1. TOP
  2. クレジットカードでお金を借りる
  3. イオンカードでお金を借りる方法

イオンカードでお金を借りる方法

 2017/12/24 クレジットカードでお金を借りる   59 Views

イオンをよく利用する方には身近なイオンカードは、セールやポイントの面からもお得なクレジットカードです。SUICAまたはWAONと一体化したカードもあり、1枚で大変便利に使えます。さて、そんなイオンカードでお金を借りることはできるのでしょうか?

クレジットカードにはショッピング機能だけでなく、キャッシング機能も付帯しているものがあります。限度額の範囲内で利用し、ショッピングでの支払いと併せて返済するものがほとんどです。イオンカードも
審査によりますが、可決になればキャッシングを利用できるようになります。

イオンカードのキャッシングはATMでできる?

イオン銀行ATMだけでなく、提携ATMでお金を借りられます。

またネットキャッシングや電話キャッシングなども利用できるため、都合に応じて必要な時にキャッシングできるようになっています。イオン銀行ATMを利用したキャッシング手順を見ておきましょう。

  1. ATM画面の「イオンカード」をタッチする
  2. 取引選択画面になったら「お借り入れ」を選択
  3. クレジットカードで決めた暗証番号を入力
  4. 「リボ払い」または「一括払い」のいずれかの返済方法を選択
  5. 希望の金額を入力(イオン銀行なら1,000円単位で入力可)
  6. 現金やカードを受け取る

銀行口座からの引き出しと手順はあまり変わりません。返済方法は事前に考えておかないと、ATMの前で焦ってしまうかもしれません。

イオン銀行ATMなら手数料無料

で利用できます。

キャッシング枠とショッピング枠とは?

イオンカードでは総利用可能枠が審査で決められ、その範囲内にキャッシング枠があります。つまり、

キャッシング枠を使うとショッピング枠は少なくなる

状態です。たとえば、

ご利用可能総額 60万円

ショッピング枠 60万円

キャッシング枠 30万円

と決まっている場合、キャッシング枠を使っていなければ、60万円までショッピングで利用できます。しかし、キャッシング枠30万円を使ってしまっていると、ショッピングで使えるのは30万円までとなります。

限度額はどれくらい?増額もできる?

イオンカードのキャッシングは、1,000円から300万円までの設定が可能です。

審査で利用可能額は決まります。クレジットカードのキャッシングでは、あまり大きな限度額を設定していないことが多いです。しかしイオンカードは、

カードローンと変わらないほどの大きな限度額

となっています。

キャッシング時の利息はどれくらい?

クレジットカードのキャッシングは一律金利で、18.0%ほどのものが多いです。

イオンカードでの利率は7.8%〜18.0%となっています。

金利は、利用状況などによって審査で決まるものですが、イオン銀行はカードローンのように低金利で利用できる可能性もあります。ただし初めてキャッシングを利用する方なら、最高金利である18.0%で利息を計算しておきましょう。

例えば1万円を30日間借りて1回払いで返済した場合には1万円×18%÷365日×30日=147円(小数点以下切り捨て。支払いのタイミングなどで利息が変わる場合もあり)となります。

キャッシングでの暗証番号

キャッシングでの暗証番号は4桁となります。

クレジットカードとして普段使っていると、暗証番号の入力ではなくサインを求められることも多いですね。そのため、キャッシングをあまりしていないと、いざという時暗証番号が思い出せない可能性もあります。

忘れてしまったときには、MyPageやテレホンアンサーから暗証番号通知はがきを請求できます。はがきは1週間程度で届きます。

海外ATMでも現地通貨をキャッシングできる!

イオンカードは海外でのキャッシングにも対応しています。

世界150か国のATMで現地通貨の引き出しが可能です。海外での利用は、

すべてリボ返済になる

点に注意しておきましょう。一括返済したいときには、リボ払いの支払い額増額サービスを利用します。全額返済を指定すれば、まとめて返済することも可能です。

イオンカードでキャッシングできない!その理由は?

お金を借りようと思ったときに、キャッシングできない場合に考えられる可能性をあげてみましょう。

まず

そもそもキャッシングできる枠がない可能性

があります。ショッピング枠を使ってしまっていて、キャッシング枠がなくなっていることもあります。

他には、

ATMが提携していない場合

もカードを入れてもキャッシングできないでしょう。

ネットや電話での振込依頼でのキャッシングは、

カードの登録内容と設定口座の口座名義人に違いがあった場合

にも振込が実行できません。

またイオン銀行以外の口座への振込は、平日15時1分以降なら翌営業日に実行されます。

イオンカードでの返済方式や返済金額

イオンカードではリボルビング払いと、1回払いから選べます。(海外キャッシングではリボ払いのみ)

1回払いでは、11日から翌月10日まで利用した分を利息も一緒に翌2日に支払います。リボ払いの場合は、残高スライド方式によるもので、利用残高に応じた一定額を毎月支払います。

一定額は元金と利息の合計です。返済金額は、

  • 借入残高が100,000円までなら毎月3,000円、
  • 20万円までなら毎月6,000円

といったように決まっています。(2013年4月11日以降新たな借入がない場合は100,000円までは5,000円など、支払い額が違います。)

イオンカードキャッシングで繰り上げ返済はできる?

リボ払いは定額返済となりますが、ATMを利用して繰り上げ返済が可能です。

返済額を多くすることで借入残高は減少し、その分利息も抑えられます。返済が長期になりそうな場合などはぜひ取り入れましょう。


返済額を増やしたいときには、リボ払いお支払い額増額サービスを利用します。


毎月のお支払い時に1,000円単位で増額したり、まとめて一括返済したりもできます。さらに、ATMでもリボ返済サービスを1,000円単位で利用できるので、ぜひ返済計画に役立てましょう。


まとめ

イオンカードのキャッシングは、ショッピング枠のおまけというよりも、

カードローンと比較しても引けを取らない金利や限度額

です。またATMで借りる方法だけでなく、ネットキャッシングや電話キャッシングで、振込による方法も利用できます。

返済でも、

リボから一括に変更もできます

し、月々の返済額を増額することも可能です。自分の都合に応じて使えるでしょう。

お金の計画を上手に立てたり、一時的なバックアップに利用したりと、活用方法も広がります。

関連記事

  • ルミネカードでお金を借りる方法

  • エポスカードでお金を借りる方法

  • ジャックスでお金を借りる方法

  • ファミリーマートでお金を借りる方法

  • ライフカードでお金を借りる方法

  • セゾンカードでお金を借りる方法