは、コンビニなどでの増額払いを受け付けています。自分の都合に応じて早く返したり、余裕があるから多めに返したりということもできます。

1回払いでも、早めに支払うことができますが、この場合はエポスのATMと一部のエポスカードセンターのみ受け付けています。利用日数分だけ利息がかかるので、少しでも早くかえすと、その分の利息を減らせます。

リボ払いの返済での金利は?

エポスカードでキャッシングした場合の金利は18.0%となっています。

これは、1回払いでも、リボ払いでも、また海外キャッシングでも同じ金利で利息計算します。大手消費者金融では、17.8%〜18.0%程度の最高金利のカードローンが多いので、同じ程度の金利水準と考えておくとよいでしょう。


銀行カードローンでは、それよりも低めの金利水準のところが多いです。


長期での利用やまとまった金額が必要な時は、銀行カードローンも選択肢に入れることをおすすめします。


まとめ

マルイを利用する方なら

年会費無料

のため、だれもが1枚は持っておきたいエポスカードです。カードを使って買い物するだけでなく、お金を借りることもできます。キャッシング方法もATMやネットなど大変便利な上に手数料も無料です。

また最大30日間の無利息期間もあるので、消費者金融のカードローンよりお得に使える方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードでお金を借りる際の、「キャッシング枠があれば、すぐに借りられる。」という点は、カードを持っている方にとって安心感の高いものでしょう。エポスカードは

増額返済などもATMからしやすい

ので、返済計画を立てやすいと言えます。

関連記事

  • ファミリーマートでお金を借りる方法

  • ジャックスでお金を借りる方法

  • 三井住友visaカードでお金を借りる方法

  • ライフカードでお金を借りる方法

  • エネオスカードでお金を借りる方法

  • マスターカードでお金を借りる方法